今、話したい坂道がある

坂道グループに関して、様々な視点から情報をまとめています。 あなたの推しメン情報もきっとこの中に。



タグ:徹底解説


637538
 

『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。



今回は乃木坂46 18thシングル『逃げ水』を掘り下げていきたいと思います。


逃げ水 MVの内容


福島県会津若松市にて撮影された逃げ水のMV。

3期生で新センターに抜擢された与田祐希大園桃子が侍女の見習いとして、広大な敷地を持ち謎に満ちた「伊丹家」に迎えてもらい、たくさんの不思議なことに出会うけれど驚いてはいけないという教えのもと生活をしていくという設定。


DFO0B1DU0AA6jJu


また、伊丹家に住む人たちの変わった詳細設定も見どころです。


【キャラクター詳細設定】

・伊丹マイ(白石麻衣)…長女。朝食はご飯と決めている。絶対にそれを譲れない。

・伊丹ナナセ(西野七瀬)…次女。朝食はパンと決めている。毎朝の争いにストレスもある。

・伊丹イク&マツ(生田絵梨花・松村沙友理)…米派。若干米ではなくても美味しければいい、という気持ちがあるという噂がある。

・伊丹サクラ&ワカ(桜井玲香・若月佑美)…パン派。パンを食べる事によって、険しい顔が極上のほころび顔になる2人。

・伊丹アスカ(齋藤飛鳥)…侍女の先輩。指を2本骨折しているが、これは仕事さぼる為の口実であり、嘘。よく姿をくらます。

・伊丹カズ(高山一実)…自分の世界に引きこもっているが、誰かに理解されるといいな…という思いはある。ナナセだけが理解してくれている。

・伊丹マナツ(秋元真夏)…バラエティータレントとして日本のテレビに出たいと思い、部屋で常にその鍛錬に励んでいる。

・伊丹ミオナ(堀未央奈)…生粋の日本人だが、自分を中国人だと思い込んでいる。ヌンチャクが宝物。

・伊丹コマ&ミナミ(生駒里奈・星野みなみ)…不潔が大嫌いな2人。礼儀に敏感。新人2人が入ってきたので、思う存分礼儀作法を説く事が出来て嬉しい。

・伊丹サ&シンウチ(衛藤美彩・新内眞衣)…家にいながら部屋をオフィスのようにしている2人。何かに取り憑かれたようにOLの仕事をしている。

・伊丹マリカ&サユリ(伊藤万理華・井上小百合)…奇抜な格好をしている2人。何を考えているのかさっぱり分からない。屋敷内をセグウェイで徘徊している。実はダンスが大好き。


この設定を知ったうえでMVを鑑賞すると、面白さは倍増します!




逃げ水 歌詞の内容・考察




逃げ水とは?

→陸上の蜃気楼(しんきろう)の一種。草原などで遠くに水があるように見え、近づくとまたその先の方に遠のいて見える。



◉イメージはこんな感じです⬇︎
934314b591df5a40c7ae553fb98cdb1a_m-300x200


アスファルトの長い道路などで遠くに水たまりが見える現象のことで、近づくとまた遠のいてしまうものです。蜃気楼の一種で、英語で蜃気楼のことを『ミラージュ』と言います。

このことから、近づくと逃げる水、ということで逃げ水と名付けられています。

なぜこの逃げ水についてこんなに詳しく説明したのかと言いますと、逃げ水の意味を知らないと歌詞があまりピンとこないからです。

というわけで逃げ水について知ったうえで、歌詞を見ていきます。


〈1番歌詞〉


日差しに切り取られた
市営球場から聞こえてくる
ひと夏の熱狂は
どれくらい風が吹けば醒めてくのか?

自分の声が他人のように響くよ
客観的過ぎるのだろう
いつの日からか 僕は大人になって
走らなくなった




主人公の僕ですが、アイドルの夏曲では珍しい学生ではなく、成人をした大人の男性です。

夏と言えば熱狂し熱くなっている季節ですが、主人公は どこか冷めていて夏から一歩距離を置いているといった印象を受けます。


”大人になって走らなくなった”


とあるように、かつては熱く走って生きていた主人公ですが、今はそんな熱はなくなってしまっています。




ミラージュ 遠くから見た時
道の向こう側に水たまりがあったんだ

近づいたらふいに消えてしまった
目指して来たのに
どこへ行った? あの夢



ここでいう、遠くから見たときにあった水たまりとは、主人公が気づけばなくしてしまっていた夢のことだったのです。

大人になるにつれて夢に近づいていたつもりが、その夢はどこかへ消えてしまった。


今回の楽曲では、近づくと遠のいてしまう 『逃げ水(ミラージュ)』と、 『主人公が気づけば失くしてしまった夢』が重なっているのです。



〈2番歌詞〉


芝生のスプリンクラー
過ぎるその季節を止めようとする
半袖を着た女は
カーディガンをいつ肩に羽織るのか?

やりたいことは いつもいっぱいあったのに
できない理由 探していた
君と出会って 青春時代のように
夢中になれたよ



今は夢を失ってしまった主人公。

しかし、君と出会うことでそんな主人公の心情は変化していきます。

君と出会うことで、青春時代の熱をもう一度取り戻しています。



ミラージュ
僕が見ているもの
それが真実でも幻でも構わない
今確かに 僕の目に映るなら
逃げてしまっても 追いかけたい この恋



かつては見えていた夢に向かって歩んでいても遠ざかってしまい、夢を失ってしまいました。

今見えている君という存在も近づくと遠ざかって消えてしまうかもしれません。

しかし、主人公は変わりました。

今見えている大切なものが消えてしまうかもしれませんが、確かに見えているのなら、追いかけるのです。



大事なものはいつだって
あやふやな存在
手を伸ばしても 何も触れられない
でもそこにあるってこと
信じるまっすぐさが 生きてく力だよ



かつては目指していた夢を追いかけていたけれど手に入れることが出来なかった主人公。

しかし、大切なのはそれを手に入れることが出来たのかどうかなのではありません。

 『そこにあると信じるまっすぐさ』が生きていくうえで大切なのです。

これは恋愛に限らず、様々な物事に対しても言えることだと思います。


本当に手に入れたいと思うものは、蜃気楼のようにあやふやなもので、触れられないものなのですね。



新3期生のWセンター

20170721-nogizaka-950x536


前作に続きWセンターの布陣ですが、なんとその2人は、新しくグループに加入した3期生の与田祐希大園桃子でした。


2期生加入の際には7thシングルで堀未央奈が新センターを務めたように、これは新期生が加わると起きる行事なのでしょうか。

main_w660


1期生の中心メンバーの卒業が続いていた乃木坂にとっては、そのメンバーに代わるよう新たな中心メンバーを在籍しているメンバーに託すのではなく、新加入メンバーに託し、新たな風を吹き込みたかったのかもしれません。


また、この2人が選抜入りしたことで、白石麻衣大園桃子の 『まいももコンビ』西野七瀬与田祐希の 『よだせまるコンビ』も誕生しました。

<まいももコンビ>
5791d9953a98809e5bcd97f5ed560a4f (1)



<よだせまるコンビ>
916615c8c9bdd2ca58555a9d340f5057


このコンビ同士が仲良くなったというのは運営の意図ではなく恐らく偶然ですが、運営にとっては嬉しい誤算だったかもしれません。


いずれにせよ、運営は乃木坂の世代交代をこのシングルから意識していたといって間違いないと思います。




まとめ

0451740df7c334bfe6d194963d2d42a4


いかがだったでしょうか?


乃木坂に新しく風が吹き込んだシングルであった逃げ水。
歌詞も、何か大切なことに気づけるようなもので、まさに乃木坂らしい歌詞となっています。

MVの意味を知った上で見ると、また違った面白さがあり、二度楽しめると思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。





5005

『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 16thシングル『サヨナラの意味』を掘り下げていきたいと思います!



サヨナラの意味 選抜メンバー


20161026224741

センターは今作で卒業の橋本奈々未

センター隣は西野七瀬白石麻衣

両端には高山一実生田絵梨花と文句なしのフロント。

3列目には2作連続で選抜入りを果たした北野日奈子中元日芽香(ひめたん)新内眞衣

また14thシングル以来の選抜入りとなる伊藤万理華も3列目に選抜入りを果たしています。


まいやんと並び乃木坂のエースとして引っ張ってきた橋本奈々未ですが、センターは今作で初めて。
ファンが長年期待していたななみんのセンターですが、表題曲では最初で最後となりました。


ちなみに収録曲での幻のななみんセンター曲と言えば、7thシングル収録の「やさしさとは」があります。



サヨナラの意味 歌詞とMV内容


とある村に住む、感情の起伏によって体からトゲが出てくる「棘人(しじん)」と出ていない一般人の2種類の人種が、互いに恐れてはいるが年に一度のお祭りでは協力し合う、という内容のMVになっています。

棘人は橋本奈々未、一般人は西野七瀬が中心となってストーリーが展開しています。

そして歌詞ですが、橋本奈々未卒業シングルということもあり、題名からもわかる通り、 『別れ』について歌ったものとなっています。

別れに関しては、歌詞の内容をそのままに解釈をすると、


 『恋人(大切な人)との別れ』、橋本奈々未の卒業を加味して解釈すると 『アイドル(今作は橋本奈々未)の卒業』について綴られています。


o0808043013778271958


〈1番の歌詞〉




 電車が近づく 気配が好きなんだ
 高架線のその下で耳を澄ましてた





主人公の「僕」は恋人と待ち合わせをしています。

恋人を待っているその時間と恋人が乗っている電車が近づいてくる感じが好きだそうです。




 歳月の流れは(歳月の流れは)
 教えてくれる(教えてくれる)
 過ぎ去った普通の日々が
 かけがえのない足跡と





これから恋人と会えるというのにどこかこの歌詞からは悲しみを感じます。

主人公は何かを感じ取っていたのかもしれません。


〈2番の歌詞〉



 電車が通過する 轟音と風の中
 君の唇が動いたけど 聞こえない


 静寂が戻り 答えを待つ君に
 僕は目を見て微笑みながら頷いた




この歌詞からなんとなく主人公は恋人から別れを告げられたのかな?と読み取ることが出来ますね。

先ほどの歌詞は、恋人から別れを告げられるのを察していたのかもしれません。

そんな心の準備をしていたので、別れを受け入れることが出来たのかもしれません。


そしてここからそんな主人公の別れに対しての気持ちがサビでつづられます。


〈1番サビ〉



 サヨナラに強くなれ 
 この出会いに意味がある
 悲しみの先に続く 僕たちの未来

 始まりはいつだって そう何かが終わること
 もう一度君を抱きしめて
 守りたかった愛に代わるもの





〈2番サビ〉




 サヨナラを振り向くな
 追いかけてもしょうがない
 思い出は今いる場所に 置いて行こうよ

 終わることためらって 人は皆立ち止まるけど
 僕たちは抱き合ってた
 腕を離してもっと強くなる





僕は恋人との別れを受け入れて未来に向けて切り替えています。

ここまで受け入れられている主人公はすごいですね。

そしてこの歌詞は、アイドルの卒業に関しても言えることですね。

大エースとして白石麻衣とともに乃木坂を引っ張ってきた橋本奈々未。

そんな彼女の存在はファンとグループどちらからしても大きく、卒業の悲しみはとても大きいものです。


しかし、

サヨナラに関して悲観的になるのではなく、新しい未来が始まるために必要なものだと、前向きにとらえよう


ということを歌っています。

恋人との別れ、メンバーの卒業、どちらの意味にしてもこの歌詞はとても前向きなものになっています。

これだけ前向きすぎると、別れを惜しむのはいけないことなの?と思ったり、この主人公は何でこんなにドライなんだと思うかもしれません。

こちらの歌詞に続きます。




 躊躇してた間に陽は沈む(切なく)
 遠くに見える鉄塔ぼやけてく(確かな距離)
 君が好きだけど(君が好きだけど)
 ちゃんと言わなくちゃいけない
 見つめあった瞳が星空になる






別れを躊躇している間になんと日が沈み夜になってしまいました。

恋人のことは好きだけど「じゃあね。」と一言を言い出すことが出来ません。

これまでの歌詞だけ見るとなかなかドライで現実を素直に受け入れられる主人公のように思えましたが、それはほんの強がりで、気持ちで受け入れられてもやはり別れの一歩踏み出せません。


〈大サビ〉



 サヨナラは通過点
 これからだって何度もある
 後ろ手でピースしながら
 歩き出せるだろう君らしく…





誰だって別れは辛いものですが、これから何度も別れはありますし、別れがあるからこそ何かが始まります。

このサヨナラによって

君(恋人)の明るい未来を願い、君らしく歩いて行けるという主人公の君への思いやりと優しさ

を感じることが出来ます。

これこそがサヨナラの意味であり、この出会いに意味があるという歌詞が意味することなんだと思います。



まとめ


IMG_7464


いかがだったでしょうか?

最初で最後の橋本奈々未センター曲、歌詞もとてもメッセージ性が強いものとなっています。

合唱曲としても愛されているこの楽曲、多くのファンから今でも愛されている曲であり、私自身も大好きな曲です。
実際に、ファンが選ぶ乃木坂46ベストソング 楽曲ランキングでは、2回連続で不動の1位となっている伝説の楽曲です。

別れというネガティブな印象のあるものにも美しさや幸せを見出しているこの楽曲は、まさに乃木坂らしさがギュっと詰まっていると思います。

世代交代が進む乃木坂46において、この偉大なメンバーが務めた美しい楽曲のセンターを誰が引き継ぐのかも注目ポイントのように思えます。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


 おすすめ記事








o0767043513695069102


『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 15thシングル『裸足でsummer』を掘り下げていきたいと思います!



裸足でsummerの歌詞・MVの内容

8277160b


アイドルの夏曲と言えばキラキラでアゲアゲで、聴いているだけでテンションが上がってしまうような曲をイメージするかと思います。

乃木坂の夏曲もこれまではそういった夏曲ばかりで、どの曲も聴いているとテンションが上がりますね。


しかし、裸足でsummerは同じ夏曲ではありますが、歌詞はあまりキラキラしていないという変わったものとなっています。



イントロも、これまでの太陽をガンガンに浴びているようなノリノリの感じとは違い、どちらかというと日陰で風に吹かれながら冷たい飲み物を飲んでいるような、涼しげなものになっています。

歌詞の内容は、

裸足になってどこかへ行ってしまうような天真爛漫でわがままな女の子に振り回されているけれど、そんな女の子に恋をしている僕。
そんな僕の気持ちは気づかれておらず、女の子に片思いをしている。

といったものです。

普通の夏曲であれば、

好きな女の子に対して思いを伝えよう!!

となるかと思いますが、この曲は、

君が裸足になるなら僕も裸足になるし、どっか行くなら僕も一緒についていくよ。

自分の気持ちは隠したままだけど、君といられれば素直になれるし楽しい。

こんな感じだけどいつかはちゃんと話せるかな

となんとも内気で草食系な男子を歌ったものとなっています。

それもそのはず。今回の裸足でsummerでは、自身初となる齋藤飛鳥がセンターを務めています。


この夏で思いっきりはしゃがずにゆったり過ごしている感じがなんとも飛鳥っぽくてあっているように思います。

しかしそんな裸足でsummerですが、ライブでは「Heyyyぃぃぃl!!!」の掛け声やそれに合わせてタオルを上にあげるなどでとても盛り上がります。

そのジーンと来る曲調も含め、ファンからは人気の高い1曲となっています。



そして今回のMVですが、撮影地は沖縄県の名護市。

メンバーはインディアンっぽい飾りや帽子などをつけています。

涼しげな格好でヒッチハイクをしたりブランコに乗ったり花火をしたりと、自然豊かな映像の中に夏を満喫して楽しんでいるメンバーが印象的です。

しかし、そんな映像の中に気になるものが。

20170520212353

サビのダンスシーンでの海辺なのですが、泥水?と疑ってしまいますね(笑)


飛鳥本人もその茶色さを少し気にしているようでした。

48776e09-s

隣のひめたんが可愛いのもちゃんと触れておきましょう。



裸足でsummer 選抜メンバー


nogizaka46-formation-15th


今作初めてセンターを務める飛鳥の両脇を西野、白石の2大エースでさせており、フロント両脇は橋本、生田と実力派で固めており、このフロントのスキが1つも見つかりませんね(笑)


選抜メンバーは16人とそんなに多くはない中、あるメンバーが選抜入りを果たしています。

Cnk6CDgUsAAdFLT

そう、ひめたんです。

その人気・パフォーマンスとは裏腹に、7th以来選抜入りを果たしていなかったひめたん。

ここへきて悲願の選抜入りを果たしました。

乃木坂ファンであれば、ひめたんが再度選抜入りを果たしたこのシングルは、なかなか思い入れがあるのではないでしょうか?
ちなみに私は嬉しすぎて鳥になっていました。(?)



まとめ

いかがだったでしょうか?

歌詞的には少し変わっているけれど、センターの齋藤飛鳥らしさが歌詞とリンクしており乃木坂っぽさもある夏曲の裸足でsummer。

聴いていると主人公のぎこちない感じから何かしんみりしますよね。

ライブでも盛り上がる、最高の夏曲となっており、特に夏の神宮ライブは究極です。炎天下で汗を流しながら叫ぶあの瞬間をまた味わいたいものです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。



 おすすめ記事






↑このページのトップヘ