google-site-verification=rzL2XcVyyduZYjJ6fq_Q2iJ719g7JcTsSqQK225Dsjw

今、話したい坂道がいる

坂道グループに関して日々楽しく語っていきます

カテゴリ: 楽曲紹介


00aa92d055fe3e7b8293478c60791686da306d6f.10.2.9.2


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 17thシングル『インフルエンサー』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜インフル~び〜む!




インフルエンサーとは?


題名であるインフルエンサーとは何なのかを確認しましょう。



「インフルエンサー(Influencer)」とは、影響・効果・勢力の意味で、社会に対して大きな影響力を持つ人物のことを指します。ネット上では、SNSなどを通じて他の消費者の購買行動に大きな影響力を持つキーパーソンのことを指します。わかりやすい例として、影響力や好感度の高いタレントや著名人、各分野の専門家、著名なブロガーやSNS投稿者がインフルエンサーとして認識されています。そうしたインフルエンサーはSNSでのフォロワーが非常に多く、インターネットを通じて多くの人に対してアプローチできるのも特徴です。



多くの人々に影響を与える人という意味ですが、この単語自体はSNSやメディアの普及により生まれたいわゆるネットスラングに近いです。


この曲「インフルエンサー」は、そんなインフルエンサーに影響されるだけではなく、依存してしまっている現代の社会と、今作のWセンター西野七瀬と白石麻衣を表現したものとなっています。






インフルエンサー MVの魅力




インフルエンサーのMVは東急プラザ銀座などで撮影されました。


ダンスの振り付けにはSeishiro氏を迎え乃木坂46過去史上最高の最速ダンスとなりました。


MVでは笑顔であったり、明るい表情をする楽曲が多い乃木坂ですが、今回はクールな表情。


また物語形式が多い乃木坂のMVですが、今回は「命は美しい」以来となるダンストラックです。


一度間違えてしまうと途中からやり直すということが難しいダンスなだけに、メンバーたちはMV撮影の合間もひたすら振りの練習をしていたため、筋肉痛に悩まされていたそうです。


振りが難しいと泣きながら練習をするのが恒例となっている現キャプテンの秋元真夏は、「過去最高に泣いたMVだった」と語るほど難しいダンスだったようです。





インフルエンサー 歌詞考察


39a22bac


インフルエンサーとは、先述したように多くの人々へ影響を及ぼす人のことです。


今楽曲の歌詞は、多くの人々へ影響を及ぼすというよりも、主人公である「僕」が恋をしている「君」に影響を受け、惹かれるだけでなく自分の行動や感情までも君に依存してしまっているといったものとなっています。


外見だけではなく、内面を知り近づくことが恋愛だと考えている「僕」。


「君」が好きなものも、時間を共有したいがために「僕」自身も手を出し、近づくために必死になっている様子が思い浮かびます。


そんな「君」に依存し振り回されている「僕」と「君」との関係を、「地球と太陽」、「重力と引力」、「自転と公転」のように表現しています。


君に近づきたいけど近づくことが出来ないというのを、自然法則・現象と並列することで、君との関係性をどうすることもできないということも連想できます。




乃木坂ならではの歌詞解釈


unnamed


インフルエンサーは秋元康作詞の乃木坂46の楽曲ということを踏まえると、歌詞は少し違て見えてきます。


サビに出てくる2つの単語の対比などは、Wセンターの西野七瀬と白石麻衣の関係性を表しているということ。


両者の存在はグループ内でまさにインフルエンサー。


しかしエースのこの2人の関係性も近いようでどこか一定の距離を保っている。


互いに絶妙な距離を保ちつつ、影響しあう、グループの光と影の存在を象徴している2人。


そんな乃木坂というグループを象徴する2人の関係性や立ち位置からも歌詞を考察するともっと面白かもしれません。



まとめ


jbAhVS9RvVThFB1_6019


いかがだったでしょうか?


グループ初のレコード大賞受賞を果たし、まさに芸能界でのインフルエンサーとなった乃木坂46。


高速ダンスやブンブン~のところに目が行きがちですが、現代社会を皮肉っているようなインフルエンサーとその支持者の関係性、Wセンターの関係性なども踏まえるとかなり奥が深い歌詞になっているように思えます。


ぜひ一度秋元康先生にじっくり歌詞への思いを聞いてみたいものです。


では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございました。


5005


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 16thシングル『サヨナラの意味』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜ななみん~ビーム♪



サヨナラの意味 選抜メンバー


20161026224741

センターは今作で卒業の橋本奈々未。


センター隣は西野七瀬、白石麻衣。


両端には高山一実と生田絵梨花と文句なしのフロント。


3列目には2作連続で選抜入りを果たした北野日奈子、中元日芽香(ひめたん)、新内眞衣。


また14thシングル以来の選抜入りとなる伊藤万理華も3列目に選抜入りを果たしています。


まいやんと並び乃木坂のエースとして引っ張ってきた橋本奈々未ですが、センターは今作で初めて。


ファンが長年期待していたななみんのセンターですが、表題曲では最初で最後となりました。


ちなみに収録曲での幻のななみんセンター曲と言えば、7thシングル収録の「やさしさとは」になります。




サヨナラの意味 歌詞とMV内容






とある村に住む、感情の起伏によって体からトゲが出てくる「棘人(しじん)」と出ていない一般人の2種類の人種が、互いに恐れてはいるが年に一度のお祭りでは協力し合う、という内容のMVになっています。


棘人は橋本奈々未、一般人は西野七瀬が中心となってストーリーが展開しています。



そして歌詞ですが、橋本奈々未卒業シングルということもあり、題名からもわかる通り、 『別れ』について歌ったものとなっています。


別れに関しては、歌詞の内容をそのままに解釈をすると、


 『恋人(大切な人)との別れ』、橋本奈々未の卒業を加味して解釈すると 『アイドル(今作は橋本奈々未)の卒業』について綴られています。


o0808043013778271958


〈1番の歌詞〉



 電車が近づく 気配が好きなんだ
 高架線のその下で耳を澄ましてた





主人公の「僕」は恋人と待ち合わせをしています。

恋人を待っているその時間と恋人が乗っている電車が近づいてくる感じが好きだそうです。




 歳月の流れは(歳月の流れは)
 教えてくれる(教えてくれる)
 過ぎ去った普通の日々が
 かけがえのない足跡と





これから恋人と会えるというのにどこかこの歌詞からは悲しみを感じます。

主人公は何かを感じ取っていたのかもしれません。


(2番の歌詞)



 電車が通過する 轟音と風の中
 君の唇が動いたけど 聞こえない


 静寂が戻り 答えを待つ君に
 僕は目を見て微笑みながら頷いた



この歌詞からなんとなく主人公は恋人から別れを告げられたのかな?

と読み取ることが出来ますね。

先ほどの歌詞は、恋人から別れを告げられるのを察していたのかもしれません。

そんな心の準備をしていたので、別れを受け入れることが出来たのかもしれません。


そしてここからそんな主人公の別れに対しての気持ちがサビでつづられます。


〈1番サビ〉



 サヨナラに強くなれ 
 この出会いに意味がある
 悲しみの先に続く 僕たちの未来

 始まりはいつだって そう何かが終わること
 もう一度君を抱きしめて
 守りたかった愛に代わるもの





〈2番サビ〉



 サヨナラを振り向くな
 追いかけてもしょうがない
 思い出は今いる場所に 置いて行こうよ

 終わることためらって 人は皆立ち止まるけど
 僕たちは抱き合ってた
 腕を離してもっと強くなる





僕は恋人との別れを受け入れて未来に向けて切り替えています。

ここまで受け入れられている主人公はすごいですね。

そしてこの歌詞は、アイドルの卒業に関しても言えることですね。

大エースとして白石麻衣とともに乃木坂を引っ張ってきた橋本奈々未。

そんな彼女の存在はファンとグループどちらからしても大きく、卒業の悲しみはとても大きいものです。


しかし、


サヨナラに関して悲観的になるのではなく、新しい未来が始まるために必要なものだと、前向きにとらえよう


ということを歌っています。


恋人との別れ、メンバーの卒業、どちらの意味にしてもこの歌詞はとても前向きなものになっています。


これだけ前向きすぎると、別れを惜しむのはいけないことなの?と思ったり、この主人公は何でこんなにドライなんだと思うかもしれません。

こちらの歌詞に続きます。




 躊躇してた間に陽は沈む(切なく)
 遠くに見える鉄塔ぼやけてく(確かな距離)
 君が好きだけど(君が好きだけど)
 ちゃんと言わなくちゃいけない
 見つめあった瞳が星空になる





別れを躊躇している間になんと日が沈み夜になってしまいました。


恋人のことは好きだけど「じゃあね。」と一言を言い出すことが出来ません。


これまでの歌詞だけ見るとなかなかドライで現実を素直に受け入れられる主人公のように思えましたが、それはほんの強がりで、気持ちで受け入れられてもやはり別れの一歩踏み出せません。


〈大サビ〉



 サヨナラは通過点
 これからだって何度もある
 後ろ手でピースしながら
 歩き出せるだろう君らしく…





誰だって別れは辛いものですが、これから何度も別れはありますし、別れがあるからこそ何かが始まります。


このサヨナラによって


君(恋人)の明るい未来を願い、君らしく歩いて行けるという主人公の君への思いやりと優しさ


を感じることが出来ます。


これこそがサヨナラの意味であり、この出会いに意味があるという歌詞が意味することなんだと思います。



まとめ


IMG_7464


いかがだったでしょうか?


最初で最後の橋本奈々未センター曲、歌詞もとてもメッセージ性が強いものとなっています。


合唱曲としても愛されているこの楽曲、多くのファンから今でも愛されている曲であり、私自身も大好きな曲です。


別れというネガティブな印象のあるものにも美しさや幸せを見出しているこの楽曲は、まさに乃木坂らしさがギュっと詰まっていると思います。


世代交代が進む乃木坂46において、この偉大なメンバーが務めた美しい楽曲のセンターを誰が引き継ぐのかも注目ポイントのように思えます。


では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございます。


 おすすめ記事






o0767043513695069102


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 15thシングル『裸足でsummer』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜はださま~ビーム♪



裸足でsummerの歌詞・MVの内容


8277160b


アイドルの夏曲と言えばキラキラでアゲアゲで、聴いているだけでテンションが上がってしまうような曲をイメージするかと思います。


乃木坂の夏曲もこれまではそういった夏曲ばかりで、どの曲も聴いているとテンションが上がりますね。


しかし、裸足でサマーは同じ夏曲ではありますが、歌詞はあまりキラキラしていないという変わったものとなっています。





イントロも、これまでの太陽をガンガンに浴びているようなノリノリの感じとは違い、どちらかというと日陰で風に吹かれながら冷たい飲み物を飲んでいるような、涼しげなものになっています。


歌詞の内容は、


裸足になってどこかへ行ってしまうような天真爛漫でわがままな女の子に振り回されているけれど、そんな女の子に恋をしている僕。


そんな僕の気持ちは気づかれておらず、女の子に片思いをしている。


といったものです。


普通の夏曲であれば、


好きな女の子に対して思いを伝えよう!!


となるかと思いますが、この曲は、


君が裸足になるなら僕も裸足になるし、どっか行くなら僕も一緒についていくよ。


自分の気持ちは隠したままだけど、君といられれば素直になれるし楽しい。


こんな感じだけどいつかはちゃんと話せるかな



となんとも内気で草食系な男子を歌ったものとなっています。


それもそのはず。今回の裸足でsummerでは、自身初となる齋藤飛鳥がセンターを務めています。


この夏で思いっきりはしゃがずにゆったり過ごしている感じがなんとも飛鳥っぽくてあっているように思います。


しかしそんな裸足でsummerですが、ライブでは「Heyyyぃぃぃl!!!」の掛け声やそれに合わせてタオルを上にあげるなどでとても盛り上がります。


そのジーンと来る曲調も含め、ファンからは人気の高い1曲となっています。



そして今回のMVですが、撮影地は沖縄県の名護市。


メンバーはインディアンっぽい飾りや帽子などをつけています。


涼しげな格好でヒッチハイクをしたりブランコに乗ったり花火をしたりと、自然豊かな映像の中に夏を満喫して楽しんでいるメンバーが印象的です。


しかし、そんな映像の中に気になるものが。


20170520212353


サビのダンスシーンでの海辺なのですが、泥水?と疑ってしまいますね(笑)


飛鳥本人もその茶色さを少し気にしているようでした。


48776e09-s



裸足でsummer 選抜メンバー


裸足でsummerの選抜メンバーはこちら。


nogizaka46-formation-15th


今作初めてセンターを務める飛鳥の両脇を西野、白石の2大エースでさせており、フロント両脇は橋本、生田と実力派で固めており、このフロントのスキが1つも見つかりませんね(笑)


選抜メンバーは16人とそんなに多くはない中、あるメンバーが選抜入りを果たしています。


Cnk6CDgUsAAdFLT


そう、ひめたんです。


その人気とパフォーマンスとは裏腹に、7th以来選抜入りを果たしていなかったひめたん。


ここへきて悲願の選抜入りを果たしました。


乃木坂ファンであれば、ひめたんが再度選抜入りを果たしたこのシングルは、なかなか思い入れがあるのではないでしょうか?




まとめ


いかがだったでしょうか?


歌詞的には少し変わっているけれど、センターの齋藤飛鳥らしさが歌詞とリンクしており乃木坂っぽさもある夏曲の裸足でsummer。


聴いていると主人公のぎこちない感じから何かしんみりしますよね。


ライブでも盛り上がる、最高の夏曲です。


では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございました。


 おすすめ記事




5005


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 14thシングル『ハルジオンが咲く頃』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜まいまい~ビーム♪




センターの「聖母」深川麻衣


前作の「今、話したい誰かがいる」で初のフロントを務めたまいまいこと深川麻衣


その年グループ初となる紅白への出場も果たしました。


しかしその翌年、卒業を発表。


最後の活動となる14thシングルでは自身初のセンターへ抜擢されました。


ちなみにこの「聖母」というあだ名をつけたのは、同じく元乃木坂46のメンバーである川後陽菜。


乃木坂ってここというアンダー番組の、川後陽菜がメンバーにあだ名をつけるというコーナーで深川麻衣に聖母と名付けたことがきっかけです。






そんなまいまいですが、初期からグループの中心にいたわけではありません。


1、2枚目のシングルは選抜には入れず、アンダーメンバーとして活動。


その後3枚目のシングルで初の選抜入り


そしてそこから選抜メンバーの常連として8枚目まで選抜入りを果たします。


9枚目シングルでは自身初となる福神メンバー入り、と苦労人でもありますが、そのファンとメンバー思いの優しさ溢れる性格から少しずつ人気を獲得していきました。


特に、握手会でのファンへの対応や、乃木坂ってどこ?での妄想クリスマス企画などでまいまいにハマったというファンは多いようです。


BpCf2l6IAAEBeo1
35738175-s
DtvHnL_WkAEevDk


(↑伝説の名場面 乃木坂ってどこ?妄想クリスマス企画での「ふ、深川」)




ハルジオンが咲く頃 歌詞・MV


まいまいの卒業ソングとなる「ハルジオンが咲く頃」は、 まいまいのことを綴った歌詞となっています。


歌詞に登場する ハルジオンや君はまいまいを表しています。




 ハルジオンが 道に咲いたら
 君のことを僕らは 思い出すだろう
 いつも そばで 微笑んでた
 日向のような存在 心癒してくれた
 白い花の可憐さ







 ハルジオンが 雨に打たれて
 それでもまだ青空見上げるように
 つらい時も変わらぬまま
 君は君の姿勢で 運命 受け入れてた
 地に根を張る強さで…





ハルジオンは別名「貧乏草」ともいわれています。


名前だけ聞くとマイナスな印象を受けますが、その由来はハルジオンを摘むと貧乏になる、や貧乏な家でも咲く生命力の強い花であるといわれています。


この曲におけるハルジオンは、生命力が強く、どんな環境にいてもまっすぐに咲いているという意味が当てはまると思います。


初期はアンダーメンバーでしたが、諦めず少しずつ人気を獲得していき初の選抜入り、そして福神、フロントと、アイドルとしては年齢は若くはなく苦しんだ時期があったにもかかわらず、それでも強い意志とまっすぐな性格で優しさの中に力強さを持っていたまいまいはまさにハルジオンと重なっています。


そしていつもそばで微笑みながらメンバーを見守っており、いるだけでその場のにいる人たちの心を温かくすることが出来るような存在


歌詞を見るだけでまいまいがどんな人かがわかるものになっていますね。




 ハルジオンが 枯れたとしても 
 その生き方 僕らに教えてくれる
 一度きりの人生なら 自分らしくありたい
 愛は与えるものと 君を見てて思った




ここでの枯れるは、 『』卒業を表しています。


グループを卒業してアイドルとしての深川麻衣は終わりを迎えますが、これまで活動してきた中でのまいまいの生き方や信念は人々の心に残り続けます。


そして聖母というあだ名をつけられていたように、どんな時でも自分よりも他の人へ愛や優しさを向けることができる人だったまいまい。


彼女を見ていると


『愛というものは、自分のためではなく、何かに与えるもの』


であると気づくことが出来ますね。


またこれら3つの歌詞から、


道に咲く→雨に打たれる→枯れる


とまいまいの乃木坂での変化の様子を受け取ることが出来ます。


聞いていてとても心が温まる歌詞になっています。



MVも卒業をテーマとしたものとなっています。





映像の背景でもハルジオンと同じ白が基調となっており、歌詞とリンクしています。


そしてなんといってもメンバー全員が涙を流すシーンは見どころです。


見ているこっちも涙が出てきますね。。


そしてShort.verではカットされていますが、MVの最後ではまいまいが、


 『努力・感謝・笑顔。うちらは乃木坂登坂』


と何度もつぶやいているシーンがあります。


まいまいのハルジオンのような生き方は、卒業してもなお乃木坂に、残り続け受け継がれていきます。
 

それと同時に、まいまいが乃木坂から卒業しても乃木坂のカラーはまいまいの中に残り続けます。


これからまいまいに待っている明るい未来とこれまでの思い出を想像すると、胸にこみあげてくるものがありますね。




まとめ


いかがだったでしょうか?


アイドルには卒業というものがある以上、いつかグループからはいなくなってしまいますが、この曲を聴いているとグループに目には見えない形で残るのだと気づかされますね。


現在まいまいは女優として活動しており、ドラマにも多数出演しています。


大御所のアイドルグループを卒業して女優へ転身するメンバーは成功しないという風潮はありますが、まいまいなら、ハルジオン精神で諦めずに花を咲かせるようと信じています!


では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございました。



 おすすめ記事




ea9310e3a9f58d093898475f2047aecf


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 13thシングル『今、話したい誰かがいる』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜今誰~ビーム♪




映画「心が叫びたがっているんだ」主題歌


kokosake-top-600x338


今、話したい誰かがいる、は 映画『こころがさけびたがっているだ。』の主題歌。


歌詞も映画の内容に沿ったものとなっており、主人公の成瀬順は、



自分の言葉がきっかけとなり両親が離婚した過去のトラウマから言葉を発することができなくなり、声を出すと腹痛に襲われてしまう呪いをかけられてしまった。


そのため、他者へ自分の気持ちを伝えることが出来ない。



という苦しみを歌ったものとなっています。


この歌詞は映画の主人公の成瀬順の、しゃべることができないという呪いから、


他者とかかわることを避け続けていた自分が本当に伝えたいことを伝えられない


といったものを、内気な性格の「僕」の


誰かといると自分らしくいられない傷つきたくないから自分の気持ち伝えない


というものに並列されています。



「僕」は失って傷ついてしまうくらいなら欲しいものは望まずに一人でいるほうがいい、一人のほうが気が楽だ、という思考を持っています。


そんな中「僕」は一緒にいると僕らしくいられる「君」と出会います。


「君」に対して恋心を抱きますが、「僕」の性格上「君」を失ってしまうのではないか?という恐怖を抱きます。


しかし、歌詞中の


"君とだったらシーソー乗ってみよう"


というフレーズからわかるように、この「君」との出会いは「僕」を大きく変えます。


ただ、これを恋だと知ってしまうと(恋なのですが)自然に話せなくなってしまいます。


話したい誰かがいるということがどれだけ幸せなのか、というのに気付いている僕は、とりあえずは気の合う友達だと思っておこう、と考えます。



今まで他者とかかわることを避けていた僕が、誰かと関わり話すことのすばらしさに気づき変わっていくこと分かります。


またMVも映画の内容に沿ったものとなっています。





聴覚障害で耳が聞こえない西野七瀬はしゃべることが出来ずいつも一人でいました。


ある日、ダンスレッスンを受けていた白石麻衣らは西野がこちらを見ているのに気が付きます。


白石はそんな西野に話しかけますが、話すことが出来ないので西野は手話で返事。


しかし、白石らに手話が通じないことに気が付いた西野はその場を去ってしまいます。


そんな白石らは西野と手話で会話をするためにに、自ら手話を覚えます。


手話を通じて話すことが出来た西野と白石らは互い心を深め合っていく、、


といったように、 『自分の気持ちを伝えることが出来ない』というポイントを 『聴覚障害』『手話』を用いることで演出しています。


歌詞もMVもここさけのために同じテーマで作り上げている、そんな作品となっています。




運営が大きく勝負に出た13th選抜


13th選抜メンバーがこちらです。

IMG_6888


なんとこの選抜メンバーは2期生加入以降初となる1期生のみの選抜メンバー構成となっています。


13th選抜布陣についてはこちらで語っていますので是非ご覧ください。


 13th選抜関連記事



多くのタイアップや紅白出場などが控えたこのシングルでのこの選抜は運営の攻めの姿勢が顕著に見られます。


2期生加入以降1期生のみでの選抜構成はこのシングルのみなので、このシングルの選抜が大きな勝負に出たものでるというのがよくわかります。




まとめ


いかがだったでしょうか?


歌詞とMVが主題歌となった映画の内容に沿っているという作品でしたが、テーマがはっきりとしており受け手としては飲み込みやすいものとなっており、内容も感動的なものになっています。


乃木オタであればここさけも必見です!


皆さんが思う、今、話したい誰かがいるの感想などもコメントいただけると嬉しいです♪


では今回はこのあたりで!


最後までお読みいただきありがとうございました。


 おすすめ記事





↑このページのトップヘ