今、話したい坂道がある

坂道グループに関して、様々な視点から情報をまとめています。 あなたの推しメン情報もきっとこの中に。



タグ:卒業ライブ


『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。

今回は『9th YEAR BIRTHDAY LIVE〜2期生ライブ〜で披露された感動サプライズ』について語っていきたいと思います!

IMG_7070



9th YEAR BIRTHDAY LIVE〜2期生ライブ〜

IMG_7071
2021年3月28日、オンライン開催にて「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」が行われました。

この日は8年前に2期生オーディションの合格発表が行われ、14人乃木坂46としての活動をスタートした誕生日。

当初、9回目のBIRTHDAY LIVE自体は全メンバー出演のコンサート公演、1期生〜4期生までの各期生別コンサートが各1公演の合計5公演を予定していました。
しかし、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、予定していた各期生別でのコンサートは緊急事態宣言下において、分散しての開催となりました。

これらの経緯より、オンラインLiveにて
伊藤純奈・北野日奈子・新内眞衣・鈴木絢音・寺田蘭世・堀未央奈・山崎怜奈・渡辺みり愛の8人による念願の2期生Liveとなり、また、2期生を牽引してきた堀未央奈の卒業Liveとなりました。

ファンもメンバーも、そして何より1番は堀未央奈自身が悔しい気持ちを抱えながらのLiveとなり、非常に大きな意味を持つLiveでした。

IMG_7072


2度目の披露となった「アナスターシャ」


今回のLiveで最初に披露されたのは、昨年のLiveで初披露した2期生楽曲「
アナスターシャ」。

北野日奈子新内眞衣からのメッセージと共に、堀未央奈がメインステージへ入場。
未央奈センターでのアナスターシャが披露され、いきなり感動的なムードに。初っ端にアナスターシャを持ってくるとは、神セトリ確定だ!と思いました。
IMG_2016
IMG_2017


その後、2期生楽曲や思い入れの深い表題曲・アンダー曲、未央奈を含めた2期生3名がメンバーとなっているサンクエトワールの「君に贈る花がない」等を
主に未央奈がセンターとなり披露しました。

IMG_2018

2期生メンバー全員が選抜に入れるように頑張っていたのに、13thシングルで2期生メンバーが誰も選抜に選ばれなかった…。」と涙を流しながらの「嫉妬の権利」と「今、話したい誰かがいる」は非常に胸が苦しくなりました。


そして本編最後の楽曲は、昨年の2期生Liveのために書き下ろされた「ゆっくりと咲く花」。8人で円陣を組んで指ハートを合わせた後、手を重ね合わせる演出で絆を表現していました。


その後アンコールにて、ドレスに着替えて一層輝きを放った堀未央奈がステージに現れ、マイクを持って、挨拶。あまり語っていなかった家族の想いから、1期生・3期生・4期生、最後に2期生への想いを涙ながらに話し、そのまま最初で最後のソロ曲「冷たい水の中」を披露しました。
IMG_2019
また、初センターを務めた7thシングル「バレッタ」を2期生メンバーのみで涙ながらに披露しました。

そして、最後の楽曲は、なんともう一度「アナスターシャ
最初と最後を、2期生が最も大切にしていると言っても過言では無いこの楽曲で締めくくるのかと、感動で胸が一杯になりました。
センターで歌う未央奈に、後ろから2期生メンバーが駆け寄り左右に並んで顔を見合わせながら歌う。
1フレーズが終わると、メンバーは後ろに並び直し、次の2期生数人が再び未央奈に駆け寄り、並んで歌う。
これをローテーションで繰り返していました。そして、なんとその列の後ろに、、、



全期集結のサプライズ出演

1期生、3期生、4期生が段々後ろから近づいてきていました。
私は全期のサプライズ登場に鳥肌が立ちました。


2期生がさっと後ろに移動すると、4期生メンバーが未央奈の左右に。未央奈は左に並んだ2期生に顔を合わせようと見つめると、そこには賀喜遥香が。何も知らなかった未央奈は驚いて次の瞬間、顔を覆い声も出せず涙。この時の未央奈の表情が忘れられません。
IMG_2011

未央奈のことが大好きと慕っていた4期生の林瑠奈は号泣。いつもは泣き虫の遠藤さくらが満面の笑みというギャップも何だか胸に来ました。

4期・3期・1期と後ろに並び、各メンバーが未央奈の横で顔を見合わせながら歌う姿は、涙なしでは見られませんでした。
IMG_2007
IMG_2010
IMG_2008

このLiveの2日前に4期生の金川紗耶が文春にスクープされましたが、やんちゃんが後ろで並んでいる際に、(おそらく)先輩の誰かがやんちゃんの頭を優しくポンとしているのが映っており、これも含めて乃木坂というグループの暖かさを感じました。


「未央奈お疲れ様ー!皆来ちゃったよ」(生田絵梨花)、「ずっと観てたよ!本当に綺麗」(松村沙友理)と1期生も笑顔で声をかけ、秋元真夏
1期生でやってきた乃木坂に色んな色をつけてくれたのが未央奈だったなって私は思っていて。幅も広くしてもらったし、色んな一面を広げてもらった後輩だし、後輩がそういうのを広げるのって大変なのに誰よりも頑張ってくれたなって思っています
と正直な気持ちを伝えていました。

3期生からは梅澤美波、4期生からは賀喜遥香が代表として未央奈にメッセージを送っていました。


未央奈は最後に「本当に本当に8年間ありがとうございました。これからも乃木坂46最強グループなのでメンバー1人ひとりのことを見て愛して下さい」とファンに向かって呼びかけ、アイドル人生最後に幕を閉じました。


まとめ


IMG_1998

未央奈自身の心残りや、隣に居てあげられなかったと後悔を語る2期生の言葉。
ごめんアナスターシャ約束を守れずにあの夜の僕には勇気がなかった
乃木坂46 2期生、彼女達の生き様はいつも一際輝いている。



どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


IMG_0955



2020年5月5〜7日で配信した真夏の全国ツアー2017 IN TOKYO DOMEの特別配信。
(まいやんの卒業ライブを予定していた日程が延期になった事で企画されたライブ配信)


運営がライブ配信にあたって行った新たな企画
乃木坂46公式Twitterアカウントでの各メンバーのツイート」

には感銘を受けました。


#おうちでドーム
と共にメンバー自らが配信の感想をリアルタイムで呟くという斬新なアイデア。
乃木坂の運営は、つくづくファンの事を分かっているなぁと思います(何様)。


メンバーそれぞれの当時の想いや感想が詰まっており、非常に良いコメントばかりだったため
記事にまとめることにしました。


なお、4期生メンバーのツイートは別途こちらの記事にまとめています。
 おすすめ記事











〜1期生〜




FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21


〜2期生〜


〜3期生〜





FullSizeRender

https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21





FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21



FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21




FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21



FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21



FullSizeRender
https://twitter.com/nogizaka46/status/1258024318732124161?s=21









『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


5005

2020年5月5〜7日で配信した真夏の全国ツアー2017 IN TOKYO DOMEの特別配信に際し、各メンバーが

乃木坂46公式Twitterアカウントを使ってリアルタイムで各々のツイートを行った 『♯おうちでドーム企画』

ひめたんと特に仲が良く、慕っていた3期生の久保史緒里は、
1期生メンバーだった中元日芽香伊藤万理華の卒業ライブでもあったこのライブ配信でその当時の想いを素敵な言葉で綴ってくれました。





ひめたんがセンターを務める「君僕シーン」でのツイート

FullSizeRender

君僕シーンでのひめたんカラー「ピンク一色」になった景色に対して言っています。

ひめたんの意志はしっかりと受け継がれています。

IMG_1014


この東京ドームでのひめたん最後の「君は僕と会わない方がよかったのかな」披露後、7th year birthday liveで久保ちゃんが見事に代役としてセンターを務め涙を流しました。

IMG_1015

これはもう乃木坂を語る上で絶対に忘れてはならない、本当に素敵なものだと思います。
大切な乃木坂の1ページとして、みなさんの胸に刻まれた事でしょう。




























どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。



2020年5月5〜7日で配信した真夏の全国ツアー2017 IN TOKYO DOMEの特別配信。
(まいやんの卒業ライブを予定していた日程が延期になった事で企画されたライブ配信)


運営さんの配慮と企画力には感謝で一杯
ですが、その中でも

  「配信2日目に行った乃木坂46公式Twitterアカウントでの各メンバーのツイート」

には感銘を受けました。



このライブを行った2017年、当時まだ加入をしていなかった4期生メンバーのツイートは胸に来るものがありました。
着実に実力と人気を上げ、ようやくたどり着いた初の東京ドームライブ。

そんな先輩方の姿は4期生メンバーにどう映ったのか。



※矢久保ちゃんはツイートが無かったため、ブログでのコメントを載せておきます。




遠藤さくら

5005




FullSizeRender
引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)



賀喜遥香

5005




FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


筒井あやめ

5005



FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


早川聖来

5005




FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


金川紗耶

5005




FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


清宮レイ

IMG_0990




FullSizeRender
FullSizeRender


引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


田村真佑

5005



FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


柴田柚菜

5005



FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


北川悠理

5005



FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)


掛橋沙耶香

5005



FullSizeRender

引用: https://twitter.com/nogizaka46(乃木坂46公式Twitter)




矢久保美緒


5005



当時ファンだった私は学校帰りに1人で走って東京ドームに向かい、泣きながら帰った記憶があります。
唯一撮った写真です。
 
乃木坂 大好きです。

引用:#おうちでドーム しましょう(^^) | 乃木坂46 矢久保美緒 公式ブログ







↑このページのトップヘ