今、話したい坂道がある

坂道グループに関して、様々な視点から情報をまとめています。 あなたの推しメン情報もきっとこの中に。



タグ:堀未央奈


『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。

今回は『9th YEAR BIRTHDAY LIVE〜2期生ライブ〜で披露された感動サプライズ』について語っていきたいと思います!

IMG_7070



9th YEAR BIRTHDAY LIVE〜2期生ライブ〜

IMG_7071
2021年3月28日、オンライン開催にて「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」が行われました。

この日は8年前に2期生オーディションの合格発表が行われ、14人乃木坂46としての活動をスタートした誕生日。

当初、9回目のBIRTHDAY LIVE自体は全メンバー出演のコンサート公演、1期生〜4期生までの各期生別コンサートが各1公演の合計5公演を予定していました。
しかし、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、予定していた各期生別でのコンサートは緊急事態宣言下において、分散しての開催となりました。

これらの経緯より、オンラインLiveにて
伊藤純奈・北野日奈子・新内眞衣・鈴木絢音・寺田蘭世・堀未央奈・山崎怜奈・渡辺みり愛の8人による念願の2期生Liveとなり、また、2期生を牽引してきた堀未央奈の卒業Liveとなりました。

ファンもメンバーも、そして何より1番は堀未央奈自身が悔しい気持ちを抱えながらのLiveとなり、非常に大きな意味を持つLiveでした。

IMG_7072


2度目の披露となった「アナスターシャ」


今回のLiveで最初に披露されたのは、昨年のLiveで初披露した2期生楽曲「
アナスターシャ」。

北野日奈子新内眞衣からのメッセージと共に、堀未央奈がメインステージへ入場。
未央奈センターでのアナスターシャが披露され、いきなり感動的なムードに。初っ端にアナスターシャを持ってくるとは、神セトリ確定だ!と思いました。
IMG_2016
IMG_2017


その後、2期生楽曲や思い入れの深い表題曲・アンダー曲、未央奈を含めた2期生3名がメンバーとなっているサンクエトワールの「君に贈る花がない」等を
主に未央奈がセンターとなり披露しました。

IMG_2018

2期生メンバー全員が選抜に入れるように頑張っていたのに、13thシングルで2期生メンバーが誰も選抜に選ばれなかった…。」と涙を流しながらの「嫉妬の権利」と「今、話したい誰かがいる」は非常に胸が苦しくなりました。


そして本編最後の楽曲は、昨年の2期生Liveのために書き下ろされた「ゆっくりと咲く花」。8人で円陣を組んで指ハートを合わせた後、手を重ね合わせる演出で絆を表現していました。


その後アンコールにて、ドレスに着替えて一層輝きを放った堀未央奈がステージに現れ、マイクを持って、挨拶。あまり語っていなかった家族の想いから、1期生・3期生・4期生、最後に2期生への想いを涙ながらに話し、そのまま最初で最後のソロ曲「冷たい水の中」を披露しました。
IMG_2019
また、初センターを務めた7thシングル「バレッタ」を2期生メンバーのみで涙ながらに披露しました。

そして、最後の楽曲は、なんともう一度「アナスターシャ
最初と最後を、2期生が最も大切にしていると言っても過言では無いこの楽曲で締めくくるのかと、感動で胸が一杯になりました。
センターで歌う未央奈に、後ろから2期生メンバーが駆け寄り左右に並んで顔を見合わせながら歌う。
1フレーズが終わると、メンバーは後ろに並び直し、次の2期生数人が再び未央奈に駆け寄り、並んで歌う。
これをローテーションで繰り返していました。そして、なんとその列の後ろに、、、



全期集結のサプライズ出演

1期生、3期生、4期生が段々後ろから近づいてきていました。
私は全期のサプライズ登場に鳥肌が立ちました。


2期生がさっと後ろに移動すると、4期生メンバーが未央奈の左右に。未央奈は左に並んだ2期生に顔を合わせようと見つめると、そこには賀喜遥香が。何も知らなかった未央奈は驚いて次の瞬間、顔を覆い声も出せず涙。この時の未央奈の表情が忘れられません。
IMG_2011

未央奈のことが大好きと慕っていた4期生の林瑠奈は号泣。いつもは泣き虫の遠藤さくらが満面の笑みというギャップも何だか胸に来ました。

4期・3期・1期と後ろに並び、各メンバーが未央奈の横で顔を見合わせながら歌う姿は、涙なしでは見られませんでした。
IMG_2007
IMG_2010
IMG_2008

このLiveの2日前に4期生の金川紗耶が文春にスクープされましたが、やんちゃんが後ろで並んでいる際に、(おそらく)先輩の誰かがやんちゃんの頭を優しくポンとしているのが映っており、これも含めて乃木坂というグループの暖かさを感じました。


「未央奈お疲れ様ー!皆来ちゃったよ」(生田絵梨花)、「ずっと観てたよ!本当に綺麗」(松村沙友理)と1期生も笑顔で声をかけ、秋元真夏
1期生でやってきた乃木坂に色んな色をつけてくれたのが未央奈だったなって私は思っていて。幅も広くしてもらったし、色んな一面を広げてもらった後輩だし、後輩がそういうのを広げるのって大変なのに誰よりも頑張ってくれたなって思っています
と正直な気持ちを伝えていました。

3期生からは梅澤美波、4期生からは賀喜遥香が代表として未央奈にメッセージを送っていました。


未央奈は最後に「本当に本当に8年間ありがとうございました。これからも乃木坂46最強グループなのでメンバー1人ひとりのことを見て愛して下さい」とファンに向かって呼びかけ、アイドル人生最後に幕を閉じました。


まとめ


IMG_1998

未央奈自身の心残りや、隣に居てあげられなかったと後悔を語る2期生の言葉。
ごめんアナスターシャ約束を守れずにあの夜の僕には勇気がなかった
乃木坂46 2期生、彼女達の生き様はいつも一際輝いている。




『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。
IMG_1966

皆さん、自分の推しが卒業してしまった経験はありますか?
私はこれまでにそんな経験をほどしています。


この度、乃木坂46 2期生の堀未央奈さんが卒業をされますね。



2期生として加入後すぐに「バレッタ」でセンターを務め、様々な荒波に揉まれながら、現在の乃木坂の地位を築き上げた中心人物の1人。
1期生のみで構成された牙城に、2期生として初めて乗り込み、登ってきた坂道は本当に過酷だったと思います。
そんな存在に勇気付けられ、応援したい!と感じたファンの方は非常に多かったのでは無いでしょうか。


IMG_1967
IMG_1965

私も勿論大好きでしたが、特別推していたわけではない私でさえかなりの衝撃と寂しさがあったので、推していた方々は本当に辛いと思います。

そんな皆様に向けて、今回は『これまでに卒業してしまった私の推しメン達』を紹介していきたいと思います。笑

これを読んで、少しでも共感して頂けたら幸いです。







①中元日芽香

IMG_0114

まずは私の1番の推しメンであった「中元日芽香



おそらく金輪際ひめたんを超える推しメンは出てこないと思っています。
双極性障害という、俗にいう「躁鬱病」になってしまった事が最大の原因と考えられています。



乃木坂での活動中も通院をしていましたが、万全の状態で常に仕事をしたいと考えるひめたんにとって、「躁鬱病」で中途半端にアイドルをすることに耐えられず卒業。



乃木坂の中でも、いや、アイドルグループの中でもザ・アイドルを追求し、真面目な性格のひめたんにとって、「自分の中のアイドル像を全うできない」という事は非常に辛かったのだと思います。



その他、乃木中でのスキャットマン事件・妹との比較・選抜落ちなど、考えられる要因はいくつかありますが、私はそのような出来事も含めて、ひめたんの生き様が大好きです。



真面目で少し不器用な所がある中元日芽香さん。
これからも応援しています。


FullSizeRender

だって今も好きなんだ


◉卒業:2017年12月







長濱ねる

IMG_0115

私がアイドルを好きになるきっかけを作ってくれた「長濱ねる」

テレビの歌番組で欅坂46が出ており、なんとなく見ていた時に一目惚れ。

卒業理由として、はっきりとしたものは分かっていませんが、メンバーとの不仲説・学業に集中したい・両親との約束・本当にやりたい事など
考えられる要因は様々あります。



ファンとしては本人がやりたい事をして幸せになってくれる事が1番の願いなので、この卒業が前向きな卒業であり、これからもっと幸せになってくれたら嬉しいですね。



3月7日の卒業発表時のブログでも「卒業後については約束なく 気持ちを緩めて考えられたらなと思っています」とつづっていたように、芸能活動を続けるとも芸能界から引退するとも明言しないまま「さよなら、またね~」と締めくくりました。


また、どこかで会えたら嬉しいです。
IMG_0138

また会ってください



◉卒業:2020年7月





③柿崎芽実

IMG_0116

けやき坂46時代から好きだった「柿崎芽実」


ファンによるストーカー行為が卒業の最大の原因と考えられています。

IMG_0132

最年少で加入し、欅坂46センター平手友梨奈と仲が良かっためみたん。

けやき坂46から日向坂46への改名の際、平手との関係性が変わってしまう事が、めみたんのメンタルに大きく影響したことは間違いないでしょう。
IMG_0134


ひらがなけやき」「誰よりも高く跳べ!」などの楽曲で共にセンターを務めてきた長濱ねるにもとても懐いていました。
IMG_0135

大好きな平手や、けやき坂46を作り上げた長濱ねると独立した別グループのメンバーになってしまう事は、容易に受け入れられる事では無かったのでしょう。



*改名発表の瞬間
IMG_0136
IMG_0137

他のメンバーが喜びと感動の表情をする中、めみたんの表情は、少しそれとは異なっているように捉えられます。


最年少ながら、グループの中心メンバーだった柿崎芽実さん。
早すぎる卒業に驚きと悲しみが押し寄せました。


一度も握手会に行くことなく、卒業をされてしまいました。自分の推しにいつ何が起こるか分からない現在。

日々、応援していきましょう。

IMG_0141

君の声は届いてるよ


◉卒業:2019年8月


まとめ

いかがだったでしょうか?

今回挙げさせて頂いたメンバーを見ると分かる通り、納得して最後までやり遂げて卒業!と言った感じでは無いのかなと思います。

他にも私が推しているメンバーとして久保史緒里北野日奈子がいます。
この2人に関しても休業を経験しています。
私がそういった人を好んでしまう傾向にあるのかもしれませんが。笑


限られたアイドル人生を幸せなものにし、最後まで全力で坂を駆け上がって欲しいですね。
そのために、微力ではありますが全力で応援をしていきたいです。
ひめたんもそういってましたし。笑


また、実際に中元日芽香長濱ねるに関しては、卒業後もメディア出演をしており、ひめたんに関しては乃木坂46LLCに継続して所属しています。現時点で卒業後の予定が不明であっても、ドラマやラジオ、アナウンサー等、これまでとは違った推しメンをまた応援することが出来るかもしれません。
元乃木坂46 1期生の橋本奈々未の様に完全に一般人として第二の人生を歩むメンバーもいますが、坂道グループという切り離せない繋がりで、メンバーのトークやインスタ等で再び元気な姿を確認できる事もありますからね!


ちなみに、今の推しメンは筒井あやめです。笑

IMG_4333



皆さん、悔いのないよう、全力で応援しましょう!!



















thumb (1)


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 7thシングル『バレッタ』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜バレッタ~ビーム♪

バレッタの魅力


それでは今回も、バレッタのMVを見てみましょう!


とその前にこのバレッタ
にたいして皆さん疑問を抱いているかと思います。



というのも、表題曲なのにあまりライブで盛り上がらないそもそも何を歌っているのかよくわからない、などなど。


もっと言うと、このシングルの収録曲で選抜が歌っている曲は、カッコいい「月の大きさ」、ポップな「そんなバカな」、しんみりする「やさしさとは」など表題曲であっても何の問題もないむしろそれらのほうが大衆受けしそうな楽曲であるのにもかかわらず、バレッタ。


そして何より、新しく加入した2期生の堀未央奈が新センターを任された大勝負のシングルなのにもかかわらず、なぜか謎の雰囲気をかもし出すバレッタを表題曲として歌わなければならなかったのか。



その理由も含めて紹介していきたいと思います!


それではまずは、バレッタのMVを見てみましょう。





そして次は歌詞を見てみましょう


バレッタ
君の髪
大きな蝶が留まってる
バレッタ
羽根を立て
気づかれたくなくて
じっとしている
僕だ

図書室の窓際で
女子たちが声潜め
会議中
ヘミングウェイを読みながら
僕はチラ見した

唇のその動きを
頭の中でトレースして
さあ ヒントを貰おうか?
偶然 目と目が合って
心を覗かれたように
もう 僕は白旗上げた

バレッタ
風の中
踊った髪を手で押さえ
バレッタ
太陽が
ああ眩しそうに
目を逸らしたのは
君だ

昆虫の図鑑には

きっと載っていないって
思ってた
妄想からロマンスが
ふいに 動き出す

君たちのその企み
状況証拠 並べて
さあ 推理してみようか?
男子でカッコいいのは
誰かと盛り上がってる
そう 僕の視線の先で…

バレッタ
君の髪
大きな蝶が留まってる
バレッタ
羽根を立て
気づかれたくなくて
じっとしている
僕だ

<font size="4"></font>

バレッタ
振り向いて
両手で髪を留めながら
バレッタ
君らしく
いたずらっぽい目で
微笑んだのは
なぜだ?

Lalalala...



この曲はざっくり言うと、不思議な雰囲気の女の子に一人の男の子が心惹かれていく様を歌った曲といったものです。


これらを踏まえてバレッタについて語っていきたいと思います。


①歌詞の「君」とは堀未央奈


堀未央奈といえば、どこかつかみどころがなく何を考えているかわからないけれど、なぜか惹かれてしまうという人物ですね。


歌詞に、"いたづらっぽい目でほほ笑んだのはなぜだ"とあるように、この「僕」と「君」とは我々ファンが不思議な魅力を持つ新センター堀未央奈に惹かれてしまっていくという関係性にも重なっているように思えます。


またバレッタとは髪留めのことでその見た目から蝶のようといわれています。
歌詞に出てくる蝶とはまさしくこのバレッタのことです。


o0320018013897539369


加入したての堀未央奈はかなりのロングヘアーで、題名でもあるバレッタで髪を結ぶのにはぴったりの長さです。まさに曲中に登場するバレッタをつけた「君」のように思えます。


このことから新加入の新センターである期待のエースとして堀未央奈を売り出す際に、彼女の特徴や人物像から連想してこの曲を作ったと私は考えています。




②MVのストーリーの意味


ネタバレになっていしまいますが、このMVの内容は生きた人間の体を剥製として売っている組織にとらわれた堀未央奈は、仲間たち(八福神メンバー)に助けを求めます。


このMVのテーマは「制服は最強」ということもあり、私服から戦闘服であるバレッタの制服衣装に着替え助けに来たメンバーは拳銃、ショットガン、日本刀、武術などで組織のメンバーを次々倒し、堀未央奈を救出します。


20180924001038


拘束されていた縄をほどきさあ帰ろうとなったその時、助けられた堀未央奈が背後から白石麻衣を撃ち殺します。


2062115_201511100524611001447147263c

その後堀未央奈は


「だってこうするしかないじゃない」


とつぶやき、最後バンッという銃声とともにMVは終わります。


MVのストーリーとしてははっきりとした答えがないので憶測となってしまいますが、マエストロといわれるこの組織のボスがMVの序盤で何者かに


「さっさともっといい素材集めてこい」


と言ってます。
言われている人物は制服にロングヘアーをしており、恐らく堀未央奈であると考えられます。


つまり堀未央奈はもとよりこの組織とつながっており、「もっといい素材」とあるように冒頭の伊藤万理華も堀未央奈が組織へ差し出した素材であるといえます。


これらのこととラストのシーンから、


堀未央奈と白石麻衣は組織の一員であったが、堀未央奈はこの人身売買を終わらせるため、一員である白石麻衣を殺した。そしてもう一人の一員でもある自分自身も撃ち殺した。


と考えることが出来ます。


そしてこのMVのラストシーンですが、ストーリー内容以外にも意味があります。

堀未央奈が白石麻衣を撃ち殺して「だってこうするしかないじゃない」、と言うシーンですがこれは

前6thシングルセンターの白石麻衣を撃ち殺してでも7thのセンターの座を奪いとる、つまりは先輩をであろうとセンターの座を奪いとる


という新加入堀未央奈はもちろん2期生としてこれからの乃木坂に対する気持ちを語ったものだとも考えられます。



③バレッタを暗示するダンスとMV


前述したように、バレッタはその見た目から蝶と言われています。


ダンスでは腕をひらひらさせたり指先を繊細に使うことでまるで自身を蝶であるかのように表現しており、題名とマッチしています。


MVに登場するメンバーも髪にバレッタをつけており、MVとダンスどちらにおいても題名であるバレッタに関連させています。


またMV中に頻繁に出てくる銃は、弾丸(bullete)と題名のバレッタ(valletta)にちなんでいるとも言われています。


題材である題名に関連させた作品やパフォーマンスをしているという点では、この楽曲は全体として一貫性があるように思えます。

また、新しい2期生のセンター堀未央奈に関しても焦点を当てた曲にしつつ、MVのストーリーもそんな彼女や2期生と1期生のこれからを暗示したものとなっています。


まとめ


いかがだったでしょうか?


新センター堀未央奈の要素を含みつつ、題名であるバレッタもキーとして楽曲を構成しています。


冒頭で述べたように、これを一つの楽曲の作品として表現するのは、このバレッタしかできないように思えます。


この記事の内容が頭の片隅にあれば、どう盛り上がっていいかわからないライブ中のバレッタでもエモーショナルに慣れること間違いありません。


皆さんが思うバレッタの魅力などもコメントいただけると幸いです♪


今回はこのあたりで。


それでは!



 おすすめ記事






↑このページのトップヘ