5005


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 16thシングル『サヨナラの意味』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜ななみん~ビーム♪



サヨナラの意味 選抜メンバー


20161026224741

センターは今作で卒業の橋本奈々未。


センター隣は西野七瀬、白石麻衣。


両端には高山一実と生田絵梨花と文句なしのフロント。


3列目には2作連続で選抜入りを果たした北野日奈子、中元日芽香(ひめたん)、新内眞衣。


また14thシングル以来の選抜入りとなる伊藤万理華も3列目に選抜入りを果たしています。


まいやんと並び乃木坂のエースとして引っ張ってきた橋本奈々未ですが、センターは今作で初めて。


ファンが長年期待していたななみんのセンターですが、表題曲では最初で最後となりました。


ちなみに収録曲での幻のななみんセンター曲と言えば、7thシングル収録の「やさしさとは」になります。




サヨナラの意味 歌詞とMV内容






とある村に住む、感情の起伏によって体からトゲが出てくる「棘人(しじん)」と出ていない一般人の2種類の人種が、互いに恐れてはいるが年に一度のお祭りでは協力し合う、という内容のMVになっています。


棘人は橋本奈々未、一般人は西野七瀬が中心となってストーリーが展開しています。



そして歌詞ですが、橋本奈々未卒業シングルということもあり、題名からもわかる通り、 『別れ』について歌ったものとなっています。


別れに関しては、歌詞の内容をそのままに解釈をすると、


 『恋人(大切な人)との別れ』、橋本奈々未の卒業を加味して解釈すると 『アイドル(今作は橋本奈々未)の卒業』について綴られています。


o0808043013778271958


〈1番の歌詞〉



 電車が近づく 気配が好きなんだ
 高架線のその下で耳を澄ましてた





主人公の「僕」は恋人と待ち合わせをしています。

恋人を待っているその時間と恋人が乗っている電車が近づいてくる感じが好きだそうです。




 歳月の流れは(歳月の流れは)
 教えてくれる(教えてくれる)
 過ぎ去った普通の日々が
 かけがえのない足跡と





これから恋人と会えるというのにどこかこの歌詞からは悲しみを感じます。

主人公は何かを感じ取っていたのかもしれません。


(2番の歌詞)



 電車が通過する 轟音と風の中
 君の唇が動いたけど 聞こえない


 静寂が戻り 答えを待つ君に
 僕は目を見て微笑みながら頷いた



この歌詞からなんとなく主人公は恋人から別れを告げられたのかな?

と読み取ることが出来ますね。

先ほどの歌詞は、恋人から別れを告げられるのを察していたのかもしれません。

そんな心の準備をしていたので、別れを受け入れることが出来たのかもしれません。


そしてここからそんな主人公の別れに対しての気持ちがサビでつづられます。


〈1番サビ〉



 サヨナラに強くなれ 
 この出会いに意味がある
 悲しみの先に続く 僕たちの未来

 始まりはいつだって そう何かが終わること
 もう一度君を抱きしめて
 守りたかった愛に代わるもの





〈2番サビ〉



 サヨナラを振り向くな
 追いかけてもしょうがない
 思い出は今いる場所に 置いて行こうよ

 終わることためらって 人は皆立ち止まるけど
 僕たちは抱き合ってた
 腕を離してもっと強くなる





僕は恋人との別れを受け入れて未来に向けて切り替えています。

ここまで受け入れられている主人公はすごいですね。

そしてこの歌詞は、アイドルの卒業に関しても言えることですね。

大エースとして白石麻衣とともに乃木坂を引っ張ってきた橋本奈々未。

そんな彼女の存在はファンとグループどちらからしても大きく、卒業の悲しみはとても大きいものです。


しかし、


サヨナラに関して悲観的になるのではなく、新しい未来が始まるために必要なものだと、前向きにとらえよう


ということを歌っています。


恋人との別れ、メンバーの卒業、どちらの意味にしてもこの歌詞はとても前向きなものになっています。


これだけ前向きすぎると、別れを惜しむのはいけないことなの?と思ったり、この主人公は何でこんなにドライなんだと思うかもしれません。

こちらの歌詞に続きます。




 躊躇してた間に陽は沈む(切なく)
 遠くに見える鉄塔ぼやけてく(確かな距離)
 君が好きだけど(君が好きだけど)
 ちゃんと言わなくちゃいけない
 見つめあった瞳が星空になる





別れを躊躇している間になんと日が沈み夜になってしまいました。


恋人のことは好きだけど「じゃあね。」と一言を言い出すことが出来ません。


これまでの歌詞だけ見るとなかなかドライで現実を素直に受け入れられる主人公のように思えましたが、それはほんの強がりで、気持ちで受け入れられてもやはり別れの一歩踏み出せません。


〈大サビ〉



 サヨナラは通過点
 これからだって何度もある
 後ろ手でピースしながら
 歩き出せるだろう君らしく…





誰だって別れは辛いものですが、これから何度も別れはありますし、別れがあるからこそ何かが始まります。


このサヨナラによって


君(恋人)の明るい未来を願い、君らしく歩いて行けるという主人公の君への思いやりと優しさ


を感じることが出来ます。


これこそがサヨナラの意味であり、この出会いに意味があるという歌詞が意味することなんだと思います。



まとめ


IMG_7464


いかがだったでしょうか?


最初で最後の橋本奈々未センター曲、歌詞もとてもメッセージ性が強いものとなっています。


合唱曲としても愛されているこの楽曲、多くのファンから今でも愛されている曲であり、私自身も大好きな曲です。


別れというネガティブな印象のあるものにも美しさや幸せを見出しているこの楽曲は、まさに乃木坂らしさがギュっと詰まっていると思います。


世代交代が進む乃木坂46において、この偉大なメンバーが務めた美しい楽曲のセンターを誰が引き継ぐのかも注目ポイントのように思えます。


では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございます。


 おすすめ記事