今、話したい坂道がある

坂道グループに関して、様々な視点から情報をまとめています。 あなたの推しメン情報もきっとこの中に。



カテゴリ: 2期生


『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『白石麻衣が2期生に渡した手紙の全文』をご紹介します。


乃木坂のセンターを務め、これまで中心メンバーとして活躍してきた2期生の堀未央奈が卒業した現在、
これまでの2期生の道のりの指針にもなったであろう、白石麻衣からの手紙を今一度掘り起こしましょう。

FullSizeRender



「一緒に乃木坂46を盛り上げていこうね」


NOGIBINGO!4 #8あなたのムフフ叶えます!妄想リクエスト」(2015年5月26日放送)の乃木ルーム内にて渡された手紙。


加入してから2年が経った2期生に対して、白石麻衣の想いが綴られました。


2期生のみんなへ


純奈、琴子、絢音、蘭世、怜奈、みり愛へ
みんなノギルーム楽しんでますか?
うまく喋らなきゃ、とか、
面白いこと言わなきゃとか
考えて緊張していないかな?
私はみんなにこうして手紙を書くのは初めてなので
ちょっぴり緊張しています。
乃木坂46にみんなが入ってきて、あっという間に2年が経ちましたね。
私達1期生の時のは違い、みんなは研究生というポジションが長くて、
入ってきたものの何をしたらいいのか、
きっとたくさん悩んだ事と思います。
西武ドームでの3周年ライブで正規メンバーへの昇格が発表された時、
皆が涙を流して抱き合って喜んでいるのを見て、本当に嬉しく胸が熱くなりました。
私にとって乃木坂のメンバーは親友以上の家族です。
同じ夢を追いかける可愛い妹が増えたこと、すごく嬉しく思っているよ。
ただ、まだあまりお話が出来ていないのがちょっぴり寂しいかな。
一緒のお仕事になった時は、遠慮せずどんどん話しかけてきてください。
私は人見知りだけど、心の中ではいっぱい話したいと思ってるよ。
悩んだ時はいつでも相談してください。
頼りになるか分からないけど、年上の分ちょっとはアドバイスできるかなって
思っています。
これからいっぱい自分を磨いて一緒に乃木坂46を盛り上げていこうね。
白石麻衣




乃木坂らしさは白石麻衣

IMG_2032
白石麻衣の卒業コンサートにて披露されたバレッタ。

2期生の北野日奈子は曲中、涙を流しながら「いつも2期生の味方でいてくれてありがとうございます。」と白石麻衣に感謝の気持ちを伝えていました。

手紙にあった【同じ夢を追いかける可愛い妹・親友以上の家族】として接してきたからこその言葉だと思います。

3期生 大園桃子が白石麻衣に懐いたのも、人見知りのまいやんに積極的に桃子が話しかけていたからこそであり、そんなまいやんの優しさに後輩メンバーはみんな救われていたのだと思います。

そしてそれが乃木坂全体の雰囲気【乃木坂らしさ】を作り上げているのだと思います。



『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。

今回は『9th YEAR BIRTHDAY LIVE〜2期生ライブ〜で披露された感動サプライズ』について語っていきたいと思います!

IMG_7070



9th YEAR BIRTHDAY LIVE〜2期生ライブ〜

IMG_7071
2021年3月28日、オンライン開催にて「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」が行われました。

この日は8年前に2期生オーディションの合格発表が行われ、14人乃木坂46としての活動をスタートした誕生日。

当初、9回目のBIRTHDAY LIVE自体は全メンバー出演のコンサート公演、1期生〜4期生までの各期生別コンサートが各1公演の合計5公演を予定していました。
しかし、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、予定していた各期生別でのコンサートは緊急事態宣言下において、分散しての開催となりました。

これらの経緯より、オンラインLiveにて
伊藤純奈・北野日奈子・新内眞衣・鈴木絢音・寺田蘭世・堀未央奈・山崎怜奈・渡辺みり愛の8人による念願の2期生Liveとなり、また、2期生を牽引してきた堀未央奈の卒業Liveとなりました。

ファンもメンバーも、そして何より1番は堀未央奈自身が悔しい気持ちを抱えながらのLiveとなり、非常に大きな意味を持つLiveでした。

IMG_7072


2度目の披露となった「アナスターシャ」


今回のLiveで最初に披露されたのは、昨年のLiveで初披露した2期生楽曲「
アナスターシャ」。

北野日奈子新内眞衣からのメッセージと共に、堀未央奈がメインステージへ入場。
未央奈センターでのアナスターシャが披露され、いきなり感動的なムードに。初っ端にアナスターシャを持ってくるとは、神セトリ確定だ!と思いました。
IMG_2016
IMG_2017


その後、2期生楽曲や思い入れの深い表題曲・アンダー曲、未央奈を含めた2期生3名がメンバーとなっているサンクエトワールの「君に贈る花がない」等を
主に未央奈がセンターとなり披露しました。

IMG_2018

2期生メンバー全員が選抜に入れるように頑張っていたのに、13thシングルで2期生メンバーが誰も選抜に選ばれなかった…。」と涙を流しながらの「嫉妬の権利」と「今、話したい誰かがいる」は非常に胸が苦しくなりました。


そして本編最後の楽曲は、昨年の2期生Liveのために書き下ろされた「ゆっくりと咲く花」。8人で円陣を組んで指ハートを合わせた後、手を重ね合わせる演出で絆を表現していました。


その後アンコールにて、ドレスに着替えて一層輝きを放った堀未央奈がステージに現れ、マイクを持って、挨拶。あまり語っていなかった家族の想いから、1期生・3期生・4期生、最後に2期生への想いを涙ながらに話し、そのまま最初で最後のソロ曲「冷たい水の中」を披露しました。
IMG_2019
また、初センターを務めた7thシングル「バレッタ」を2期生メンバーのみで涙ながらに披露しました。

そして、最後の楽曲は、なんともう一度「アナスターシャ
最初と最後を、2期生が最も大切にしていると言っても過言では無いこの楽曲で締めくくるのかと、感動で胸が一杯になりました。
センターで歌う未央奈に、後ろから2期生メンバーが駆け寄り左右に並んで顔を見合わせながら歌う。
1フレーズが終わると、メンバーは後ろに並び直し、次の2期生数人が再び未央奈に駆け寄り、並んで歌う。
これをローテーションで繰り返していました。そして、なんとその列の後ろに、、、



全期集結のサプライズ出演

1期生、3期生、4期生が段々後ろから近づいてきていました。
私は全期のサプライズ登場に鳥肌が立ちました。


2期生がさっと後ろに移動すると、4期生メンバーが未央奈の左右に。未央奈は左に並んだ2期生に顔を合わせようと見つめると、そこには賀喜遥香が。何も知らなかった未央奈は驚いて次の瞬間、顔を覆い声も出せず涙。この時の未央奈の表情が忘れられません。
IMG_2011

未央奈のことが大好きと慕っていた4期生の林瑠奈は号泣。いつもは泣き虫の遠藤さくらが満面の笑みというギャップも何だか胸に来ました。

4期・3期・1期と後ろに並び、各メンバーが未央奈の横で顔を見合わせながら歌う姿は、涙なしでは見られませんでした。
IMG_2007
IMG_2010
IMG_2008

このLiveの2日前に4期生の金川紗耶が文春にスクープされましたが、やんちゃんが後ろで並んでいる際に、(おそらく)先輩の誰かがやんちゃんの頭を優しくポンとしているのが映っており、これも含めて乃木坂というグループの暖かさを感じました。


「未央奈お疲れ様ー!皆来ちゃったよ」(生田絵梨花)、「ずっと観てたよ!本当に綺麗」(松村沙友理)と1期生も笑顔で声をかけ、秋元真夏
1期生でやってきた乃木坂に色んな色をつけてくれたのが未央奈だったなって私は思っていて。幅も広くしてもらったし、色んな一面を広げてもらった後輩だし、後輩がそういうのを広げるのって大変なのに誰よりも頑張ってくれたなって思っています
と正直な気持ちを伝えていました。

3期生からは梅澤美波、4期生からは賀喜遥香が代表として未央奈にメッセージを送っていました。


未央奈は最後に「本当に本当に8年間ありがとうございました。これからも乃木坂46最強グループなのでメンバー1人ひとりのことを見て愛して下さい」とファンに向かって呼びかけ、アイドル人生最後に幕を閉じました。


まとめ


IMG_1998

未央奈自身の心残りや、隣に居てあげられなかったと後悔を語る2期生の言葉。
ごめんアナスターシャ約束を守れずにあの夜の僕には勇気がなかった
乃木坂46 2期生、彼女達の生き様はいつも一際輝いている。



↑このページのトップヘ