今、話したい坂道がある

坂道グループに関して、様々な視点から情報をまとめています。 あなたの推しメン情報もきっとこの中に。



タグ:遠藤さくら


maxresdefault (9)

『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『歴代の乃木坂46 個人PVのおすすめ楽曲7選』を紹介していきたいと思います!


いきますよ〜個人PV~ビーム♪




おすすめ個人楽曲PV 7選



① まりっか’17【伊藤万理華】


fdaec9807cecdb57db3f024ef18525ef






やはり最初はこちら!5thシングル『君の名は希望』タイプA収録の『まりっか’17』。

個人PVを語るうえでこの方を外すことはできません。個人PV女王こと伊藤万理華

数ある個人PVの中でも、爆発的なヒットとなった楽曲となっています。


この作品は、伝説のスタッフと言われている、


監督:山本真純
演出:福島真希
振付:菅尾なぎさ
音楽:福島節

のグループで制作されました。


「定期とケーキ間違えた」
「童顔だけどセブンのティーン」


など、口ずさみたくなるようなフレーズばかりです。


また、音楽だけではなく、ダンスやこのヘッドフォン等、全ての要素が相まって作品として最高級の仕上がりになっています。







②お願いマイハート【星野みなみ】


maxresdefault (5)






 続いてはこちら!『まりっか’17』と同シングル、5thシングル『君の名は希望』タイプC収録の『お願いマイハート』

 星野みなみがお面をつけた小学生の子供たちと遊ぶという、何とも平和でゆるゆるな内容で癒されます。笑


MVの撮影も実際に小学校で行われました。

乃木坂46の楽曲にみなみちゃんのソロ曲はないので、歴代で唯一のソロ曲となります。


お世辞にも上手とは言えませんが、その甘いボイスを聴くと、もはやそんな事はどうでもよくなります。
高い音が出ていない不完全感や、アンニュイなメロディが癖になり、絶妙なみなみちゃんワールドを味わう事が出来るでしょう。






③ 聖母と呼ばれる前に【深川麻衣】


maxresdefault (8)





続いては乃木坂の聖母による楽曲、10thシングル『何度目の青空か?』タイプC収録『聖母と呼ばれる前に』


『聖母』というあだ名をつけられていた深川麻衣ですが、そのあだ名通りの格好で歌を歌っています。

ギター弾き語りという聖母にしてはギャップのある内容で、パンチが効いています。

あの特徴的な柔らかい歌声で、聴いているだけで心が癒されます。
声にまいまいの性格が滲み出ている様な、これぞイノセントワールドという感じです!






④ 食物連鎖【からあげ姉妹】


maxresdefault (6)








続いては、 10thシングル『何度目の青空か?』タイプA(生田絵梨花)、タイプB(松村沙友里)収録『食物連鎖』


みなさんご存じ、生田絵梨花松村沙友理によるユニット 『からあげ姉妹』の個人PV楽曲です。
「表情がない」「唐揚げが好き」「姉妹」をキーワードに誕生したユニットとなっています。

生ちゃんとまっちゅんの2人分の個人PVを対にした様な感じですね。

12thに収録されている楽曲『無表情』の雰囲気と同様に、この個人PVも無表情で撮影をすると言うシュールな雰囲気に仕上がっています。

2021年には、からあげ姉妹としての新楽曲『1・2・3』がテレビアニメ「ポケットモンスター」のOPとして採用されましたが、その際には満面の笑顔を解禁しておりますので、そちらも是非ご覧下さい!







⑤ ヒナコはキタノ【北野日奈子】



151205KitanoHinako1





続いては、2期生 北野日奈子の個人PV、
 13thシングル『今、話したい誰かがいる』タイプA収録、『ヒナコはキタノ』

こちらはミュージカル調の明るい個人PV楽曲となっています。

「北野」と「来たの」を掛けて、
「北野は来たの〜日奈子は来ない〜♪」

というフレーズが何度も炸裂します。笑
一度聞くとなかなか頭から離れないキャッチーでコミカルなダンスは、お茶目なきいちゃんに良く似合っています。


北野日奈子個人的には、自身がメンバーとして入っているユニット「サンクエトワール」の『大人への近道』も同シングルに収録されるなど、躍進したシングルでもあります。







⑥ 伊藤まりかっと【伊藤万理華】


maxresdefault (7)



今回2回目の登場となった伊藤万理華の個人PV
 17thシングル『インフルエンサー』タイプC収録、『伊藤まりかっと』

またしても個人PV女王の作品を選ばせていただきました。

この作品もあの『まりっか’17』と同じ、


監督:山本真純
演出:福島真希
振付:菅尾なぎさ
音楽:福島節



のグループで制作されています。


それもあるのか、ファンからはまりっか’17』を超えたという声もあがっています。


また、伊藤万理華は“検索がいらない”サロン予約アプリ「requpo(リクポ)」のPRキャラクターに就任したのですが、その際のCM動画は、なんとこの『伊藤まりかっと』を元に制作されたという逸話があります。






 


これを見ると、自分もセルフカットをしたくなるのですが、それに関してはお勧めしません。笑








⑦わたしには、なにもない【遠藤さくら】


76a9a985





最後は4期生 遠藤さくらの個人PV
 23thシングル『Sing out!』タイプA収録、『わたしには、なにもない』


4期生初となる個人PVが収録されたシングルです。

この個人PVはほかの個人PV楽曲とは異なり、どこか悲しくなる様なエモーショナルな内容となっています。
メロディに合わせて歌ったり踊ったりが多い個人PVですが、こちらはストーリー性重視の青春小説といった感じでしょうか。

えんさくも初めてとは思えない堂々とした演技をしております。えんさくの持っている雰囲気を最大限引き出せており、必見です!


わたしには、なにもない』については、こちらの記事に私の熱い想いを語っておりますので、是非ご覧下さい⬇︎

※26thシングル「僕は僕を好きになる」に収録された個人PV『いや、マジ天才!』も筆者お気に入りの楽曲ですので、こちらも気になった方は是非ご覧下さい⬇︎







番外編



はじまりか【伊藤万理華】


Marika-Ito-Hajimari-ka




乃木坂の個人PV楽曲を少しでもいいと思った方、いや乃木坂46のファンであれば、こちらの神作品も必見です。

2017年末に開催された、伊藤万理華の個展『伊藤万理華の脳内博覧会』にて公開されたこちらのショートムービー 『はじまりか』

グループを卒業する彼女の、メンバーやファンへの愛のメッセージが詰まった作品となっています。
9分弱と長作品ながら、いざ見てみるとグループに加入してから卒業するまでの彼女の想いや、ポップでありながらしんみりとする曲調に、思わず涙でぐしゃぐしゃになってしまいます。

そしてなんとこの作品、 『まりっか’17』や 『伊藤まりかっと』で演出として制作に携わり、『まりっか』の愛称の名付け親である福島真希さんが監督を務めています。

乃木坂として最後の個人映像作品は福島さん以外考えられず、伊藤万理華自身からオファーをしたそうです


この最強コンビは、乃木坂個人PVの伝説的なコンビと言って言いでしょう。



おすすめ個人PV楽曲 7選まとめ


いかがだったでしょうか?

今回は完全に個人的に印象的で頭に残っていた作品を選出しました。

皆さんが思うおすすめ個人PV楽曲などもコメントいただけると幸いです。






『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は2020年2月21〜24日に行われた、
『乃木坂46 8th YEAR  BIRTHDAY LIVE』の3日目で披露された「帰り道は遠回りしたくなる」について語っていきたいと思います。


IMG_5448






3日目 セットリスト


IMG_5449
IMG_5452


IMG_5454



帰り道は遠回りしたくなる

IMG_5446⚫︎西野七瀬の卒業ソングでもある22作目のシングル楽曲「帰り道は遠回りしたくなる
センターの西野七瀬は2018年度内の活動をもって卒業であったため、2019年最初の披露となったCDTVでのパフォーマンスでは、秋元真夏代役でセンターを務めています。


⚫︎グループ最多となる7度のセンターを務めた西野七瀬。彼女のセンターまでの軌跡は乃木坂46を歩んできた上り坂の歴史を映す鏡でもあります。


⚫︎そんな西野七瀬がいない今回の帰り道は誰がセンターを務めるのか、再び秋元真夏がするのか、1番慕っていた3期生の与田祐希がするのか、ファンの間で話題になっていました。



遠藤さくらが流した涙

FullSizeRender

この日6回目のMCはなんと遠藤さくら

48曲目が始まる前、遠藤さくらが挨拶をし、「乃木坂46にとって大切な曲なので全力でパフォーマンスしたい」と意気込みました。

私は最初、「シンクロニシティ」かなと思っていたら、「帰り道は遠回りしたくなる」のイントロ。
歓声と共にドームは緑一色に染まりました。そして、センターには遠藤さくら。


実は遠藤さくら、イントロで眉をひそめて悲しそうな表情をしていた様ですが、偉大な乃木坂の歴史を作り上げた大先輩「西野七瀬」の卒業ソングのセンターを務めるという重圧や不安、緊張に耐えていたのでしょう。

曲の途中、えんさくの目には涙が溜まってきます。その後ろでいつも以上に全開笑顔の大園桃子。
見せ場である、真夏とのクルクル場面ではもう既に泣いているようでした。バックで歌うコーラスの方々の透き通る歌声と相まって本当に鳥肌が立ちました。
FullSizeRender

そして最後の「強くなりたい」というフレーズと共に溜まっていた涙が目から溢れ出ていました。
本当に純粋で綺麗な涙でした。

FullSizeRender
この時、一瞬未来の乃木坂を見ているような錯覚に陥りました。
遠藤さくらがセンターを務める、新しい乃木坂46でした。それでいて乃木坂の暖かさや歴史を引き継いでいるようでした。



遠藤さくらの地元である愛知県で、この曲をセンターで披露する。本当に様々な感情が湧き上がっていたと思います。
このように涙を流せる人が、乃木坂を背負って行ってくれると思うと本当に安心しますし、乃木坂の意志はしっかりと受け継がれているなと感じました。

IMG_5456

また、改めて「西野七瀬」という人物の偉大さを実感するライブでした。
私は3日目のみの参戦でしたが、4日目で強がる蕾をソロで披露した賀喜ちゃんも見てみたかった、、!!


という事で今回はこの辺で終わりにしたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。
FullSizeRender







『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『遠藤さくらの個人PV「いや、マジ天才!」』についてまとめました!





個人PV「いや、マジ天才!」

FullSizeRender
26thシングル『僕は僕を好きになる』
(2021年1月27日発売)
初回仕様限定盤TYPE-Cに収録された4期生 遠藤さくらの個人PV『いや、マジ天才!』

Type-A~Dで4期生16人の個人PVが収録されており、Type-Cには、遠藤さくらに加え、柴田柚菜・早川聖来・林瑠奈が収録されています。


今作は「天才」がテーマとなり、制作には著名な映像作家・漫画家・デザイナーが参加しており、ドラマやバラエティ等、4期生の個性あふれる個人PVとなっている。

出演:遠藤さくら山本桂次
撮影:佐藤有
プロデューサー:佐賀原悠希
制作:株式会社Basedon



再生回数


個人PV公開から、20分での再生回数は以下の通りです。
1位  遠藤さくら  3万超 
2位  賀喜遥香          1.5万超
3位  筒井あやめ  5千超
        林瑠奈
     掛橋沙耶香 
6位  田村真佑   4千超
     清宮レイ 
     弓木奈於
9位  松尾美佑   3千超
     早川聖来
     金川紗耶
     柴田柚菜
     北川悠理
14位   佐藤璃果   2千超   
     黒見明香
     矢久保美緒






実際の撮影地


東京都目黒区八雲の道で撮影されていた様です。
八雲小学校が近くにあるため、小学生の通学路ですね。

FullSizeRender
FullSizeRender




【個人PV】「わたしには、なにもない」も
まとめております⬇︎


本編文字起こし

FullSizeRender


残りの高校生活もあと数ヶ月。見慣れた帰り道も、この制服を着て歩くのも、あとちょっとだと思うとなんだか寂しい気持ちになる。でも、この日は少しだけ変なことがあったんだ。

FullSizeRender
FullSizeRender
さ:「何やってるの?いや何やってるの?」

男:「うお!い、家に帰ろうと思って。」

さ:「は?」

男:「え?」

さ:「何でそんなとこにいるの?」

男:「い、いや、何となく、卒業も間近だし帰り道をいつもと違う角度で見ようと思って。」

さ:「どう?なんか違った?」

男:「いや。そっちこそ何でいるの?」

さ:「いや、家に帰ろうと思って。」

FullSizeRender

男:「家、こっちなんだ。」

さ:「会った事ないね。」

男:「会った事ないね。」





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

FullSizeRender
〜〜〜白いガードレールを挟んで歩く2人〜〜〜


さ:「もうすぐさぁ、(男:うん)卒業だけどさぁ、やり残した事とか無いの?」

男:「やり残したこと、、え〜何だろう。」

さ:「う〜ん、私も何だろうなぁ。(男:ある?)何だろう、やっとけば良かった事でしょ、、」

男:「まあ高校生しか出来ない事(さ:うん)考えたら、、青春。」

さ:「ふふふ。」

男:「違うか、違う?」

さ:「青春してそうだったよ、でも。(男:まぁまぁまぁ)サッカー部で楽しそうだったしさぁ。(男:それなりにね)」





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

FullSizeRender
〜〜〜〜公園のベンチに座る2人〜〜〜〜〜

男:「全然さくらの事知らなかったけど、(さ:うん)なんか、想像通りで良かった。」

さ:「ほんと?想像通りだった?」

男:「うん。」

さ:「そっか。」

男:「なんか、マジでほんとに本読んでるくらいしかイメージなかった。」

さ:「そうだよね。」

男:「なんか、思った通りの人だなぁ、みたいな。」

さ:「ふふふ。」

男:「マジで思った、今。」


FullSizeRender
FullSizeRender
鳥のさえずり。木々の隙間から差し込む夕日。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

FullSizeRender
〜〜〜〜〜帰り道を並んで歩く2人〜〜〜〜

男:「似てる感じがしてたんだよ。」

さ:「ふふ、何となく、ね。」

男:「何となく。」

さ:「思った。」

男:「分かんないけど。だけど、なんか話せて良かったわ。」

さ:「うん。ね。」

男:「俺こっち。」

さ:「私こっち。」

男:「じゃあ。」

さ:「うん。」

FullSizeRender
男:「あのさぁ、そっちに帰るって事は、この先の絵、もしかして見た事ない?」

さ:「見た事ないかも。」






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

FullSizeRender
〜〜あるシャッターに描かれた絵を見る2人〜〜


さ:「星って歌ってるらしいよ。でも、宇宙って真空だから、誰にも聞こえないんだって。会った時、変なところから覗いてたよね?違った角度から見ようとか言ってたけど。あれって覗いた時から、世界が全部変わってるよね?」

男:「いや、マジ天才!」
さ:「じゃあね。」


FullSizeRender
さ:「いや、マジ天才!」



まとめ

IMG_6906
IMG_6905

映画のような青春ショートムービーでした。

前作の「わたしには、なにもない」でも高校生役を演じ、青春時代の雰囲気を上手く表現していましたが、
今作でも、あの何とも言えないもどかしさが残る、青春の世界を感じる事が出来ました。
こういった類の役が本当に似合いますし、演技も上手いなぁと感じます。
普通の高校生活を送っていたら、きっとこんなだったのかなと思い、何とも不思議な気分になりました。

会話にお互いの緊張や幼さが混じっている感じも良いですよね。
欲を言えば、えんさくが歌う曲が導入歌としてあって欲しかったです!笑

次の個人PVも期待大ですね。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。




どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『4期生 遠藤さくらの素顔』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜えんさく~ビーム♪



遠藤さくら

IMG_1509
  • 生年月日:2001年10月3日
  • 年齢  :19歳(今年2021年に成人)
  • 出身地 :愛知県名古屋市


2018年11月29日に乃木坂46 4期生として加入した遠藤さくら
加入後、初参加の表題曲である「夜明けまで強がらなくてもいい」でいきなりのセンターに抜擢。
その後のシングルでも全て選抜入りを果たし、西野七瀬の後継者齋藤飛鳥に並ぶ小顔などと注目を集め、
今や齋藤飛鳥に次ぐ乃木坂のエースと期待されている。

そんな遠藤さくらの素顔や心境に迫っていきたいと思います。




アイドルになろうと思ったきっかけは?

IMG_1519

名古屋でいわゆる普通の高校生だった遠藤さくら。乃木坂46のオーディションを受けたときは、
アイドルになれるなんて全く考えていなかったという。スカウトされた経験もなく、オーディション自体が初めてだった模様。

オーディションを受けた理由は、「引っ込み思案の性格を変えたかった」​から。

友達ともうまく話せないほど、引っ込み思案だった事から、キラキラと輝く乃木坂46のオーディションを受ける
勇気を持つだけでも、大きな一歩を踏み出せるような気がしたと語る。


実際に、遠藤さくら自身の個人PVである「わたしには、なにもない」(23rdシングル『Sing Out!』Type-A収録)でも、作中の台詞で
「私には、何もないからさ」「自分が嫌になるの。自信がなくて、空っぽの自分が」「だから私動いてみようと思って」
と、実際の遠藤さくらの経験に基づいた内容で、作られています。

これを知った上で改めて個人PVを見ると、実際の高校時代の遠藤さくらを見ている様で、何とも感慨深いです。

↓動画・歌詞など載せています。








加入後の自身の変化


IMG_1518
遠藤さくら自身、ものすごい変化があったと話す。

ー乃木坂の4期生に加入。変化はありましたか?ー
 最初の頃は、4期生とも話はするけれど、少ししか出来ませんでした。打ち解けられるようになったんです!取材での受け答えも、昔の自分と比べたらですけど、信じられないくらい頑張れています。今もそうです!(笑) でもまだ、地元の友達や家族から「変わったね!」と言われるほどではないんですけど...(笑)でも一緒に時間を共有する中で、心を開くのが苦手な自分にしては、驚くほど。


ー何かきっかけが?ー
 まず、4期生のメンバーはとにかく性格がよいんです! 乃木坂46に入ってすぐ、4期生で『3人のプリンシパル』というミュージカルの公演をしたのですが、私は感情を表すのが苦手だから、演技がまったくできなくて…。稽古中にバーッと涙を流してしまうことがしょっちゅうでした。そうやって感情的な部分が出てしまった私をみんなが受け止めてくれました。「大丈夫」「頑張ろう」って声をかけてくれたんです。そんな経験を積み重ねていくことで絆が深まっていきました。今では私、4期生にべったりです♥


ー4期生の初お披露目で「インフルエンサー」のセンター、また、シングル「夜明けまで強がらなくてもいい」でセンターに抜擢。
引っ込み思案なさくらちゃんにとってどうでしたか?ー
 お見立て会でセンターを告げられたとき、心の中で「絶対にイヤだ、無理かも…」とネガティブに考えてしまっていました。
ただただ、自信がなかったんです。泣いてしまったこともありましたが、このときも4期生のおかげで、自分だけではなくて
〝4期生全体で成功させたい〞と強く思うようになったんです。そして、7月の選抜発表では、そもそも4期生が選抜メンバーに
入ったことがなかったので、名前を呼ばれると思っていなくて、すっかり気を抜いていました。発表直後は動揺が99・9%、でした。


 
ーどうやって、どのプレッシャーを乗り越えましたか?ー
 練習中は必死で、自分のことで精いっぱいなので考える余裕もなかったんです。もともと、悩みは家族にも言わず、一人で抱えるタイプ。好きな音楽を聴いて、歌詞を受け止めながら乗り越えようと努力しました。



自身の性格、本音について


IMG_1517


自身の性格は”真面目“




人からも言われるし、自分でもそう思うと話す、自身の性格は「真面目」


​一度やると決めたことは、時間がかかっても必ずやり抜く性格。ネガティブになってしまう時間もあるけれど、
やると決めているから、やる。やります。負けず嫌いなのかもしれないですね(笑)






アイドル以外で就いてみたい職業は”保育士“




子供が大好きなんです。アイドルじゃなかったら、保育士さんを目指していたと思います。
あとは...本を読むのも大好きなので、図書館で働きたいな、と考えたこともあります!
白石麻衣もアイドルでは無かったら、保育士になっていたという事実を考えると、
乃木坂46は、現在の保育士不足の元凶なのかもしれません。言い過ぎですね。
(ちなみに西野七瀬・松村沙友理・鈴木絢音・賀喜遥香は看護師を目指していた様ですね。ちなみに筒井あやめの母親は看護師で、
 姉も看護学校に通っているそうですね。)


IMG_1521
※彼女がなりたかったのは、保育士です。







自分の世界を変える方法は”勇気“


IMG_1522

ーさくらちゃんが今思う、自分の世界を変える方法はやっぱり”勇気“?ー
 そうですね。人見知りな自分を変えたかったから、大好きな乃木坂46に履歴書を送りました。今、苦労することはありますが、好きなことだから何でも頑張れるし、自分的には驚くほど変われたと思っています。「やって損はない!」――それが、私の世界の動かし方ですね。

世界を動かすことって、まずは自分自身が変わること、ですよね。変わりたいと思ったら、とにかく何かをやるしかない。やってみて100%損することは絶対にないと思うんです。以前の私は、人見知りにも程がある、という感じでしたが(笑)、そんな性格がイヤでオーディションを受けました。自分が少しずつ変わることで、見えてくる世界も変わりました。予想外のプレッシャーで今でも泣いてしまうことはあるけれど…後悔することはありません。どんなことでも〝好き〞を軸に選べば、困難なことにぶち当たってもきっと頑張れると思います。







どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は『乃木坂46 4期生メンバーの究極のワンショット』をご紹介します。


IMG_5711
IMG_5730
IMG_5733



いきますよ〜I see~びーむ!












金川 紗耶

IMG_5512




賀喜 遥香

IMG_5806



柴田 柚菜


IMG_5515




早川 聖来

IMG_5516



清宮 レイ

IMG_5605




矢久保 美緒


IMG_5603



掛橋 沙耶香


FullSizeRender




北川 悠理


IMG_5604




田村 真佑


IMG_5728







➖おまけ➖

鈴木 絢音

IMG_5518





まとめ


IMG_5732

2018年に加入し、現在4期生として活動しているメンバー達。

4期生楽曲も既に4曲(4番目の光・キスの手裏剣・図書室の君へ・I see)あり、運営からの期待感も強く感じます。

加入から僅か1年で4期生単独ライブ実施やロケ番組「乃木坂どこへ」、dTV配信による「サムのこと」「猿に会う」など、既に数多くの実績を残しています。
IMG_5731


最近では研究生だった5人のメンバーが4期生として加入し、さらに勢いをつけて来ています。

このビジュアルを見たらやはり肯けますね。
今後どこまでビッグになるのか、楽しみで仕方ありません。






↑このページのトップヘ