google-site-verification=rzL2XcVyyduZYjJ6fq_Q2iJ719g7JcTsSqQK225Dsjw

今、話したい坂道がいる

坂道グループに関して日々楽しく語っていきます

カテゴリ: 乃木坂46


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『5月11日放送の乃木坂工事中』について語っていきたいと思います!



いきますよ〜乃木中~びーむ♪


内容は、
過去の放送から #バナナマン の日村が選んだ「#日村工事中」
でした!



今回の個人的お気に入りシーンがこちら!






ひめたん×きいちゃん



制服をみた瞬間にハダサマだと分かり、テンションが爆上げしました。(私の推し2人が選抜)

日村さん、ありがとうございます!!

念願の選抜入り果たし、この時のひめたんは気合たっぷりで最高なんです。
この2人のやりとりが見られるのも意外と貴重なんですよね。

5005
5005



−何気ない1コマに映る最強メンツ−
5005




IMG_1058

なあちゃんとひめたんがシンクロニシティ



みんな良い笑顔です。





内輪ウケものまね

5005

日村さん、チョイス良すぎました。

内輪ウケものまねと言えば、私の中ではひめたんですからね。笑



IMG_1029
これは今でも健在なんでしょうか。笑
ライブで次回確認してみようと思いました。


今回の放送には無かったひめたんシリーズ
5005
50055005


みんなに愛されている証拠でしょう。
一度で良いから、ひめたんのいる「扇風機」をライブで見たかったです。

5005
あああって言いたくなる〜♪(あああああ)



IMG_1061
ニャンちゅうの舞





神宮侵入

日村工事中には外せない回ですね。

5005
5005
5005

私はこのライブに行ってないのですが、
画面越しからも伝わる、この興奮を生で味わって見たかったです、、!
IMG_1062
みんなそれぞれポーズが可愛いですね。
まいやんの太もも見過ぎですよ。


5005
きいちゃんかわゆす。



ワイプに移る万理華の顔が丸い。丸すぎる。
50055005



きいちゃんも幼い。この髪型が好きです。
50055005



日村さんセレクトはバラエティ色が一層強いように感じました。



IMG_1022



まとめ

 IMG_1073
↑不審者を見つけた生駒ちゃん


いかがだったでしょうか?
皆さんが思う今回の乃木中お気に入りシーンをコメントいただけると幸いです。

次回の #乃木坂工事中 は… 
「vsバナナマン」編として、メンバーと設楽&日村に巻き起こった数々の衝突をまとめて大公開!
です。  


次回も是非立ち寄ってみて下さい!
それでは!


5005


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 16thシングル『サヨナラの意味』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜ななみん~ビーム♪



サヨナラの意味 選抜メンバー


20161026224741

センターは今作で卒業の橋本奈々未。


センター隣は西野七瀬、白石麻衣。


両端には高山一実と生田絵梨花と文句なしのフロント。


3列目には2作連続で選抜入りを果たした北野日奈子、中元日芽香(ひめたん)、新内眞衣。


また14thシングル以来の選抜入りとなる伊藤万理華も3列目に選抜入りを果たしています。


まいやんと並び乃木坂のエースとして引っ張ってきた橋本奈々未ですが、センターは今作で初めて。


ファンが長年期待していたななみんのセンターですが、表題曲では最初で最後となりました。


ちなみに収録曲での幻のななみんセンター曲と言えば、7thシングル収録の「やさしさとは」になります。




サヨナラの意味 歌詞とMV内容






とある村に住む、感情の起伏によって体からトゲが出てくる「棘人(しじん)」と出ていない一般人の2種類の人種が、互いに恐れてはいるが年に一度のお祭りでは協力し合う、という内容のMVになっています。


棘人は橋本奈々未、一般人は西野七瀬が中心となってストーリーが展開しています。



そして歌詞ですが、橋本奈々未卒業シングルということもあり、題名からもわかる通り、 『別れ』について歌ったものとなっています。


別れに関しては、歌詞の内容をそのままに解釈をすると、


 『恋人(大切な人)との別れ』、橋本奈々未の卒業を加味して解釈すると 『アイドル(今作は橋本奈々未)の卒業』について綴られています。


o0808043013778271958


〈1番の歌詞〉



 電車が近づく 気配が好きなんだ
 高架線のその下で耳を澄ましてた





主人公の「僕」は恋人と待ち合わせをしています。

恋人を待っているその時間と恋人が乗っている電車が近づいてくる感じが好きだそうです。




 歳月の流れは(歳月の流れは)
 教えてくれる(教えてくれる)
 過ぎ去った普通の日々が
 かけがえのない足跡と





これから恋人と会えるというのにどこかこの歌詞からは悲しみを感じます。

主人公は何かを感じ取っていたのかもしれません。


(2番の歌詞)



 電車が通過する 轟音と風の中
 君の唇が動いたけど 聞こえない


 静寂が戻り 答えを待つ君に
 僕は目を見て微笑みながら頷いた



この歌詞からなんとなく主人公は恋人から別れを告げられたのかな?

と読み取ることが出来ますね。

先ほどの歌詞は、恋人から別れを告げられるのを察していたのかもしれません。

そんな心の準備をしていたので、別れを受け入れることが出来たのかもしれません。


そしてここからそんな主人公の別れに対しての気持ちがサビでつづられます。


〈1番サビ〉



 サヨナラに強くなれ 
 この出会いに意味がある
 悲しみの先に続く 僕たちの未来

 始まりはいつだって そう何かが終わること
 もう一度君を抱きしめて
 守りたかった愛に代わるもの





〈2番サビ〉



 サヨナラを振り向くな
 追いかけてもしょうがない
 思い出は今いる場所に 置いて行こうよ

 終わることためらって 人は皆立ち止まるけど
 僕たちは抱き合ってた
 腕を離してもっと強くなる





僕は恋人との別れを受け入れて未来に向けて切り替えています。

ここまで受け入れられている主人公はすごいですね。

そしてこの歌詞は、アイドルの卒業に関しても言えることですね。

大エースとして白石麻衣とともに乃木坂を引っ張ってきた橋本奈々未。

そんな彼女の存在はファンとグループどちらからしても大きく、卒業の悲しみはとても大きいものです。


しかし、


サヨナラに関して悲観的になるのではなく、新しい未来が始まるために必要なものだと、前向きにとらえよう


ということを歌っています。


恋人との別れ、メンバーの卒業、どちらの意味にしてもこの歌詞はとても前向きなものになっています。


これだけ前向きすぎると、別れを惜しむのはいけないことなの?と思ったり、この主人公は何でこんなにドライなんだと思うかもしれません。

こちらの歌詞に続きます。




 躊躇してた間に陽は沈む(切なく)
 遠くに見える鉄塔ぼやけてく(確かな距離)
 君が好きだけど(君が好きだけど)
 ちゃんと言わなくちゃいけない
 見つめあった瞳が星空になる





別れを躊躇している間になんと日が沈み夜になってしまいました。


恋人のことは好きだけど「じゃあね。」と一言を言い出すことが出来ません。


これまでの歌詞だけ見るとなかなかドライで現実を素直に受け入れられる主人公のように思えましたが、それはほんの強がりで、気持ちで受け入れられてもやはり別れの一歩踏み出せません。


〈大サビ〉



 サヨナラは通過点
 これからだって何度もある
 後ろ手でピースしながら
 歩き出せるだろう君らしく…





誰だって別れは辛いものですが、これから何度も別れはありますし、別れがあるからこそ何かが始まります。


このサヨナラによって


君(恋人)の明るい未来を願い、君らしく歩いて行けるという主人公の君への思いやりと優しさ


を感じることが出来ます。


これこそがサヨナラの意味であり、この出会いに意味があるという歌詞が意味することなんだと思います。



まとめ


IMG_7464


いかがだったでしょうか?


最初で最後の橋本奈々未センター曲、歌詞もとてもメッセージ性が強いものとなっています。


合唱曲としても愛されているこの楽曲、多くのファンから今でも愛されている曲であり、私自身も大好きな曲です。


別れというネガティブな印象のあるものにも美しさや幸せを見出しているこの楽曲は、まさに乃木坂らしさがギュっと詰まっていると思います。


世代交代が進む乃木坂46において、この偉大なメンバーが務めた美しい楽曲のセンターを誰が引き継ぐのかも注目ポイントのように思えます。


では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございます。


 おすすめ記事






どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。



2020年5月5〜7日で配信した真夏の全国ツアー2017 IN TOKYO DOMEの特別配信。
(まいやんの卒業ライブを予定していた日程が延期になった事で企画されたライブ配信)


運営さんの配慮と企画力には感謝で一杯
ですが、その中でも

  「配信2日目に行った乃木坂46公式Twitterアカウントでの各メンバーのツイート」

には感銘を受けました。



このライブを行った2017年、当時まだ加入をしていなかった4期生メンバーのツイートは胸に来るものがありました。
着実に実力と人気を上げ、ようやくたどり着いた初の東京ドームライブ。

そんな先輩方の姿は4期生メンバーにどう映ったのか。



※矢久保ちゃんはツイートが無かったため、ブログでのコメントを載せておきます。




遠藤さくら

5005




FullSizeRender
引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)



賀喜遥香

5005




FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


筒井あやめ

5005



FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


早川聖来

5005




FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


金川紗耶

5005




FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


清宮レイ

IMG_0990




FullSizeRender
FullSizeRender


引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


田村真佑

5005



FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


柴田柚菜

5005



FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


北川悠理

5005



FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


掛橋沙耶香

5005



FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)




矢久保美緒


5005



当時ファンだった私は学校帰りに1人で走って東京ドームに向かい、泣きながら帰った記憶があります。
唯一撮った写真です。
 
乃木坂 大好きです。

引用:#おうちでドーム しましょう(^^) | 乃木坂46 矢久保美緒 公式ブログ





o0767043513695069102


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 15thシングル『裸足でsummer』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜はださま~ビーム♪



裸足でsummerの歌詞・MVの内容


8277160b


アイドルの夏曲と言えばキラキラでアゲアゲで、聴いているだけでテンションが上がってしまうような曲をイメージするかと思います。


乃木坂の夏曲もこれまではそういった夏曲ばかりで、どの曲も聴いているとテンションが上がりますね。


しかし、裸足でサマーは同じ夏曲ではありますが、歌詞はあまりキラキラしていないという変わったものとなっています。





イントロも、これまでの太陽をガンガンに浴びているようなノリノリの感じとは違い、どちらかというと日陰で風に吹かれながら冷たい飲み物を飲んでいるような、涼しげなものになっています。


歌詞の内容は、


裸足になってどこかへ行ってしまうような天真爛漫でわがままな女の子に振り回されているけれど、そんな女の子に恋をしている僕。


そんな僕の気持ちは気づかれておらず、女の子に片思いをしている。


といったものです。


普通の夏曲であれば、


好きな女の子に対して思いを伝えよう!!


となるかと思いますが、この曲は、


君が裸足になるなら僕も裸足になるし、どっか行くなら僕も一緒についていくよ。


自分の気持ちは隠したままだけど、君といられれば素直になれるし楽しい。


こんな感じだけどいつかはちゃんと話せるかな



となんとも内気で草食系な男子を歌ったものとなっています。


それもそのはず。今回の裸足でsummerでは、自身初となる齋藤飛鳥がセンターを務めています。


この夏で思いっきりはしゃがずにゆったり過ごしている感じがなんとも飛鳥っぽくてあっているように思います。


しかしそんな裸足でsummerですが、ライブでは「Heyyyぃぃぃl!!!」の掛け声やそれに合わせてタオルを上にあげるなどでとても盛り上がります。


そのジーンと来る曲調も含め、ファンからは人気の高い1曲となっています。



そして今回のMVですが、撮影地は沖縄県の名護市。


メンバーはインディアンっぽい飾りや帽子などをつけています。


涼しげな格好でヒッチハイクをしたりブランコに乗ったり花火をしたりと、自然豊かな映像の中に夏を満喫して楽しんでいるメンバーが印象的です。


しかし、そんな映像の中に気になるものが。


20170520212353


サビのダンスシーンでの海辺なのですが、泥水?と疑ってしまいますね(笑)


飛鳥本人もその茶色さを少し気にしているようでした。


48776e09-s



裸足でsummer 選抜メンバー


裸足でsummerの選抜メンバーはこちら。


nogizaka46-formation-15th


今作初めてセンターを務める飛鳥の両脇を西野、白石の2大エースでさせており、フロント両脇は橋本、生田と実力派で固めており、このフロントのスキが1つも見つかりませんね(笑)


選抜メンバーは16人とそんなに多くはない中、あるメンバーが選抜入りを果たしています。


Cnk6CDgUsAAdFLT


そう、ひめたんです。


その人気とパフォーマンスとは裏腹に、7th以来選抜入りを果たしていなかったひめたん。


ここへきて悲願の選抜入りを果たしました。


乃木坂ファンであれば、ひめたんが再度選抜入りを果たしたこのシングルは、なかなか思い入れがあるのではないでしょうか?




まとめ


いかがだったでしょうか?


歌詞的には少し変わっているけれど、センターの齋藤飛鳥らしさが歌詞とリンクしており乃木坂っぽさもある夏曲の裸足でsummer。


聴いていると主人公のぎこちない感じから何かしんみりしますよね。


ライブでも盛り上がる、最高の夏曲です。


では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございました。


 おすすめ記事



どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『乃木坂の魅力あふれる歌詞「恋愛編」』をご紹介したいと思います。



FullSizeRender



好きな歌詞・感動する歌詞まとめ『人生編』はこちら





乃木坂の歌詞は、切なく哀愁を感じさせるものが多く、
ポジティブな内容であってもどこか、もの悲しさを覚える
秋元マジックがかけられています。

この記事を読んでみなさんも秋元マジックの虜になること間違いなし。



いきますよ〜やすしん~びーむ!


FullSizeRender



共感や哀愁を感じさせる歌詞一覧



IMG_0735

たとえ その花に 僕も目を奪われ心惹かれても…
裏切れないよ 遅すぎたんだ
その花は彼のもの
                               〜君に贈る花がない〜








IMG_0736

諦めるなら1人でいいけど、夢を見るなら君と一緒がいい
          〜今、話したい誰かがいる〜







5005

つづく僕たちの未来は
あの日見た夢の待ち合わせ
                                       〜つづく〜







5005

永遠分の一を私にください
Stay with me
                      〜サヨナラstay with me〜







IMG_0738
愛は与えるものと
君を見てて思った
                          〜ハルジオンが咲く頃〜







5005

レギュラー取るから見に来て欲しい
約束しちゃったからね
君は“負けるな”って叫んでいた
                        〜大嫌いなはずだった〜







5005

いつか夢がやっと叶った時
私は思い出すわ ひとつ捨ててひとつ手にした
これで これで よかったか教えて
ひとりよがり
                              〜ひとりよがり〜







IMG_0739

あぁ否定したって
まぶたを閉じれば君が思い浮かぶ
                               〜失いたくないから〜







IMG_0744

何度も着たTシャツは
首の辺り 伸びているけど
胸に強く抱いた 君のことは
忘れられない
                               〜ひと夏の長さより〜







5005

わざと遠い場所から君を眺めた
だけど時々 その姿を見失った
24時間 心が空っぽで
僕は一人では
生きられなくなったんだ
                                 〜君の名は希望〜

↑このページのトップヘ