google-site-verification=rzL2XcVyyduZYjJ6fq_Q2iJ719g7JcTsSqQK225Dsjw

今、話したい坂道がいる

坂道グループに関して、様々な視点から情報をまとめています。 あなたの推しメン情報もきっとこの中に。

カテゴリ: 乃木坂46

『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『遠藤さくらの個人PV「いや、マジ天才!」』についてまとめました!





個人PV「いや、マジ天才!」

FullSizeRender
26thシングル『僕は僕を好きになる』
(2021年1月27日発売)
初回仕様限定盤TYPE-Cに収録された4期生 遠藤さくらの個人PV『いや、マジ天才!』

Type-A~Dで4期生16人の個人PVが収録されており、Type-Cには、遠藤さくらに加え、柴田柚菜・早川聖来・林瑠奈が収録されています。


今作は「天才」がテーマとなり、制作には著名な映像作家・漫画家・デザイナーが参加しており、ドラマやバラエティ等、4期生の個性あふれる個人PVとなっている。

出演:遠藤さくら山本桂次
撮影:佐藤有
プロデューサー:佐賀原悠希
制作:株式会社Basedon



再生回数


個人PV公開から、20分での再生回数は以下の通りです。
1位  遠藤さくら  3万超 
2位  賀喜遥香          1.5万超
3位  筒井あやめ  5千超
        林瑠奈
     掛橋沙耶香 
6位  田村真佑   4千超
     清宮レイ 
     弓木奈於
9位  松尾美佑   3千超
     早川聖来
     金川紗耶
     柴田柚菜
     北川悠理
14位   佐藤璃果   2千超   
     黒見明香
     矢久保美緒






実際の撮影地


東京都目黒区八雲の道で撮影されていた様です。
八雲小学校が近くにあるため、小学生の通学路ですね。

FullSizeRender
FullSizeRender




【個人PV】「わたしには、なにもない」も
まとめております⬇︎


本編文字起こし

FullSizeRender


残りの高校生活もあと数ヶ月。見慣れた帰り道も、この制服を着て歩くのも、あとちょっとだと思うとなんだか寂しい気持ちになる。でも、この日は少しだけ変なことがあったんだ。

FullSizeRender
FullSizeRender
さ:「何やってるの?いや何やってるの?」

男:「うお!い、家に帰ろうと思って。」

さ:「は?」

男:「え?」

さ:「何でそんなとこにいるの?」

男:「い、いや、何となく、卒業も間近だし帰り道をいつもと違う角度で見ようと思って。」

さ:「どう?なんか違った?」

男:「いや。そっちこそ何でいるの?」

さ:「いや、家に帰ろうと思って。」

FullSizeRender

男:「家、こっちなんだ。」

さ:「会った事ないね。」

男:「会った事ないね。」





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

FullSizeRender
〜〜〜白いガードレールを挟んで歩く2人〜〜〜


さ:「もうすぐさぁ、(男:うん)卒業だけどさぁ、やり残した事とか無いの?」

男:「やり残したこと、、え〜何だろう。」

さ:「う〜ん、私も何だろうなぁ。(男:ある?)何だろう、やっとけば良かった事でしょ、、」

男:「まあ高校生しか出来ない事(さ:うん)考えたら、、青春。」

さ:「ふふふ。」

男:「違うか、違う?」

さ:「青春してそうだったよ、でも。(男:まぁまぁまぁ)サッカー部で楽しそうだったしさぁ。(男:それなりにね)」





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

FullSizeRender
〜〜〜〜公園のベンチに座る2人〜〜〜〜〜

男:「全然さくらの事知らなかったけど、(さ:うん)なんか、想像通りで良かった。」

さ:「ほんと?想像通りだった?」

男:「うん。」

さ:「そっか。」

男:「なんか、マジでほんとに本読んでるくらいしかイメージなかった。」

さ:「そうだよね。」

男:「なんか、思った通りの人だなぁ、みたいな。」

さ:「ふふふ。」

男:「マジで思った、今。」


FullSizeRender
FullSizeRender
鳥のさえずり。木々の隙間から差し込む夕日。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

FullSizeRender
〜〜〜〜〜帰り道を並んで歩く2人〜〜〜〜

男:「似てる感じがしてたんだよ。」

さ:「ふふ、何となく、ね。」

男:「何となく。」

さ:「思った。」

男:「分かんないけど。だけど、なんか話せて良かったわ。」

さ:「うん。ね。」

男:「俺こっち。」

さ:「私こっち。」

男:「じゃあ。」

さ:「うん。」

FullSizeRender
男:「あのさぁ、そっちに帰るって事は、この先の絵、もしかして見た事ない?」

さ:「見た事ないかも。」






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

FullSizeRender
〜〜あるシャッターに描かれた絵を見る2人〜〜


さ:「星って歌ってるらしいよ。でも、宇宙って真空だから、誰にも聞こえないんだって。会った時、変なところから覗いてたよね?違った角度から見ようとか言ってたけど。あれって覗いた時から、世界が全部変わってるよね?」

男:「いや、マジ天才!」
さ:「じゃあね。」


FullSizeRender
さ:「いや、マジ天才!」



まとめ

IMG_6906
IMG_6905

映画のような青春ショートムービーでした。

前作の「わたしには、なにもない」でも高校生役を演じ、青春時代の雰囲気を上手く表現していましたが、
今作でも、あの何とも言えないもどかしさが残る、青春の世界を感じる事が出来ました。
こういった類の役が本当に似合いますし、演技も上手いなぁと感じます。
普通の高校生活を送っていたら、きっとこんなだったのかなと思い、何とも不思議な気分になりました。

会話にお互いの緊張や幼さが混じっている感じも良いですよね。
欲を言えば、えんさくが歌う曲が導入歌としてあって欲しかったです!笑

次の個人PVも期待大ですね。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『乃木坂46のお嬢様メンバー』について語っていきたいと思います!




絶大な人気と知名度を誇る乃木坂46


IMG_1699

今や日本一忙しいアイドルとして絶大な人気と知名度を誇る乃木坂46

白石麻衣をはじめ、アイドル活動以外での外仕事も数多くこなすメンバー達は、
一体いくら儲けているのか、、、と思ってしまいますが、実は乃木坂に加入する前から
裕福な家庭で育ったお嬢様メンバーは多いです。

今回はそんなお嬢様メンバーをご紹介します。


生田絵梨花

IMG_5268
生田 絵梨花(いくた えりか)
生年月日:1997年1月22日
血液型:A型
身長:160cm
出身地:ドイツのデュッセルドルフ
ドイツのデュッセルドルフで生まれ、幼少期をドイツで過ごした帰国子女です。


3歳~4歳頃からピアノをはじめ、5歳からは東京で過ごしていたそうです。


資格として、英検2級漢検準2級数検3級書道検定準7段を取得しています。




中学時代の習い事


*月曜日:数学
*火曜日:クラシックバレエ
*水曜日:習字
*木曜日:英語
*土曜日:ピアノ
*日曜日:クラシックバレエ

習い事の数だけでお嬢様、お育ちが良いというイメージがありますが、さらにこれだけの習い事に通わせられる財力も凄いです。


ピアノでは全国大会に出場し、東京音大に進学するほどの実力も兼ね備えています。



生ちゃんの家庭


IMG_5225

向かって左にいる長身の男性が生田絵梨花さんの父親、生田大郎さん。

一橋大学卒業後KDD(現KDDI)に入社し、1995年よりKDDドイツ現地法人にて新規事業立ち上げを実施。

生田絵梨花さんは1997年に生まれていますので、この2年後にドイツで生まれたという事ですね。

現在は、シスコシステムズ合同会社マーケティング本部のマネージャーをしています。

平均年収は1200〜3000万円。

幼少期の生ちゃんに数百万円するグランドピアノを買い与え、防音室まで備えたそうです。

また、姉は「東京大学」出身です。

姉妹揃って、かなりの英才教育を受けて育ったことが伺えます。

乃木坂1のお嬢様と呼ばれている生ちゃんですが、本当にお嬢様のお手本のような人生です。



伊藤純奈

IMG_1717
伊藤 純奈(いとう じゅんな)
生年月日:1998年11月30日
血液型:A型
身長:166cm
出身地:神奈川県横浜市

父が相鉄HDの役員、母が在日米軍基地のレストランオーナーの伊藤純奈
これだけで相当の家の出である事が伺えます。


両親は韓国系(父親が在日3世の日本国籍、母親は在日2世の韓国籍)であり、伊藤純奈自身が
二重国籍を持っているとの情報もありますが、こちらは情報源が怪しいです。

※あくまでもネット上に蔓延る情報の一つである事はご承知おき下さい。



秋元真夏

IMG_1718
秋元 真夏(あきもと まなつ)
生年月日:1993年8月20日
血液型:B型
身長:154cm
出身地:埼玉県さいたま市

2011年、1期生として加入後、学業への専念を理由に活動休止をしていた、秋元真夏。

高校は「東京家政大学附属女子高等学校」で、女子校出身です。

生徒会長を務めた事もある様です。
そんな高校時代に乃木坂に合格したわけですが、高校側から芸能活動の許可が降りず、
転校を考えていたようです。

しかし、ご両親からは「将来を考えて学業をしっかりやりなさい」と言われ、
大学に合格して通学しながらという条件の下、加入を認めてもらったようです。
ご両親が学業に熱心であったことが伺え、育ちの良さを感じます。

大学は「フェリス女学院大学」であり、言わずと知れたお嬢様学校出身です。​
まさに箱入りのお嬢様コースを歩んでいたようです。

まなったんと言えば、料理。
IMG_1715
IMG_1716
資格として「家庭料理技能検定3級」を取得しています。
こちらは中学時代に取得していたようです。



筒井あやめ

IMG_1719
筒井 あやめ(つつい あやめ)
生年月日:2004年6月8日
血液型:O型
身長:160cm
出身地:愛知県

幼い頃から数多くの習い事をしてきたあやめちゃん

習い事として
書道英語ピアノそろばんギター水泳と、6種類もの習い事を経験していたそうです。


書道は小学2年生から習っており、「特待生」という、その年齢での最上位を獲得しています。
また、ピアノは2歳から8年間習っていたそうです。




幼少期について



IMG_1714
小学校は「愛知教育大学附属名古屋小学校」という名門学校出身。


幼稚園から大学までエスカレーター式の国立の小学校です。
中学も同様の中学校に通いました。偏差値は55〜70と高めです。


また、2015年10月4日、サン宝石とソニーミュージックにより共同開催された「SUNHOイメージガールオーディション」で
グランプリに選ばれており、乃木坂に入る前から、芸能界との接点を持っています。

IMG_1710IMG_1711IMG_1712
このオーディション、なんと小学1年生から中学3年生までの2243名が参加していました。

この倍率でのグランプリ取得です。
乃木坂に入っていなかったとしても、芸能界まっしぐらだったと思います。


普段の落ち着いた立ち振る舞いも、これら英才教育の賜物だと考えられ、お嬢様育ちである言えるでしょう。



親の職業


筒井あやめのお母様は、看護師。
手術にも立ち会う看護師をしているとの事で、「手術室看護師」である事が分かります。
また、姉も看護学校に通っており、医療に携わる一家なのかもしれません。



遠藤さくら

IMG_0583
遠藤 さくら(えんどう さくら)
生年月日:2001年10月3日
血液型:不明
身長:160cm
出身地:愛知県
実家が「えんそば」という蕎麦屋さんを経営している、遠藤さくら

単純に蕎麦屋さんというと、お金持ちのイメージには結びつかないですが、
実は「えんそば」は愛知県内に3店舗を構える立派な企業です。

つまり、ゆみこ会長ならぬ「さくら会長」なのです。



中田花奈

IMG_1720
中田 花奈(なかだ かな)
生年月日:1994年8月6日
血液型:A型
身長:158cm
出身地:埼玉県

アイドルが大好きな「ドルヲタアイドル」、レギュラーのラジオ番組でも活躍中な彼女ですが、
これまでにけっこうなお嬢様エピソードを披露している中田花奈

女子校出身者で構成されるユニット「女子校カルテット」のメンバーでもあり、生粋のお嬢様育ちで知られています。

乃木坂加入前の学校での挨拶は「ごきげんよう」だったそう。



中田家の誕生日


IMG_1721


過去に番組で、かなりんの家は誰かが誕生日のときは必ずホテルのインターコンチネンタルホテルでビュッフェを食べるという驚きのエピソードを披露しています。


しかもこれは彼女にとっては当たり前のことで、乃木坂46に入ってから当たり前ではなかったと気付いたようです。


他にも、「ケーキが誕生日に出てくるものだと思っていなかった」という発言もしています。
ケーキを日常的に、当たり前に食べる生活だったのでしょう。


桜井玲香


IMG_0579
桜井 玲香(さくらい れいか)
生年月日:1994年5月16日
血液型:A型
身長:155cm
出身地:神奈川県
乃木坂46のキャプテン、桜井玲香

もはや「桜井玲香」という名前から既にお嬢様・お金持ちオーラが漂っている彼女ですが、やっぱりお嬢様でした。



中高一貫のお嬢様学校出身


幼稚園から高校までずっとカトリック系の女子校であるカリタスに通っていました。
お嬢様学校ということで、親同士の結びつきも強かったそう。

子供の誕生日のときは、親がお店を予約して参加者を集めたり、家でパーティを開くときは
前菜からメインディッシュまで全てリストを考えて振る舞う・・・などしている子が多かったんだとか。




習い事


お嬢様あるあるの習い事エピソードですが、中学時代はお母様に連れられガーデニング教室に通っていたそう。

これがきっかけで、学生時代は華道部に所属しています。

そして他にもバレエピアノテニス水泳ダンス体操など
本当にたくさんの習い事を経験してきたこともインタビュー等で語っています。



高級寿司店でのエピソード


IMG_1722
かつて放送されていたレギュラー番組「乃木坂って、どこ?」で、銀座の高級寿司店で値段当てをするという企画でのエピソード。

合計金額5000円以内という番組が設定した金額があるにもかかわらず、なんといきなりウニを注文。

食べたあとに値段を「300円くらい?」と発言。スタジオや他メンバーから総ツッコミをくらってしまいます(笑)
(最終的には少し考えを改め「400円」と予想しますが、正解は1200円でした)

このことについて後日、自身のブログで「お寿司って高いんですね!」
お寿司行く時は誰かしらいるからさぁ...1人でお寿司食べ行ったりしないもん!」と発言していました。

普段の外食ではもはや値段なんて見ていないという事でしょうか。笑

これはもうお嬢様ならではの金銭感覚です。



まとめ

以上、乃木坂46のお嬢様メンバーについてご紹介いたしました。

乃木坂46自体が清楚なお嬢様グループというイメージがありますが、
実際にお嬢様メンバーは多く、お育ちの良さが乃木坂の雰囲気にも表れているのと思います。

乃木坂に幸あれ。

















『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『乃木坂メンバーの髪型』にフォーカスし、ロングとショートの画像を比較しました。

ロング好き・ショート好き、双方に楽しんで頂けたら幸いです。





ショートヘアブーム到来?


IMG_1649

乃木坂46では最近、白石麻衣樋口日奈山下美月など、大胆なヘアカットをして
新鮮な姿に注目が集まっています。



印象がガラッと変わり、改めてメンバーの端正な顔立ちに驚かされます。
今回は各メンバーのロング・ショートの画像を比較してみました。





山下美月

FullSizeRender


人生で初めてのショートカットにイメチェンした山下美月

新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛中であり、そんなタイミングだからこそ挑戦したという。
前髪を長めに残し、襟足はすっきり、ミニマルな美人ショートになり、大人っぽくミステリアスな魅力が増しています。



ヘアのポイントは「美容師さんと相談して、なるべくひし形で頬の横にボリュームがくるようにとお願いしました。
頭の長さがカバーされた気がしています」と明かしました。






早川聖来

FullSizeRender

大胆なカットではありませんが、黒髪ロングの印象から、スッキリとした髪型になった
早川聖来

加入時の髪型からイメチェンしている4期生は多いですが、早川聖来​の大人っぽい魅力が一層引き立てられています。

4期生曲「Out of the blue」のセンターにも抜擢され、今後の活躍に期待です。



遠藤さくら

FullSizeRender

早川聖来​に続いてこちらも加入時から少しイメチェンした遠藤さくら


小顔がより一層引き立てられており、丸顔が良くマッチしています。

齋藤飛鳥に比肩する小顔という事もあり、注目も大きかったと思います。




伊藤純奈

FullSizeRender

2020年3月にボブヘアにイメチェンをした伊藤純奈

鎖骨の下あたりの長さが定番だった伊藤は、
「人生の中でいちばん短いんじゃないかな、たぶん すごく楽ちんでお気に入り!」と気に入っている様子。

毛先はくるんと内側にカール、前髪はトレンドのシースルーで、端正な顔立ちが際立っています。



与田祐希

FullSizeRender


2020年6月に放送された『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』(ABEMA/19日19時~21日17時まで)
のメンバー1人ひとりが約10分間の持ち時間を使って臨む企画「乃木坂電視台」にて、生放送中にロングだったヘアをバッサリとカットした与田祐希

2020年5月5日に20歳を迎えたことから、心機一転ショートヘアに大胆なイメチェンを遂げ、可愛らしいイメージから一気に大人っぽさが増しました。




白石麻衣

FullSizeRender

2020年7月に「乃木坂入って初めての長さ」と約20cm髪の毛をカットしたことを報告した白石麻衣

長かったロングヘアは肩に付く程度の長さとなり、外ハネが大人っぽいスタイルとなっています。

長年ロングヘアのイメージが強かったまいやんのショートは印象的でした。

卒業もされ、これからさらに大人な女性になること間違いなしです。




樋口日奈

FullSizeRender

2021年放送のスペシャルドラマ「教場2」への出演でバッサリと髪を切った樋口日奈​

インタビューでは「乃木坂の中で一番長かったのを、一番短く切って…。初ですね、この長さは」とコメント。

オファーに当たって、まずマネージャーから言われた言葉は「髪切れる?」だったとの事。

それに対し、「いや、もちろん切ります。こんな夢みたいなことで…すぐ切ります」と即答。

ネット上には「初日の教場を語る樋口日奈ちゃん凄い」「現場のいい緊張感が反映してるから警察学校のリアリティーになっているんだね」

など、番組を聴いたファンからの思い思いの感想があがっていました。




岩本蓮加

FullSizeRender

2020年6月、1年ぶりにショートヘアにした岩本蓮加
カラーも明るく、夏にもぴったりなヘアスタイル。

ブログでは「久しぶりにこの長さの自分をみて違和感だったのですがもう慣れました 慣れると今度はロングの自分はどんなだったっけ?となりました笑 
しばらくはこの長さをキープしようかなぁ~」と綴っていました。




高山一実

FullSizeRender

ロング・ショート、どちらの印象もある高山一実

​どちらもかずみんっぽさがあり、良い意味でインパクトを感じない不変の雰囲気がありますね。


ロングは個人的に重たい印象があったので、ショートのすっきり感が好きです。



鈴木絢音

FullSizeRender

清楚で美しい女性代表、清潔感満載の鈴木絢音

​初期の絢音ちゃんと言えば、幼いショートの女の子というイメージでしたが、年齢を重ね、大人の魅力も兼ね備えたショートヘアはドキッとさせられます。

黒髪ロングは“THE 絢音ちゃん”という感じで、確立されたものがありますが、
ショートヘアもまた、絢音ちゃんの内面の明るさを外に放っている爽やかさがありますね。



中田花奈

FullSizeRender

ショートがよく似合う大人な女性、中田花奈

​初期の頃はロングヘアでしたが、ショートにして以来、かなりんの魅力が爆発した気がします。

乃木坂メンバーの中でもショートの印象が強く、「ショートと言えば?」と聞かれたら「かなりん!」の答える人も少なくないと思います。
ショートヘアで印象をファンに与えるという、これもかなりんの戦略の一つなのかもしれません。笑



北野日奈子

FullSizeRender

こちらもショートのイメージの方が強い、わんぱく北野日奈子

​きいちゃんは逆にロングの方が大人っぽさが増す気がします。
溢れ出るパワーがショートヘアの躍動感とマッチしていて、よく似合っています。

写真はどちらも黒髪ではないですが、きいちゃんの黒髪ロングは最高です。



中村麗乃

FullSizeRender

2020年9月に久しぶりにショートヘアをお披露目した中村麗乃

​9月4日の3期生4周年アニバーサリーという事で、良い節目にバッサリと30cmほど切りました!と報告。
3年近くロングヘアだったという事で、一瞬誰だか分からなくなる新鮮さがあります。

シュッとしている印象でしたが、意外と丸顔なのかな?




松村沙友理

FullSizeRender

2018年1月にイメチェンで髪をバッサリ切った松村沙友理

ロングヘアというほどロングのイメージは無かったですが、こう見るとショートのインパクトはあります。
美容院のヘアカタログに載っていそうな写真ですね。笑​

「20cm以上30cm未満くらい切りました!肩につくギリギリの長さですっ」
「人生ずっとロングヘアーだったのでこんなに短いのは初めてです」等と綴っていました。 



山崎怜奈

FullSizeRender

初期はロングの印象が強かった歴女、山崎怜奈

今やこちらもかなりんと同じく完全にショートのイメージが付いています。

れなちはショートにして正解だったと思います。
今や飛ぶ鳥落とす勢いでメディア出演していますね。



吉田綾乃クリスティ

FullSizeRender

こちらもロングの印象が強い吉田綾乃クリスティ

​ショートヘアは、あの橋本奈々未に似ていると話題になりましたが、確かにかなり似ていますね。
IMG_1695


ルックスも申し分なく、なぜ選抜に入っていないのか疑問です。
名前も話題性がありますし、自分が運営だったら絶対1度は入れるのにと考えてしまいます(何様)。





渡辺みり愛

FullSizeRender

ロングとショートを行き来している渡辺みり愛


​2017年にショートにした際に、「切り過ぎたかなあ、似合わないなあと思ってエクステを付けたんですけど、ショートの方がいいっていう意見を貰って少し自信がもてました」と自身の心境について語っていました。

2021年現在はロングヘアに戻っていますが、本人もショートの方が落ち着くと言っており、また見られる機会があると思います。





秋元真夏

FullSizeRender


セミロングのイメージが強い2代目キャプテン、秋元真夏

​比較写真が、昔と最近で差がありすぎて申し訳ありません。笑

年月を流れを感じてしまいますが、ロングはそれほど初期の頃だったという事ですね。

黒髪ロングの初々しい感じが、今や色気も感じさせるお姉さんになりました。

最後は1期生の現キャプテンで締めさせて頂きたいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございます。





まとめ


IMG_1644

乃木坂も今年で10年目を迎え、当然ながらメンバーの髪型も様々変化しました。

メンバーによって本当に印象が異なり、まさに十人十色という感じです。

女性の髪型の変化に気がつく男性はモテるという事で、
今後も髪型の変化には注目していきましょう!笑

あやめんのショートしか勝たん。




『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『乃木坂46の各世代別メンバー』をまとめてご紹介していきたいと思います。




1992年組 

IMG_0637

🔲メンバー
⊿松村沙友理 ⊿橋本奈々未 ⊿白石麻衣 ⊿衛藤美彩


最強との呼び声高いこの4人!

実際古参の方々は確実にこの世代でしょう!


『全員が福神メンバー経験があり、
乃木坂トップレベルの人気メンバー』です。



伝説のななみんまいやんがおり、御三家メンバーがいる時点で、 『選抜』という意味で競ったら圧勝です。
ちなみに、全メンバーが写真集を出版しています。


現在はまいやんが卒業をし、残るメンバーはさゆりんのみとなってしまいましたが、乃木坂を築き上げたこのメンバー達は永遠に語り継がれるでしょう。  


1993年組 

IMG_0640

🔲メンバー
⊿伊藤かりん ⊿秋元真夏 ⊿斉藤優里 ⊿高山一実 ⊿西川七海


続いて見事に 『右肩上がりの身長差』
作りあげる【93年組】



坂道グループとしては、身長差で坂道を
イメージするこの世代も稀有でしょう。


センター経験者は秋元真夏(表題ではない)のみとなり、選抜常連も高山一実を含めた2人ではありますが、13金センターのゆったんやカリントウ饅頭の伊藤かりんなど乃木坂の良さを引き出しているメンバーが多い世代です。


真夏は2代目キャプテンでもあります。


1994年組 

IMG_0639

🔲メンバー
⊿中田花奈 ⊿桜井玲香 ⊿永島聖羅 ⊿西野七瀬  ⊿井上小百合 ⊿若月佑美 ⊿能條愛未(⊿大和里菜 ⊿柏幸奈



 『最多福輩出率を誇る』【94年組】



◉中田花奈
初期にはフロントを務め、アンダーセンターも経験したかなりん
ダンスでの表現力が魅力であり、卒業間近には待望の写真集も出版しました。



◉西野七瀬
乃木坂センター経験回数トップであるなーちゃん。ソロ曲も非常に多かったですね。



◉桜井玲香
そして初代キャプテンを務めた玲香
透き通る歌声でファンを魅力し、2回も写真集を出版しました。「ターコイズのリング」選手権、1位です。


その他選抜常連であるメンバーが多いこの世代も素晴らしい。
さゆにゃん若月も写真集出版をしており、
メディアでは、「華の94年組」と呼ばれていました。


キャラが濃いメンバーが多い世代ですね。


1995年組 

IMG_0636

🔲メンバー

⊿伊藤万理華  ⊿生駒里奈 ⊿川村真洋 (⊿市來玲奈 ⊿畠中聖羅 ⊿伊藤寧々 ⊿吉田綾乃クリスティ

​この世代も渋いですねぇ〜!


◉生駒里奈
乃木坂を作り上げた初代センター生駒ちゃん
「乃木坂に入らなかったらこんなに泣かなかっただろうね、でも乃木坂に入らなかったら
こんなに素敵な仲間に出会うことも
無かったんだろうね。
生駒、乃木坂に入ってくれてありがとう 
by設楽さん」



◉伊藤万理華
独特の世界観で乃木坂ファンを魅了したまりっか
ソロ曲もあり、卒業後はファッションの世界で新たな風を吹かせています。
特に推しではない人も、みんなまりっか好き
ですよね。



◉川村真洋
そしてダンス好きやねん〜ろってぃ
乃木坂の中でも一際歌唱力が高かったメンバー。
今はk-popの世界で新たなチャレンジをしている様ですね。

非常にバランスの取れた素敵な世代です。 


1996年組 

5005

🔲メンバー
⊿北野日奈子 ⊿堀未央奈 ⊿生田絵梨花 ⊿中元日芽香 ⊿斎藤ちはる


はい来ました【96年組】


◉生田絵梨花
メンバーから「天才」との評価をされており、センター経験もある(何度目の青空か)生ちゃん
写真集を2回出版し、圧倒的な努力と音楽センスで、外の仕事にも引っ張りだこです。
卒業後も全く心配ないメンバーの1人です。


◉中元日芽香
選抜回数こそ少なかったですが、選抜メンバーに負けず劣らずの人気を博し、握手会の売れ行きからもファンは非常に多かった様です。

当然でしょう、ルックス・歌唱力・ダンス・人格どれを取っても最強ですからね。
もっと見ていたかったというのが正直な気持ちですが、今も心理カウンセラーとして
頑張っている様ですね(ひめたん推しより)。



◉北野日奈子
選抜常連になりつつある人気メンバーの1人きいちゃん​。
アンダーセンターはもちろんの事、2期生を代表するメンバーとして君臨しています。
写真集も出版しています。
メディア出演はそこまで多くないですが、未央奈が卒業した後、乃木坂を引っ張っていくメンバーはあなたです。



◉堀未央奈
2期生のトップでセンター経験もある(バレッタ)未央奈
26thシングル収録の「冷たい水の中」で卒業ソロ曲を出しました。
最後にセンターを務めた、卒業ライブを見たかったですね。
卒業おめでとう。


◉斎藤ちはる
ビジュアルだけでなくインテリで現アナウンサーであるちーちゃん


この世代は個人的に1番好きです。
きいちゃんひめたんという二大巨頭がいますからね。

これからより成長していくであろうきいちゃんと、卒業時センターも十分にありえる生ちゃんから目が離せない世代です。


ひめたん〜び〜む!!!!


1997年組 

IMG_0632

🔲メンバー
⊿川後陽菜 ⊿相楽伊織 ⊿樋口日奈 ⊿星野みなみ ⊿山崎伶奈 ⊿佐藤楓


渋い!渋すぎる!
いい意味でね!



◉川後陽菜
卒業時に記念トークイベント「ひなめろらんど」を開催し、モデル業もこなしていた川後
選抜こそ少なかったですが、バラエティでは多くの視聴者を楽しませてくれました。

◉相楽伊織
2期生として加入し、乃木坂を後世に伝えてくれた相楽

◉樋口日奈
アンダーセンターを務めた事もあり、今や数少ない1期生メンバーとして乃木坂を作り上げて来た、ひなちま

◉星野みなみ
選抜常連で生生星としてフロント経験ありもある最強天使、みなみちゃん


◉山崎伶奈
慶應でQサマにも出演するほどの才色兼備、
歴女れなち

◉佐藤楓
そして片言ロボットでんちゃん。選抜経験もあり(お寿司は好きと言っているが生魚は食べられない)。


選抜経験の数でいうと確かに他の世代に劣ってしまいますが、メンバー1人1人が個性的で素晴らしい世代です。


1998年組 

IMG_0634

🔲メンバー
⊿伊藤純奈 ⊿寺田蘭世 ⊿鈴木絢音 ⊿齋藤飛鳥 ⊿佐々木琴子 ⊿梅澤美波 ⊿田村真佑(⊿弓木奈於 ⊿和田まあや)


 『顔面偏差値が高い』98年組!



◉齋藤飛鳥
今や乃木坂センター常連で乃木坂の顔となっている飛鳥ちゃん

◉梅澤美波
選抜常連でありセンター経験(空扉)もある
梅澤
「映像研には手を出すな」では、飛鳥美月と共に映画出演をし、26thシングル「僕は僕を好きになる」ではフロントも務める代表メンバーです。

◉佐々木琴子&鈴木絢音
二大ビジュアルクイーンである琴子絢音


◉寺田蘭世
選抜経験もあり、熱い姿でファンを魅了する蘭世。「ひめたん大好き」の伝説を作り、今でもブログ等でその愛を表現してくれる最高のメンバーです(ひめたん推しより)。

◉伊藤純奈
舞台女優で男装では引っ張りダコのイケメン純奈

◉田村真佑
4期生の最年長お姉さんで頭が弱い真佑ちゃん
26thシングルでこちらも初選抜に選ばれ、今後が楽しみなメンバーの1人です。


やはり顔面偏差値が高い!
ついに4期生が出てきて、ポテンシャルを非常に感じる世代です。


1999年組 

IMG_0633

🔲メンバー
⊿大園桃子 ⊿山下美月 ⊿渡辺みり愛 ⊿向井葉月 



続いてこちら【99年組】


◉大園桃子
「逃げ水」でセンターを務め、その後も選抜
常連の桃子
26thシングルでは、遠藤さくらとのユニット曲「友情ピアス」でユニットを結成しました。
癒し声コンビで聴覚が全回復します。
46時間TVで歌った「変わらないもの」も
最高です。

◉山下美月
「映像研には手を出すな」で映画出演を果たし、26thシングル「僕は僕を好きになる」で
初センターを務めた美月
今や飛ぶ鳥落とす勢いでメディア出演し、写真集出版、ヒルナンデスレギュラーなど一般人への知名度も上がって来ていると思われます。

◉渡辺みり愛
2期生として乃木坂を引っ張ってきた、みり愛ちゃん
ダンスが持ち味で、アンダー曲「風船は生きている」ではセンターを務めた。
また、モノマネでも才覚を発揮し、内輪ウケモノマネでは常連です。
それだけ常日頃からメンバーを見てあげているという事ですね。

◉向井葉月
3期生の元気の源、葉月
バラエティでは常に皆を笑わせ、特に3期生から愛されている事が見ているこちらにも伝わってきます。
選抜経験はありませんが、これからも持ち前の明るさで皆を元気にしてあげてほしいです。
葉月の選抜も楽しみです。


世代交代の一手としてセンターに抜擢された美月をはじめ、さらなる飛躍を感じさせる
世代です。



※続いての【2000年組】が抜けており申し訳ありません。
3期生 与田祐希・4期生 早川聖来の2人です。
更新までしばらくお待ち下さい、、。


2001年組 

IMG_5661

🔲メンバー
⊿金川紗耶 ⊿阪口珠美 ⊿久保史緒里 ⊿遠藤さくら ⊿賀喜遥香(⊿中村麗乃 ⊿北川悠理 ⊿佐藤璃果) 


 『ポテンシャルを非常に感じる、これからが本番』【2000年組】


選抜という意味で
 92年組を超える可能性が
1番高い年代なのではないか

と思っています。


◉金川紗耶
モデルを務めるほどのルックスとは裏腹に、どこか抜けている天然さを兼ね備えた、やんちゃん
やんちゃなやんちゃんですが、今後の選抜に期待大です。

◉阪口珠美
26thシングルのアンダー曲「口ほどにもないKISS」でセンターを務めた珠ちゃん存在を忘れられる事が多いですが、「阪口、ここにいます。」

◉久保史緒里
3期生楽曲「毎日がBrand new day」で初センターを務め、今やフロントメンバーを務める乃木坂の中心メンバー久保ちゃん

◉遠藤さくら
24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」で4期生初のセンターを務めた、乃木坂期待の星、さくちゃん
まいやん卒業後もどこか安心なのは、この子の存在でしょう。

◉賀喜遥香
同じく4期生として、初シングルでフロントを務め、4期生楽曲「I see...」でセンターを務めた、かきちゃん。さくちゃんと同じく今後の乃木坂の中心メンバーです。


その他の3、4期生メンバーも含め、この世代のルックスと完成度は異常なくらい高いと思います。
選抜の中でもフロントに君臨し、乃木坂の世代交代を任されている中心メンバーが勢揃いといった感じです。

これからが楽しみで仕方ありません。


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『掛橋沙耶香の個人PV『拾ってください』についてまとめました。






個人PV「拾ってください」

IMG_1591
⚫︎23rdシングル『Sing Out!』(2020年5月29日発売)TYPE-Aに収録された4期生 掛橋沙耶香の個人PV『拾ってください』


出演:掛橋沙耶香さん(捨て猫役)と川合諒さん(男子高校生役)
監督:宇野まほみさん
作詞/作曲:猪瀬まな美さん

作詞/作曲を担当した猪瀬まな美さんはノラネコデザインという東京都渋谷区にあるデザイン事務所のグラフィックデザイナーの方です。
この作品を担当した事について以下の様に語っています。
ノラネコデザインとして、ノラネコを題材とする作品に関われて、
大変しあわせに思っています。かわいすぎるネコ掛橋さんの、
尻尾を動かすという大変光栄なお仕事も担当しました(笑)
掛橋さんは繊細で透き通るような本当に美しい歌声で、
ギターもとても上手にカッティングやアルペジオのアレンジ
までしてくださり、とても感動しました。
今回は撮影現場での一発弾き語り録音でしたし、
ボーカル補正などの調整もしていません。
ー本人Twitterよりー




また監督を務められた宇野まほ美さんはこの作品を担当した事について以下の様に語っています。


掛橋沙耶香さん
本人も、自身のブログで今回の作品について以下の様に綴っています。
今回ありがたいことに
4期生の楽曲「4番目の光」と
4期生の個人pvも収録させて頂いています
IMG_1593
私の「拾ってください」は
Type-Aに入っております
 
色々な被り物とかメイクに挑戦しているので
是非ご覧ください(U 'ᴗ' U)
https://blog.nogizaka46.com/fourth/smph/2019/05/050972.php






本編文字起こし

FullSizeRender


男:「えっと…微分の式は、sin-1乗の√1ーx、2乗分の…」


さ:「にゃー!」


男:「2乗分のにゃー。…って何だそれ!」


さ:「にゃー!」(段ボールに入り猫耳をつけた、さあちゃん登場)


男:「え?拾ってくださいbyネコ、、いや猫じゃない猫じゃない!

   何、何をしているんですか?」


IMG_1588

IMG_1592

さ:「ネコだにゃ〜!拾ってくれないかニャ?」


男:「可愛い…じゃなくて!あの、こんな所に女の子が捨てられてるなんて

   大問題だし、ましては僕が女の子を拾うなんて出来ません!」


さ:「ダメかニャ〜?」


男:「誰か別の良い人に拾われて下さい…!」


さ:「あ!ふぅ〜。つれないのニャ〜。」



〜〜〜〜次の日〜〜〜〜


男:「please pick up that pen there. えっと〜、そこにあるペンを…」


さ:「拾って下さい!」(サイの着ぐるみ)


IMG_1586



男:「正解!10ポイント!

  って何で!朝はいなかったのに!」


さ:「拾ってくだ〜サイ!」


男:「ダメです!ダジャレのレベルが低すぎます!」


さ:「じゃあ…拾ってくだ〜埼玉!」


男:「うん、もっとダメです!僕、千葉県出身なんで!」


さ:「あ〜。難しいたけ〜。」



〜〜〜〜また次の日〜〜〜〜

さ:「どんぶらこっこ〜どんぶらこ!どんぶらこっこ〜どんぶらこ!
   どんぶらこっこ〜どんぶらこ!」

男:「今日は何なんですか?」

さ:「ん〜パッカ〜ン!ご存知!岡山名物、桃太郎です!」


IMG_1595

男:「僕じゃなくてお爺さんとお婆さんが拾ってくれますから!」

さ:「ん〜〜〜。」


〜〜〜〜またまた次の日〜〜〜〜

男:「やっぱこっちか〜…」
  (違う道から帰ろうとするが、工事中で結局同じ帰り道に)

さ:「沙耶香。拾わないとあなたの事、呪う。」
  (ホラーチックなメイクと衣装、手にはハサミ)

IMG_1585
男:「めちゃくちゃ怖いんですけど!」

さ:「ひろ、え。ひろ、え。」

男:「ああああああーーー!」(恐怖で逃げる)

さ:「ひろ、え。」

〜〜〜〜そのまた次の日〜〜〜〜

いつもの帰り道。ギターで弾き語りをする掛橋の歌声が聞こえてくる。


IMG_1587
さ:「いつかあなたに気づいて貰えるまで、私は待っているここでずっと〜
      あなたに選んでもらいたいの、あなたの笑顔を側で見たいから〜
      だから私を拾って、拾って拾って拾って拾ってください〜」

男:「ファビュラス!エクセレント!(拍手)
   …拾わないけど!」

さ:「拾わないんかーい!」


〜〜〜〜さらに次の日〜〜〜〜

男:「よし、今日こそビシッと言ってやるぞ!」

  いつもの帰り道に掛橋の姿がない。あるのはいつも入っている段ボールだけ。
  周りを確認しながら男は、段ボールのもとへ歩み寄る。

男:「やっと諦めたか。」

  通り過ぎようとするが、気になって段ボールの中を覗くと、そこには置き手紙が。


さあちゃんが実際に手紙を書いているシーンと共に、さあちゃんの声で文章が読み上げられる。
IMG_1583

【手紙の内容】
いつも拾わせようとして、ごめんなさい。
あなたがいつも、下を向いて歩いていたから
外の景色に気付いてもらいたかったの。
まだまだおもしろいことが、この世界にはたくさんあるんだよって。
それで、あなたに拾ってもらえなかった私も
ひょんなことから芸能界に拾われてアイドルになっちゃいました!
乃木坂46の4期生、掛橋沙耶香です!
以後、お見知りおきを!



男:…そんな…僕のために。さ、さやかぁぁぁぁぁ〜〜!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オシャレにティータイムを楽しむ4期生の制服を着たさあちゃん
IMG_1584
さ:「ん?なんか聞こえた?まぁいっか!」




作中歌詞・手紙の内容

⚫︎「拾ってください」の歌詞
出演:掛橋沙耶香/川合諒
企画:澤田桃子
監督:宇野まほみ
撮影:渡邉拓海
録音:蓬田智一
美術:猪瀬まな美(ノラネコデザイン)
作詞・作曲:猪瀬まな美(ノラネコデザイン)
『拾ってください』
いつかあなたに気づいて貰えるまで、私は待っているここでずっと。
あなたに選んでもらいたいの、あなたの笑顔を側で見たいから。
だから私を拾って、拾って拾って拾って拾ってください。

⚫︎手紙の内容
【手紙の内容】
いつも拾わせようとして、ごめんなさい。
あなたがいつも、下を向いて歩いていたから
外の景色に気付いてもらいたかったの。
まだまだおもしろいことが、この世界にはたくさんあるんだよって。
それで、あなたに拾ってもらえなかった私も
ひょんなことから芸能界に拾われてアイドルになっちゃいました!
乃木坂46の4期生、掛橋沙耶香です!
以後、お見知りおきを!


まとめ

IMG_1590



4期生の個人PVはどれも素晴らしく、優劣付け難いのですが、

個人的に
・遠藤さくらの「わたしには、なにもない」
・筒井あやめの「アイドル開幕宣言」
・掛橋沙耶香の「拾ってください」
の3つは特に好きな作品となっています。

この作品は、加入から間もない、彼女の初々しさが感じられます。
普段は見られない様々な衣装や着ぐるみ、そして何と言っても、特技のギター弾き語り。
震えるような繊細で初々しいウィスパーボイスが本当に真っ直ぐで儚く美しく、あの瞬間の等身大の彼女の「路上ライブ」を至近距離で聴いているかのような緊張感ある音源となっています。



また、実際に芸能界に拾われ、アイドルとして遠い存在となってしまうエンディングも現実と重ねられて何とも感慨深いです。



個人PVの音源化、もしくはライブのミニコーナーなんかで披露して欲しいです。





↑このページのトップヘ