google-site-verification=rzL2XcVyyduZYjJ6fq_Q2iJ719g7JcTsSqQK225Dsjw

今、話したい坂道がいる

坂道グループに関して日々楽しく語っていきます

タグ:乃木坂46


0ba85963


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は秋元康×小室哲也のタッグによる楽曲、乃木坂46の『Route 246』の歌詞について語っていきたいと思います!


いきますよ〜WOW WOW WOW WOW~ビーム♪ 




Route 246とは?



img02


まずはこの楽曲のタイトル、Route 246とは何かについて考えていきます。


Route 246とは、ズバリ「国道246号」のことです。


4be74841


国道246号は東京にから神奈川を経由して静岡まで至る一般国道です。


有名な通りでは、渋谷区明治通りから多摩川まで続く多摩川通り、青山学院大学の青山キャンパスの目の前を通っている青山通りなどがあります。


青山通りにはオフィス街やファッションビルが立ち並び、世田谷から川崎・横浜までは高級住宅街が立ち並ぶなど、日本における国道246号の知名度や存在感は大きいものです。


この歌は、そんな国道246号を主人公が歩いているといった歌詞になっています。


それでは気になるその歌詞を見ていきましょう!





Route 246の歌詞の解説・考察


それではまず、この曲に頻繁に出てくる英語のフレーズを見ていきます。



 Hang in there! Come on, keep at it!



”Hang in there”

は、頑張れという意味で、相手を励ましたり鼓舞する際に用います。

"Come on, keep at it"

も頑張れといった意味なので、このフレーズではとにかく何かを応援して鼓舞しているといったものになっています。



Hang in there! I believe in you!


"Hang in there"

は先ほどと同様の意味をです。頑張れい!ですね。

"I believe in you"

は、そのままの意味で、あなたを信じているといったものです。

これらから、この曲は誰かに対して励まし、鼓舞している応援歌だと読み取れます。



Hang in there! Make a run for it!

"Make a run for it"

は熟語としては、何かから逃げる、といった意味ももちますが、今回の歌詞では、それ(夢)に向かって走れ!と解釈して問題ないと思います。




Hang in there! Don’t you dare give up!


"Don’t you dare give up!"

は、絶対に諦めるな!という意味です。


なんとなく聞いていると、WOW WOW WOW WOWの方に耳がいきがちですが、これらのパートの英語のフレーズがこの曲の伝えたいことの全てと言っても過言ではありません。


つまりこの曲は、


諦めずにがんばろうぜ!!!


ということを歌った応援ソングなのです。




夜を走り抜けてく ヘッドライトの残像
目に映ったすべては どうせ一瞬の幻なんだ やがて夢も覚めるなら 今のためにもがこう カッコつけて生きてても いつかきっと悔いが残る 他人(ひと)の目 気にして 生きていたってしょうがないよ いつかの場所から WOW WOW WOW WOW 歩き出せばいい WOW WOW WOW WOW


この歌詞から、主人公の僕が国道246号を歩いている情景が浮かんできます。


車のヘッドライトを見ながら、今見えているものはどうせ一瞬の幻なんだとどこか割り切っている感じがします。


ここから主人公は、人の目なんて気にして生きず、自分の生きたいように生きるんだと意思を固め始めています。


そしてここから、みんな大好きWOW WOW WOW WOW祭りが少しずつ始まります。。




誰も変われるんだ
WOW WOW WOW WOW
人は進化する
WOW WOW WOW WOW
やがて過去を忘れ
WOW WOW WOW WOW
そして明日(あす)を生きる
WOW WOW WOW WOW



先ほど自分の生き方を決めた主人公の、過去は捨て去って新しい明日を生きるという気持ちを存分に歌っていますね。

しかしながら、とにかくここのWOW WOW WOW WOWが頭から離れませんね。



あの日 眺めていたのは
ショウウィンドウの未来さ
本物が欲しいのなら
自分の手で掴むしかない

坂のない人生は
汗の輝きを知らない




ここの歌詞に登場する、ショウウィンドウというフレーズがなんとも青山通りっぽい感じを存分に出していますね。



Hang in there! この通りで
WOW WOW WOW WOW
Hang in there! 誓ったことを
WOW WOW WOW WOW
Hang in there! 歩きながら
WOW WOW WOW WOW
Hang in there! 思い出すよ
WOW WOW WOW WOW



この通りとはまさに主人公がいつも歩いていた国道246号のこと。


主人公はこの国道246号沿いを歩きながら、自分の生き方を強く誓ったのですね。


ちなみにこの曲の歌詞に登場する、Youですが、誰かに対してというよりかは、自分自身に向かって言っているように感じます。


したがって、この曲は主人公が自分自身へのメッセージを込めた応援歌であると考えることができます。


今までの自分から生まれ変わり、新しい明日に向かって生きていくと決めた自分自身に向けて頑張れ!諦めるなよ!と奮い立たせている、そんな歌詞となっています。





まとめ



いかがだったでしょうか?


Route246というタイトルからどんな曲なのかを予想するのは少し無理がありましたが、実際に歌詞を知ると何か自分も元気をもらえるような曲になっていますね。


雰囲気や衣装も乃木坂にしては珍しいカッコ良いものになっているので、ライブで盛り上がること間違い無いですね!


では今回はこの辺りで。


WOW WOW WOW WOW〜♪♪





maxresdefault (9)


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『歴代の個人PV楽曲からおすすめの7選』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜個人PV~ビーム♪


おすすめ個人楽曲PV 7選


① まりっか’17【伊藤万理華】


fdaec9807cecdb57db3f024ef18525ef






個人PVを語るうえでこの方を外すことはできません。


個人PV女王こと伊藤万理華。


中でも爆発的なヒットとなったこの個人PV曲は、 5thシングル『君の名は希望』タイプA収録の『まりっか’17』。


この作品は、伝説のスタッフと言われている、


監督・山本真純
演出・福島真希
振付・菅尾なぎさ
音楽・福島節


のグループで制作されました。


「定期とケーキ間違えた」

「童顔だけどセブンのティーン」



など、口ずさみたくなるようなフレーズばかりです。


また、音楽だけではなく、ダンスやこのヘッドフォンも最高です。








②お願いマイハート【星野みなみ】


maxresdefault (5)






 まりっか’17と同シングル、『5thシングル『君の名は希望』タイプC収録の『お願いマイハート』。

みなみちゃんがお面をつけた小学生の子供たちと遊ぶという内容。


MVの撮影も小学校で行われました。


乃木坂の楽曲にみなみちゃんのソロ曲はないので、歴代で唯一のソロ曲となります。


お世辞にも上手とは言えませんが、その甘いボイスを聴くともはやそんなことどうでもよくなります。








③ 聖母と呼ばれる前に【深川麻衣】


maxresdefault (8)






10thシングル『何度目の青空か?』タイプC収録『聖母と呼ばれる前に』


『聖母』というあだ名をつけられていた深川麻衣ですが、そのあだ名通りの格好で歌を歌っています。


ギターもできるということで、ギター弾き語りです。


聴いているだけで心が癒されます。








④ 食物連鎖【からあげ姉妹】


maxresdefault (6)









 『10thシングル『何度目の青空か?』タイプA(生田絵梨花)、タイプB(松村沙友里)収録『食物連鎖』。


みなさんご存じ、生田絵梨花松村沙友理によるユニット 『からあげ姉妹』の個人PV楽曲です。


生田と松村の2人分の個人PVを対にするといったものでした。


12thに収録されている楽曲『無表情』の雰囲気と同様に、この個人PVも無表情で撮影をすると言うシュールな雰囲気に仕上がっています。








⑤ ヒナコはキタノ【北野日奈子】


151205KitanoHinako1






 13thシングル『今、話したい誰かがいる』タイプA収録、『ヒナコはキタノ』


ミュージカル調の明るい個人PV楽曲となっています。


一度聞くとなかなか頭から離れません。


北野日奈子個人的には、同シングルにメンバーであるユニットのサンクエトワール『大人への近道』も収録されるなど、躍進したシングルでもあります。








⑥ 伊藤まりかっと【伊藤万理華】


maxresdefault (7)




 『17thシングル『インフルエンサー』タイプC収録、『伊藤まりかっと』。


またしても個人PV女王、伊藤万理華の作品を選びました。


この作品ですが、なんとあの『まりっか’17』と同じ、


監督・山本真純
演出・福島真希
振付・菅尾なぎさ
音楽・福島節



のグループで制作されたのです。


それもあるのか、ファンからは『まりっか’17』を超えたという声もあがっています。


また、伊藤万理華は“検索がいらない”サロン予約アプリ「requpo(リクポ)」のPRキャラクターに就任。


このCM動画がなんと『伊藤まりかっと』を元に制作されたとのことです。






 


これを見たら、自分もセルフカットしたくなりますね!


それに関してはお勧めしません。








⑦わたしには、なにもない【遠藤さくら】


76a9a985






 23thシングル『Sing out!』タイプA収録、『わたしには、なにもない』


4期生初となる個人PVが収録されたシングルです。


この個人PVはほかの個人PV楽曲とは違い、しっとりとしておりどこか切なくなるような歌です。


また、遠藤も初めてとは思えない堂々とした演技をしております。


『わたしには、なにもない』についてまとめた記事はこちらになります⇩

 






番外編


はじまりか【伊藤万理華】


Marika-Ito-Hajimari-ka




乃木坂の個人PV楽曲を少しでもいいと思った方、いや乃木坂46のファンであれば、こちらの神作品も必見です。


2017年末に開催された、『伊藤万理華の個展『伊藤万理華の脳内博覧会』にて公開されたこちらのショートムービー 『はじまりか』。


グループを卒業する彼女の、メンバーやファンへの愛のメッセージが詰まった作品となっています。


9分弱と長作品ながら、いざ見てみるとグループに加入してから卒業するまでの彼女の思いや、ポップながらしんみりとする曲調に、思わず涙でぐしゃぐしゃになってしまいます。


そしてなんとこの作品、 『まりっか’17』や 『伊藤まりかっと』で演出として作品作りに携わり、『まりっか』の愛称の名付け親である福島真希さんが監督を務めています。


乃木坂として最後の個人映像作品は福島さん以外考えられず、伊藤万理華自身からオファーをしたそうです。


この最強コンビは、乃木坂個人PVの伝説的なコンビと言っていいと思います。



おすすめ個人PV楽曲 7選まとめ


いかがだったでしょうか?


今回は完全に個人的に印象的で頭に残っていた作品を選出しました。


皆さんが思うおすすめ個人PV楽曲などもコメントいただけると幸いです。


では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございました。



どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『久保史緒里さんのブログ』について語っていきたいと思います!

IMG_6332



乃木坂3期生 久保史緒里さんのブログは
「また書きますね。

 久保史緒里   」

と一旦ブログを完結させた後、最後に毎回素敵な文章が綴られています。
決意であったり、自分の胸の内にある熱い想いであったり、書かれる内容に毎回心を打たれています。


今回はそんな素敵な文章の中で私が特に良いと思ったものをピックアップしました。

以前にまとめた過去のブログ記事はこちらから

いきますよ〜くぼちゃん~び〜む!




乃木坂46 4期生くぼしおり久保史緒里


希望の使命

5003

沢山頂いた言葉に、私もお返ししたいです。 
 
『私は、井上さんが大好きです。』
 
今は叶わないけれど、
約束のご飯に行ける日が来ることを
本当に楽しみにしています。
 
井上さんの歩む道が、
輝かしい出会いや出来事で溢れますように。
 
今もこれまでもこれからも
尊敬しています。大好きです。
本当にありがとうございました。
そして、
本当にお疲れ様でした☺︎
引用 : 希望の使命 
| 乃木坂46 久保史緒里 公式ブログ
http://blog.nogizaka46.com/shiori.kubo/smph/2020/05/056083.php



未来に答えがある

5003
珠美ちゃんは、
本当に自分の殻を自分で破ることが上手で、
努力を見せない、強い子です。
珠美ちゃんは、
時々連絡をくれます。私もします。
元気ですか?珠美さん。
近頃なにかと行けていなかったので
色々と落ち着いて、
外に出かけられるようになったら、
初期の頃のように、
2人でカフェでも行きませんか
引用 : 未来に答えがある 
| 乃木坂46 久保史緒里 公式ブログ
http://blog.nogizaka46.com/shiori.kubo/smph/2020/05/056248.php



愛に正直でいること

5003


少し前の自分の日記をたまたま見つけて
読み返していました。
辛そうな自分がそこにはいました。
それと同時に気がついたことは、
『しあわせ』に気がつけていないこと。
 
この拙い文章を読んでくださる方がいて
小さな小さなメッセージを
受け取ってくださる方がいて
一方通行と思わずに、
心を通わせることができています。
 
私はそれだけで幸せです。
どうか、元気でいてくださいね。
皆様の健康と元気、そして『しあわせ』が
私のしあわせです。
引用 : 愛に正直でいること
 | 乃木坂46 久保史緒里 公式ブログ
http://blog.nogizaka46.com/shiori.kubo/smph/2020/05/056267.php


期待している夏はもうすぐ

5003

ちょっぴり背伸びをして
ちょっとだけいつもよりも努力ができた時は
ちょっとだけいつも見えない景色が見られると思っています。
 
でもそれが見られるのは、
今日でも明日でもなくて、
1週間後かもしれないし...
1ヶ月後かもしれないし...
忘れた頃にやってくるから、
気がつかないんですよね。
 
それに気がつけるように、
ちゃんと自分を見ていてあげないとですね☺︎
引用 : 期待している夏はもうすぐ 
| 乃木坂46 久保史緒里 公式ブログ
http://blog.nogizaka46.com/shiori.kubo/smph/2020/05/056285.php


365日生まれ変われるんだ

5003

伝わりきらないのがもどかしいです。
私の経験不足なのでしょうか。
臆病者で、
昔から一歩道を逸れることを
怖がってやらない人間でした。
もっともっと色んな景色を見て
私が伝えたい全てを、
100以上の言葉で
伝えられる人間になりたいです。
言葉じゃなくてもいいんです。
それぐらい、
今の私には大きくて大きくて
私の存在の中で留めておくことのできない
熱い想いが次々と生まれる場所。
それが今の私にとっての
乃木坂46です。

引用 : 365日生まれ変われるんだ
 | 乃木坂46 久保史緒里 公式ブログ
http://blog.nogizaka46.com/shiori.kubo/smph/2020/06/056432.php

片思いファンタジー

5003

想像を超えて
ようやく、
認めてもらえるんだと思いました。
知りました。
 
ところで私は、
誰に認めてもらいたいんでしょうか?
引用 : 片思いファンタジー
 | 乃木坂46 久保史緒里 公式ブログ
http://blog.nogizaka46.com/shiori.kubo/smph/2020/06/056454.php



透明な壁の向こうに届いている声

5003


これまで、
自分が発した言葉を
自分の経験で
自分が否定してきました。
 
だから過去の自分の言葉を見ても聞いても
同じ人物として捉えられないのです。
 
常にアップデート。
『変わらないもの』を
とても優しく包んで、
大事に、大切にしながら、
変わり続けていたい。


引用 : 透明な壁の向こうに届いている声 
| 乃木坂46 久保史緒里 公式ブログ
http://blog.nogizaka46.com/shiori.kubo/smph/2020/06/056833.php


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


IMG_0955



2020年5月5〜7日で配信した真夏の全国ツアー2017 IN TOKYO DOMEの特別配信。
(まいやんの卒業ライブを予定していた日程が延期になった事で企画されたライブ配信)


運営がライブ配信にあたって行った新たな企画
乃木坂46公式Twitterアカウントでの各メンバーのツイート」

には感銘を受けました。


#おうちでドーム
と共にメンバー自らが配信の感想をリアルタイムで呟くという斬新なアイデア。
乃木坂の運営は、つくづくファンの事を分かっているなぁと思います(何様)。


メンバーそれぞれの当時の想いや感想が詰まっており、非常に良いコメントばかりだったため
記事にまとめることにしました。


なお、4期生メンバーのツイートは別途こちらの記事にまとめています。
 おすすめ記事











〜1期生〜




FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21


〜2期生〜


〜3期生〜





FullSizeRender

https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21





FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21



FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21




FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21



FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21



FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21






00aa92d055fe3e7b8293478c60791686da306d6f.10.2.9.2


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 17thシングル『インフルエンサー』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜インフル~び〜む!




インフルエンサーとは?


題名であるインフルエンサーとは何なのかを確認しましょう。



「インフルエンサー(Influencer)」とは、影響・効果・勢力の意味で、社会に対して大きな影響力を持つ人物のことを指します。ネット上では、SNSなどを通じて他の消費者の購買行動に大きな影響力を持つキーパーソンのことを指します。わかりやすい例として、影響力や好感度の高いタレントや著名人、各分野の専門家、著名なブロガーやSNS投稿者がインフルエンサーとして認識されています。そうしたインフルエンサーはSNSでのフォロワーが非常に多く、インターネットを通じて多くの人に対してアプローチできるのも特徴です。



多くの人々に影響を与える人という意味ですが、この単語自体はSNSやメディアの普及により生まれたいわゆるネットスラングに近いです。


この曲「インフルエンサー」は、そんなインフルエンサーに影響されるだけではなく、依存してしまっている現代の社会と、今作のWセンター西野七瀬と白石麻衣を表現したものとなっています。






インフルエンサー MVの魅力




インフルエンサーのMVは東急プラザ銀座などで撮影されました。


ダンスの振り付けにはSeishiro氏を迎え乃木坂46過去史上最高の最速ダンスとなりました。


MVでは笑顔であったり、明るい表情をする楽曲が多い乃木坂ですが、今回はクールな表情。


また物語形式が多い乃木坂のMVですが、今回は「命は美しい」以来となるダンストラックです。


一度間違えてしまうと途中からやり直すということが難しいダンスなだけに、メンバーたちはMV撮影の合間もひたすら振りの練習をしていたため、筋肉痛に悩まされていたそうです。


振りが難しいと泣きながら練習をするのが恒例となっている現キャプテンの秋元真夏は、「過去最高に泣いたMVだった」と語るほど難しいダンスだったようです。





インフルエンサー 歌詞考察


39a22bac


インフルエンサーとは、先述したように多くの人々へ影響を及ぼす人のことです。


今楽曲の歌詞は、多くの人々へ影響を及ぼすというよりも、主人公である「僕」が恋をしている「君」に影響を受け、惹かれるだけでなく自分の行動や感情までも君に依存してしまっているといったものとなっています。


外見だけではなく、内面を知り近づくことが恋愛だと考えている「僕」。


「君」が好きなものも、時間を共有したいがために「僕」自身も手を出し、近づくために必死になっている様子が思い浮かびます。


そんな「君」に依存し振り回されている「僕」と「君」との関係を、「地球と太陽」、「重力と引力」、「自転と公転」のように表現しています。


君に近づきたいけど近づくことが出来ないというのを、自然法則・現象と並列することで、君との関係性をどうすることもできないということも連想できます。




乃木坂ならではの歌詞解釈


unnamed


インフルエンサーは秋元康作詞の乃木坂46の楽曲ということを踏まえると、歌詞は少し違て見えてきます。


サビに出てくる2つの単語の対比などは、Wセンターの西野七瀬と白石麻衣の関係性を表しているということ。


両者の存在はグループ内でまさにインフルエンサー。


しかしエースのこの2人の関係性も近いようでどこか一定の距離を保っている。


互いに絶妙な距離を保ちつつ、影響しあう、グループの光と影の存在を象徴している2人。


そんな乃木坂というグループを象徴する2人の関係性や立ち位置からも歌詞を考察するともっと面白かもしれません。



まとめ


jbAhVS9RvVThFB1_6019


いかがだったでしょうか?


グループ初のレコード大賞受賞を果たし、まさに芸能界でのインフルエンサーとなった乃木坂46。


高速ダンスやブンブン~のところに目が行きがちですが、現代社会を皮肉っているようなインフルエンサーとその支持者の関係性、Wセンターの関係性なども踏まえるとかなり奥が深い歌詞になっているように思えます。


ぜひ一度秋元康先生にじっくり歌詞への思いを聞いてみたいものです。


では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございました。

↑このページのトップヘ