今、話したい坂道がある

坂道グループに関して、様々な視点から情報をまとめています。 あなたの推しメン情報もきっとこの中に。



タグ:卒業


『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。

今回は『9th YEAR BIRTHDAY LIVE〜2期生ライブ〜で披露された感動サプライズ』について語っていきたいと思います!

IMG_7070



9th YEAR BIRTHDAY LIVE〜2期生ライブ〜

IMG_7071
2021年3月28日、オンライン開催にて「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」が行われました。

この日は8年前に2期生オーディションの合格発表が行われ、14人乃木坂46としての活動をスタートした誕生日。

当初、9回目のBIRTHDAY LIVE自体は全メンバー出演のコンサート公演、1期生〜4期生までの各期生別コンサートが各1公演の合計5公演を予定していました。
しかし、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、予定していた各期生別でのコンサートは緊急事態宣言下において、分散しての開催となりました。

これらの経緯より、オンラインLiveにて
伊藤純奈・北野日奈子・新内眞衣・鈴木絢音・寺田蘭世・堀未央奈・山崎怜奈・渡辺みり愛の8人による念願の2期生Liveとなり、また、2期生を牽引してきた堀未央奈の卒業Liveとなりました。

ファンもメンバーも、そして何より1番は堀未央奈自身が悔しい気持ちを抱えながらのLiveとなり、非常に大きな意味を持つLiveでした。

IMG_7072


2度目の披露となった「アナスターシャ」


今回のLiveで最初に披露されたのは、昨年のLiveで初披露した2期生楽曲「
アナスターシャ」。

北野日奈子新内眞衣からのメッセージと共に、堀未央奈がメインステージへ入場。
未央奈センターでのアナスターシャが披露され、いきなり感動的なムードに。初っ端にアナスターシャを持ってくるとは、神セトリ確定だ!と思いました。
IMG_2016
IMG_2017


その後、2期生楽曲や思い入れの深い表題曲・アンダー曲、未央奈を含めた2期生3名がメンバーとなっているサンクエトワールの「君に贈る花がない」等を
主に未央奈がセンターとなり披露しました。

IMG_2018

2期生メンバー全員が選抜に入れるように頑張っていたのに、13thシングルで2期生メンバーが誰も選抜に選ばれなかった…。」と涙を流しながらの「嫉妬の権利」と「今、話したい誰かがいる」は非常に胸が苦しくなりました。


そして本編最後の楽曲は、昨年の2期生Liveのために書き下ろされた「ゆっくりと咲く花」。8人で円陣を組んで指ハートを合わせた後、手を重ね合わせる演出で絆を表現していました。


その後アンコールにて、ドレスに着替えて一層輝きを放った堀未央奈がステージに現れ、マイクを持って、挨拶。あまり語っていなかった家族の想いから、1期生・3期生・4期生、最後に2期生への想いを涙ながらに話し、そのまま最初で最後のソロ曲「冷たい水の中」を披露しました。
IMG_2019
また、初センターを務めた7thシングル「バレッタ」を2期生メンバーのみで涙ながらに披露しました。

そして、最後の楽曲は、なんともう一度「アナスターシャ
最初と最後を、2期生が最も大切にしていると言っても過言では無いこの楽曲で締めくくるのかと、感動で胸が一杯になりました。
センターで歌う未央奈に、後ろから2期生メンバーが駆け寄り左右に並んで顔を見合わせながら歌う。
1フレーズが終わると、メンバーは後ろに並び直し、次の2期生数人が再び未央奈に駆け寄り、並んで歌う。
これをローテーションで繰り返していました。そして、なんとその列の後ろに、、、



全期集結のサプライズ出演

1期生、3期生、4期生が段々後ろから近づいてきていました。
私は全期のサプライズ登場に鳥肌が立ちました。


2期生がさっと後ろに移動すると、4期生メンバーが未央奈の左右に。未央奈は左に並んだ2期生に顔を合わせようと見つめると、そこには賀喜遥香が。何も知らなかった未央奈は驚いて次の瞬間、顔を覆い声も出せず涙。この時の未央奈の表情が忘れられません。
IMG_2011

未央奈のことが大好きと慕っていた4期生の林瑠奈は号泣。いつもは泣き虫の遠藤さくらが満面の笑みというギャップも何だか胸に来ました。

4期・3期・1期と後ろに並び、各メンバーが未央奈の横で顔を見合わせながら歌う姿は、涙なしでは見られませんでした。
IMG_2007
IMG_2010
IMG_2008

このLiveの2日前に4期生の金川紗耶が文春にスクープされましたが、やんちゃんが後ろで並んでいる際に、(おそらく)先輩の誰かがやんちゃんの頭を優しくポンとしているのが映っており、これも含めて乃木坂というグループの暖かさを感じました。


「未央奈お疲れ様ー!皆来ちゃったよ」(生田絵梨花)、「ずっと観てたよ!本当に綺麗」(松村沙友理)と1期生も笑顔で声をかけ、秋元真夏
1期生でやってきた乃木坂に色んな色をつけてくれたのが未央奈だったなって私は思っていて。幅も広くしてもらったし、色んな一面を広げてもらった後輩だし、後輩がそういうのを広げるのって大変なのに誰よりも頑張ってくれたなって思っています
と正直な気持ちを伝えていました。

3期生からは梅澤美波、4期生からは賀喜遥香が代表として未央奈にメッセージを送っていました。


未央奈は最後に「本当に本当に8年間ありがとうございました。これからも乃木坂46最強グループなのでメンバー1人ひとりのことを見て愛して下さい」とファンに向かって呼びかけ、アイドル人生最後に幕を閉じました。


まとめ


IMG_1998

未央奈自身の心残りや、隣に居てあげられなかったと後悔を語る2期生の言葉。
ごめんアナスターシャ約束を守れずにあの夜の僕には勇気がなかった
乃木坂46 2期生、彼女達の生き様はいつも一際輝いている。




『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。
IMG_1966

皆さん、自分の推しが卒業してしまった経験はありますか?
私はこれまでにそんな経験をほどしています。


この度、乃木坂46 2期生の堀未央奈さんが卒業をされますね。



2期生として加入後すぐに「バレッタ」でセンターを務め、様々な荒波に揉まれながら、現在の乃木坂の地位を築き上げた中心人物の1人。
1期生のみで構成された牙城に、2期生として初めて乗り込み、登ってきた坂道は本当に過酷だったと思います。
そんな存在に勇気付けられ、応援したい!と感じたファンの方は非常に多かったのでは無いでしょうか。


IMG_1967
IMG_1965

私も勿論大好きでしたが、特別推していたわけではない私でさえかなりの衝撃と寂しさがあったので、推していた方々は本当に辛いと思います。

そんな皆様に向けて、今回は『これまでに卒業してしまった私の推しメン達』を紹介していきたいと思います。笑

これを読んで、少しでも共感して頂けたら幸いです。







①中元日芽香

IMG_0114

まずは私の1番の推しメンであった「中元日芽香



おそらく金輪際ひめたんを超える推しメンは出てこないと思っています。
双極性障害という、俗にいう「躁鬱病」になってしまった事が最大の原因と考えられています。



乃木坂での活動中も通院をしていましたが、万全の状態で常に仕事をしたいと考えるひめたんにとって、「躁鬱病」で中途半端にアイドルをすることに耐えられず卒業。



乃木坂の中でも、いや、アイドルグループの中でもザ・アイドルを追求し、真面目な性格のひめたんにとって、「自分の中のアイドル像を全うできない」という事は非常に辛かったのだと思います。



その他、乃木中でのスキャットマン事件・妹との比較・選抜落ちなど、考えられる要因はいくつかありますが、私はそのような出来事も含めて、ひめたんの生き様が大好きです。



真面目で少し不器用な所がある中元日芽香さん。
これからも応援しています。


FullSizeRender

だって今も好きなんだ


◉卒業:2017年12月







長濱ねる

IMG_0115

私がアイドルを好きになるきっかけを作ってくれた「長濱ねる」

テレビの歌番組で欅坂46が出ており、なんとなく見ていた時に一目惚れ。

卒業理由として、はっきりとしたものは分かっていませんが、メンバーとの不仲説・学業に集中したい・両親との約束・本当にやりたい事など
考えられる要因は様々あります。



ファンとしては本人がやりたい事をして幸せになってくれる事が1番の願いなので、この卒業が前向きな卒業であり、これからもっと幸せになってくれたら嬉しいですね。



3月7日の卒業発表時のブログでも「卒業後については約束なく 気持ちを緩めて考えられたらなと思っています」とつづっていたように、芸能活動を続けるとも芸能界から引退するとも明言しないまま「さよなら、またね~」と締めくくりました。


また、どこかで会えたら嬉しいです。
IMG_0138

また会ってください



◉卒業:2020年7月





③柿崎芽実

IMG_0116

けやき坂46時代から好きだった「柿崎芽実」


ファンによるストーカー行為が卒業の最大の原因と考えられています。

IMG_0132

最年少で加入し、欅坂46センター平手友梨奈と仲が良かっためみたん。

けやき坂46から日向坂46への改名の際、平手との関係性が変わってしまう事が、めみたんのメンタルに大きく影響したことは間違いないでしょう。
IMG_0134


ひらがなけやき」「誰よりも高く跳べ!」などの楽曲で共にセンターを務めてきた長濱ねるにもとても懐いていました。
IMG_0135

大好きな平手や、けやき坂46を作り上げた長濱ねると独立した別グループのメンバーになってしまう事は、容易に受け入れられる事では無かったのでしょう。



*改名発表の瞬間
IMG_0136
IMG_0137

他のメンバーが喜びと感動の表情をする中、めみたんの表情は、少しそれとは異なっているように捉えられます。


最年少ながら、グループの中心メンバーだった柿崎芽実さん。
早すぎる卒業に驚きと悲しみが押し寄せました。


一度も握手会に行くことなく、卒業をされてしまいました。自分の推しにいつ何が起こるか分からない現在。

日々、応援していきましょう。

IMG_0141

君の声は届いてるよ


◉卒業:2019年8月


まとめ

いかがだったでしょうか?

今回挙げさせて頂いたメンバーを見ると分かる通り、納得して最後までやり遂げて卒業!と言った感じでは無いのかなと思います。

他にも私が推しているメンバーとして久保史緒里北野日奈子がいます。
この2人に関しても休業を経験しています。
私がそういった人を好んでしまう傾向にあるのかもしれませんが。笑


限られたアイドル人生を幸せなものにし、最後まで全力で坂を駆け上がって欲しいですね。
そのために、微力ではありますが全力で応援をしていきたいです。
ひめたんもそういってましたし。笑


また、実際に中元日芽香長濱ねるに関しては、卒業後もメディア出演をしており、ひめたんに関しては乃木坂46LLCに継続して所属しています。現時点で卒業後の予定が不明であっても、ドラマやラジオ、アナウンサー等、これまでとは違った推しメンをまた応援することが出来るかもしれません。
元乃木坂46 1期生の橋本奈々未の様に完全に一般人として第二の人生を歩むメンバーもいますが、坂道グループという切り離せない繋がりで、メンバーのトークやインスタ等で再び元気な姿を確認できる事もありますからね!


ちなみに、今の推しメンは筒井あやめです。笑

IMG_4333



皆さん、悔いのないよう、全力で応援しましょう!!


















FullSizeRender


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は元乃木坂46の1期生 白石麻衣西野七瀬に匹敵する未来のメンバーについて語っていきたいと思います。


IMG_0646

IMG_0647
IMG_0648

様々な観点や期待も含めてメンバーを選んでいますので、異論はもちろん認めます。笑



元乃木坂46 1期生 白石麻衣

5005

白石麻衣(しらいしまい)
ニックネーム:まいやん
生年月日:1992年8月20日
出身:群馬県沼田市
血液型:A型
身長:162cm

⊿ 乃木坂1期生として全ての表題曲で福神入りを果たし、最後の楽曲「しあわせの保護色」で卒業。

計5回のセンター経験と、西野七瀬の8回に次ぐ多さです。


⊿ 乃木坂46イチの美貌を持ち、生駒里奈が0から1を生み出し、白石麻衣が1を100にしたとまで言われています。

このシングルを持って卒業することで、乃木坂の第一章が終わるとも噂され、言わば、乃木坂の神ですね。


元乃木坂46 1期生 西野七瀬

IMG_0586


西野七瀬(にしのななせ)
ニックネーム:なぁちゃん、ななせまる
生年月日:1994年5月25日
出身:大阪府
血液型:O型
身長:159m

⊿ 加入当初は福神入りを果たせなかったものの、着実に人気を獲得し、選抜入り→福神入り→センターという、パーフェクトな成長を遂げました。

 センター経験も8回と乃木坂最多であり、やはりこちらも白石麻衣と並ぶ乃木坂の神ですね。


⊿ 守ってあげたくなるような独特の雰囲気を持ち、特徴ある歌声からソロ曲も非常に多かったです。


ではここから後継者となり得るメンバーの紹介に入りたいと思います。


西野七瀬の後継者


遠藤さくら


IMG_5879


乃木坂4期生として加入した、遠藤さくら

遠藤さくら(えんどうさくら)
ニックネーム:さくちゃん、さくら、えんさく
生年月日:2001年10月3日
出身:愛知県
血液型:不明
身長:160cm


⊿ 4期生が初めて参加する表題曲24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」でいきなりのセンターに抜擢

IMG_5595


⊿ 4期生の中でトップレベルに人気が高く、齋藤飛鳥に匹敵する小顔でスタイルも抜群。

⊿ 4期生最初の楽曲「4番目の光」でもセンターを務め、期待の星とされています。

⊿ 乃木坂46 4期生が出演し、dTVで配信された西加奈子原作のドラマ『サムのこと』主役に抜擢。


 IMG_5607


マウスコンピューターのCM
IMG_5597




サッポロ1番 カップスターCM
IMG_5596
⊿ 実力・知名度共に高い白石麻衣・齋藤飛鳥と並ばせ、世間に印象付けようとする運営からの期待も強く感じられます。


⊿ さらには、白石麻衣の卒業ソングである25thシングル「しあわせの保護色」で1期生が全員福神入りをする中、3列目に4期生として抜擢されました。
IMG_0643


​⊿ 今後の乃木坂を牽引するエースメンバーであることは間違いなく、26thシングル以降も、選抜入り(福神入り)を果たし、センターも多く務めると予想します。


⊿ 名古屋ドームで行われた8th BIRTHDAY YEAR LIVEでは、西野七瀬の卒業シングル「帰り道は遠回りしたくなる」でセンターを務め、西野七瀬の後継者としての決意を感じました。
IMG_5594


⊿ モデルプレスでのインタビューではこのような回答をしております。
※引用:モデルプレス.インタビュー. https://mdpr.jp/interview/2005036,(2020.03.21)

白石麻衣さんの卒業曲でもある「しあわせの保護色」MVで、白石さんと遠藤さんがペアダンスを踊る際に何か話しているように見えますが、何を話していたのですか?
遠藤:ふふふ、あのシーンですね!何テイクか撮っていたのですが、「頑張ってね」と嬉しい言葉をもらった時もあれば、「お腹すいたね」とおもしろい会話をした時もあるので…。

遠藤さんにとって“希望”となっていることはなんですか?
遠藤:ファンの方や家族の笑顔を見られることが、私にとって1番の希望かな。テレビなどに出させていただいて、それを家族やファンの方が見て笑顔になってくれたら嬉しいし、もっと頑張ろうと思えます。

 遠藤さんの夢を叶える秘訣を教えてください。
遠藤:正直、まだ明確な夢が見つかったわけでもないですし、夢の叶え方は全然わからないのですが、私は何事にもあまり落ち込まないようにしています。落ち込んでいると、お仕事に対しても前向きに取り組めなくなっていくような気がするので、全部を楽しむ気持ちで、笑顔で1つひとつ丁寧に取り組んでいくことを意識しています。




⊿ 2020年3月30日に放送されたCDTVライブ!ライブ!での「帰り道は遠回りしたくなる」でも、やはりセンターを務めました
IMG_5739


現時点でここまでの活躍を見せる遠藤さくら。
卒業時にはセンターとして乃木坂第二章の終焉を感じさせるでしょう。

という事で、西野七瀬の後継者として伝説を残していって欲しいですね。
IMG_0645



白石麻衣の後継者



〇〇 〇〇


FullSizeRender


乃木坂〇期生として加入した、〇〇〇〇
〇〇〇〇(〇〇〇〇〇〇)
ニックネーム:〇〇やん
生年月日:20××年□月□日
出身:〇〇県
血液型:□型
身長:〇〇cm

⊿ 2019年に発売された4thアルバム「今が思い出になるまで」のジャケット写真に採用されていた女の子。

⊿ 乃木坂46美術館を眺める女の子の様子は、多くのファンに乃木坂46の歴史や未来、世代交代を感じさせました。

⊿ 乃木坂工事中にて、〇期生の自己紹介の際に



〇〇〇〇は、乃木坂のオーディションを受けたのは、あのジャケット撮影で乃木坂美術館を見たのがきっかけだというカミングアウト。

あれは本当に驚きましたね。私を含め、どれだけのファンが感銘を受けたのか、あの瞬間は忘れられません。

⊿ 当時は小さな女の子だった〇〇〇〇が、この度乃木坂のセンターを務めることに。



まとめ

FullSizeRender
FullSizeRender


2011年に加入し今の乃木坂46を作り上げた1期生の精鋭たちが次々と卒業をし、世代交代が始まっている現在。

二大巨頭であった白石麻衣と西野七瀬も卒業し、乃木坂の時代も終わりかと思われたのも束の間、乃木坂研究生であった5人のメンバーも新たに4期生メンバーとして加入し、さらに勢いに乗る乃木坂46。

1期生が築き上げた乃木坂の伝説・雰囲気・伝統は後世に受け継がれ、次世代メンバーの一人一人を大きく成長させてきました。


5005
これから乃木坂の体制も変化していく事と思いますが、その時代にあったやり方で、ぜひ乃木坂の新しい伝説を作っていって欲しいです。

この時の私たちは、これが乃木坂の分岐点となり、新体制の乃木坂46が世界を席巻する事になるなんて思ってもいなかった。なんてね。

乃木坂第二章の幕開けです。
乃木坂に幸あれ。









どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『元欅坂46 長濱ねるさんの卒業ソング「立ち止まる手前で」』について語っていきたいと思います!






「立ち止まる手前で」の音源化はいつ?

IMG_0130

⚫︎2019年7月30日に千葉・幕張メッセ国際展示場ホール6で行われた卒業イベント 『ありがとうをめいっぱい伝える日』


そこで初披露された「立ち止まる手前で」は秋元康さんが彼女のために制作した記念すべき楽曲。しかし、未だ音源化はされておらず、CDにも収録されていません。


2019年に発売した8thシングル「黒い羊」を、自身が参加する最後の楽曲にしており、2020年の現時点で9thシングルが発売されていない事やメンバーの卒業などが相次いでいる事などが少なからず影響していると思われます。

元乃木坂46の中元日芽香さんが卒業された際は、同様に秋元康さんが制作した自分のこと」がアンダーアルバムに収録されました。

つまり、今後おそらく欅坂46のアルバムに「立ち止まる手前で」が収録されることになるでしょう



卒業理由・今後について

卒業理由として、はっきりとしたものは分かっていませんが、メンバーとの不仲説・学業に集中したい・両親との約束・本当にやりたい事など考えられる要因は様々あります。


3月7日の卒業発表時のブログでも「卒業後については約束なく 気持ちを緩めて考えられたらなと思っています」と綴っていた様に、芸能活動を続けるとも芸能界から引退するとも明言しないまま「さよなら、またね~」と締めくくりました。


ラジオでも、
「このラジオが私がみなさんの前でお話しする最後の機会になるのかな…しばらくみなさんとお会いする機会がないので。最後の最後の声になってしまいますね」
「正直、今は実感がなくて、明日から自分がどういうふうになっていくのか。上京してからアイドルしかやってこなかったので、どういうふうにこの街で暮らしていくのか、挑戦をしながらになるんですかね…まだふわふわしてるんですよね」

と卒業後の進路についての詳細は分からないままです。


卒業ソング「立ち止まる手前で」には、そんな長濱ねるさんのこれまでの道のりや卒業に対しての想いが込められています。


「立ち止まる手前で」歌詞

長濱ねるさんの想いが詰まった感動する歌詞になっています。

ファンの皆様、ハンカチのご準備はできましたか?

それでは聞いてください。立ち止まる手前で。


「立ち止まる手前で」長濱ねる
作詞:秋元康 作曲:板垣祐介

ある日ふいに思った
道はどこへと続くのか
私何も知らずに
ずっと歩いてきたのね
周りにいる人たちは
それぞれの夢があって
進みたいその行き先に
ちゃんと向かっているのに
ここで一度立ち止まらなきゃ
自分のことわからなくなる
心地いい時間に流された方が
絶対に楽だけれど
本当に一番やりたいことって
何だろう 考えてみる
私頑張って少し休んだら
またきっと歩き出せる
今のこの私に
何ができるというのだろう
私なぜ生まれたのか
役目きちんと知りたくて
その答え探すために
色々な本を読んだ
求めてた生きる意味は
どこにも書いてなかった
ここで外の空気を吸おう
閉じこもってちゃいられない
考えごとばかり多くなりすぎて
心が重くなる
自分のこと嫌いな時は
笑顔まで苦手になるね
もう頑張らずに、肩の荷おろして
ふらふらと散歩しよう
大切な人たちに伝えたいこと
人生はいつだって一筆書きで
この私の4年間は意味のある道でした
ここで一度立ち止まらなきゃ
自分のことわからなくなる
心地いい時間に流された方が
絶対に楽だけれど
本当に一番やりたいことって
何だろう 考えてみる
私頑張って少し休んだら
またきっと歩き出せる
またいつか会えるはず




「立ち止まる手前で」音源

本当に素晴らしい歌詞ですね。

こちらで音源のみ聞くことができますので、この歌詞と照らし合わせながら言葉一つ一つを噛み締めてみてください。


まとめ

これからどんな人生を歩んでいくのか。

長濱ねるさんに幸あれ。

IMG_0142

1人じゃないよ 坂組だ。







どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『みんな大好き松村沙友理の後継者について語っていきたいと思います!


 
IMG_0690

 
いきますよ〜さゆりんご~パ〜ンチ!



松村沙友理

IMG_0666


松村沙友理(まつむらさゆり)
ニックネーム:さゆりん、まちゅ、さゆりんご
生年月日:1992年8月27日
出身:大阪府
血液型:B型
身長:164cm


ぶりっ子キャラ故に、数々の伝説を作ってきたさゆりん。
乃木坂の正式なユニットである「さゆりんご軍団」を発足し、ライブで劇団として
枠を設けられたり、オリジナル曲「白米様」はMVまで制作してもらっている。
2019年には、「さゆりんご募集中」という楽曲も出来ている。

「真夏の全国ツアー2019」の7月21日の福岡ヤフオク!ドームでさゆりんご劇団(松村、田村、中村麗乃)を旗揚げしました。
田村 さゆりんご軍団さんは食べ物がテーマだったり、衣装も可愛くて「いいな」と思っていたので、さゆりんご劇団に入ることができてうれしいです。握手会でファンの方に「さゆりんご劇団入り、おめでとう!」と言われました。
松村 謎のおめでとう(笑)。
──松村さんに巻き込まれたわけではないと。
田村 先輩とユニットを組ませてもらうこと自体が初めてなのですごく楽しかったです。どういう基準で選ばれたんだろうと思ったら、まさかの“村”繋がりで(笑)。
松村 4期生が入って1年くらい経つけど、なかなか絡む機会がなかったからまゆちゃんと話せてすごくうれしい。思ったよりも人懐っこくて、めっちゃ可愛いんです。推しに入りました。フフフ。
田村 うわ~! ありがとうございます。顔が真っ赤になっちゃいました(笑)。


非公式でも曲が多数存在





「何度目の軍団か?」





「さゆりんごが咲く頃」

その他にも
・「裸足でSummer さゆりんご軍団ver.」
・「ぐんぐん軍団」
・「さゆりんごマジョリティー」
・「軍団乗っ取り人」
・「りんごのパクリから」
・「京セラのスタート」
・「ライス!」
・「働き方改革」



ここで思うのは、さゆりんだからこそ運営は、
やりたい事を自由に好き放題やらせてあげてるという点だ。
他のメンバーでは、NGになってしまう事もあったと思う。
さゆりんの行動力と性格で、これまで数々の成功を収めたのだ。
これは、松村沙友理の大きな魅力であり、
乃木坂46にとっても、「松村沙友理」は非常に大きな存在だと思う。




今回、私が考えた後継者は、ぶりっ子キャラではないが、
いつも笑顔で、周りをハッピーにしている点と、実際の中身はすごい真面目で一生懸命な点が似ているなぁと思う。






このシーンを見てピンと来てしまった


ある回の乃木坂工事中での一コマ。
次回予告で写ったさゆりんと共に、写っているこの子だ。

IMG_5819





そう、後継者とは向井葉月





ではなく清宮レイである。


清宮レイ

IMG_0673


清宮レイ(せいみやれい)
ニックネーム:レイ、レイちゃん
生年月日:2003年8月1日
出身:埼玉県
血液型:O型
身長:162cm




いつも笑顔で、若干タイプは違うが、何事にも全力投球の清宮レイ。

IMG_0667
IMG_0672
IMG_0671


番組を見ているとその笑顔と全力さは一際目立っている。
周りを自然と笑顔にする雰囲気を持ったピュアな部分は共通する点だと思う。





後輩との関わり方


松村沙友理の後輩との関係性は見ていて心地が良い。


4期生 遠藤さくら&田村真佑との4本撮りラスト回です💓
後輩が写真撮っているところにてこてこ走ってきて写り込んできたものの、恥ずかしくなったのか隠れてしまう先輩😂😂
IMG_0674
https://twitter.com/nogizaka46






ー乃木中での賀喜ちゃんとの会話ー
5005
5005
5005
5005



ーその後、乃木どこでモノマネをしている賀喜ちゃんー

 



ーさゆりん推しの矢久保ちゃんー
IMG_5906




4期生からすると、さゆりんと関わるのは大変緊張することだと思うが、
後輩からしても、接しやすいような優しさを持っている気がする。


現時点で清宮レイに後輩はいないが、
これから後輩ができた時に、さゆりんが後輩にしている対応と同じように対応する未来が見える。

IMG_0680
IMG_0681
IMG_0682





必殺技



ーさゆりんごパンチー
IMG_0683
IMG_0684


ーレイパンチー
IMG_0685
IMG_0686




まとめ

IMG_0688
IMG_0689

いかがだったでしょうか。

松村沙友理と同じように、レイちゃんならではの元気と笑顔で
乃木坂の新しい伝説を残してほしいと思います。
レイちゃん、後輩からすごい人気が出そうだな〜〜。


常に笑顔で愛されキャラの2人に幸あれ。







↑このページのトップヘ