今、話したい坂道がある

坂道グループに関して、様々な視点から情報をまとめています。 あなたの推しメン情報もきっとこの中に。



タグ:8thバスラ


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は2020年2月21〜24日に行われた、
『乃木坂46 8th YEAR  BIRTHDAY LIVE』の3日目で披露された「帰り道は遠回りしたくなる」について語っていきたいと思います。


IMG_5448






3日目 セットリスト


IMG_5449
IMG_5452


IMG_5454



帰り道は遠回りしたくなる

IMG_5446⚫︎西野七瀬の卒業ソングでもある22作目のシングル楽曲「帰り道は遠回りしたくなる
センターの西野七瀬は2018年度内の活動をもって卒業であったため、2019年最初の披露となったCDTVでのパフォーマンスでは、秋元真夏代役でセンターを務めています。


⚫︎グループ最多となる7度のセンターを務めた西野七瀬。彼女のセンターまでの軌跡は乃木坂46を歩んできた上り坂の歴史を映す鏡でもあります。


⚫︎そんな西野七瀬がいない今回の帰り道は誰がセンターを務めるのか、再び秋元真夏がするのか、1番慕っていた3期生の与田祐希がするのか、ファンの間で話題になっていました。



遠藤さくらが流した涙

FullSizeRender

この日6回目のMCはなんと遠藤さくら

48曲目が始まる前、遠藤さくらが挨拶をし、「乃木坂46にとって大切な曲なので全力でパフォーマンスしたい」と意気込みました。

私は最初、「シンクロニシティ」かなと思っていたら、「帰り道は遠回りしたくなる」のイントロ。
歓声と共にドームは緑一色に染まりました。そして、センターには遠藤さくら。


実は遠藤さくら、イントロで眉をひそめて悲しそうな表情をしていた様ですが、偉大な乃木坂の歴史を作り上げた大先輩「西野七瀬」の卒業ソングのセンターを務めるという重圧や不安、緊張に耐えていたのでしょう。

曲の途中、えんさくの目には涙が溜まってきます。その後ろでいつも以上に全開笑顔の大園桃子。
見せ場である、真夏とのクルクル場面ではもう既に泣いているようでした。バックで歌うコーラスの方々の透き通る歌声と相まって本当に鳥肌が立ちました。
FullSizeRender

そして最後の「強くなりたい」というフレーズと共に溜まっていた涙が目から溢れ出ていました。
本当に純粋で綺麗な涙でした。

FullSizeRender
この時、一瞬未来の乃木坂を見ているような錯覚に陥りました。
遠藤さくらがセンターを務める、新しい乃木坂46でした。それでいて乃木坂の暖かさや歴史を引き継いでいるようでした。



遠藤さくらの地元である愛知県で、この曲をセンターで披露する。本当に様々な感情が湧き上がっていたと思います。
このように涙を流せる人が、乃木坂を背負って行ってくれると思うと本当に安心しますし、乃木坂の意志はしっかりと受け継がれているなと感じました。

IMG_5456

また、改めて「西野七瀬」という人物の偉大さを実感するライブでした。
私は3日目のみの参戦でしたが、4日目で強がる蕾をソロで披露した賀喜ちゃんも見てみたかった、、!!


という事で今回はこの辺で終わりにしたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。
FullSizeRender







どん!始まりました 
今、話したい坂道がいるです! 

IMG_0696

今回は4月13日放送の乃木坂工事中について語っていきたいと思います。 

いきますよ〜乃木中~びーむ♪ 


内容は、
2月のバースデーライブに #バナナマン が大潜入大成功に終わった本番前に…実は色々やってました☺️!!
​でした!


個人的お気に入りシーンをまとめました。


松村沙友理
向井葉月
渡辺みり愛
樋口日奈
新4期生



松村沙友理


IMG_0706
IMG_0714

控え室から出てきたさゆりん。
3日目からまいやん参戦という事もあり、若干涙目のように見えました。
バナナマンのお二人が来てくれ、笑顔を作っていたのかと思うと、
その横で見ているみなみちゃんとひなちまの表情も違う様に捉えられますね。
乃木坂って良いな。

IMG_0712
IMG_0713
IMG_0708
白米様が瞬時に出てくるって、バナナマンさすが公式お兄ちゃんです。



向井葉月


IMG_0699
IMG_0694
IMG_0695

この子は芸人並みに面白さを追求したいのかな?
みんなラフな格好をしていて普通なのですが、葉月の短パンは笑いましたw
小学生みたいですね。
喋る事ないのに来ちゃう所もさすがですねw
でも絶対笑いが生まれるし、イチゴサンドあげるし
良い子だなって思います。朝のだけど。

IMG_0700
IMG_0715
フォローするさゆりん本当好きです。




渡辺みり愛


IMG_0704
毎度ライブ前に髪をわしゃわしゃされる、みり愛ちゃん。
毎回、このシーンでみり愛ちゃん可愛いなって思ってますw

IMG_0705

やられるみり愛ちゃんのまんざらでは無い感じと、
やった後に必ず謝る設楽さんのやり取りが大好きです。





IMG_0693
きいちゃんにも首しめられてて、みり愛ちゃんはMなのか?笑




IMG_0716
IMG_0717
完全一致







樋口日奈


5005
5005
IMG_0703

ひなちま可愛い。
ラフな格好もいい感じ。
胸でかい。




新4期生


IMG_0709

新4期生が左に写っていましたね。
同じ乃木坂の輪に加わっていると、感動しますね。
真ん中でカメラ向けられていますが、これそのうち新4期生のドキュメンタリー的な
映像でシングルに収録されそうで楽しみです!

奥から2番目が佐藤ちゃんかな?かわゆい。






まとめ

IMG_0711
↑悪戯コンビが発覚した瞬間(きいちゃんと清宮)



いかがだったでしょうか? 
皆さんが思う今回の乃木中お気に入りシーンをコメントいただけると幸いです。 

次回の #乃木坂工事中 は… 
全てのモヤモヤを解消しておこう!
メンバー間のささいなモヤモヤを大発表🤭解消するつもりが…なぜか新たな「わだかまり」が勃発!スタジオ大荒れ😱!?



次回も是非立ち寄ってみて下さい!
それでは!



どん!始まりました!
今、話したい坂道がいるです! 
IMG_5448


今回は2月21〜24日に行われた、
乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE の4日目で披露された「自分のこと」について語っていきたいと思います!
IMG_5468




いきますよ〜ひめたん~びーむ!






4日目 セットリスト


影ナレ:佐藤楓、与田祐希、向井菜月
M00 OVERTURE
M01 シンクロニシティ C白石
M02 ロマンスのスタート C白石
M03 ロマンティックいか焼き C飛鳥
MC1
M04 白い雲にのって C秋元
M05 ライブ神 C堀
M06 三番目の風 C大園
M07 キスの手裏剣 C遠藤
M08 ないものねだり 白石 松村
M09 自分のこと 北野 寺田
M10 もし君がいなければ 純奈 久保
M11 強がる蕾 賀喜
M12 ワタボコリ 堀 北野 寺田 向井
M13 まあいいか 白石 秋元
M14 頬杖をついては眠れない 白石 高山 和田 新内 秋元
M15 地球が丸いなら 飛鳥 与田 大園
M16 欲望のリインカネーション C樋口
M17 誰かは味方 C岩本
M18 遥かなるブータン C山下
M19 のような存在 白石 飛鳥
MC2
M20 渋谷ブルース 白石 高山 松村 向井
M21 失恋したら、顔を洗え 乃木團(純奈 久保 飛鳥 和田 中田)
M22 滑走路 C寺田
M23 君が扇いでくれた C渡辺
M24 スカイダイビング
M25 吐息のメソッド
M26 僕がいる場所 C遠藤
M27 羽根の記憶 C遠藤

MC3 新4期生の5名登場

M28 いつかできるから今日できる C与田 飛鳥
M29 革命の馬 白石 松村 高山 秋元
M30 別れ際、もっと好きになる C堀
M31 魚たちのLOVE SONG 白石 松村 高山 秋元
M32 せっかちなかたつむり 白石 梅澤 秋元 松村 高山 中田 新内
M33 海流の島よ 飛鳥 渡辺 筒井 矢久保 樋口 鈴木 和田
M34 平行線 大園 与田 岩本 久保 阪口
M35 未来の答え C久保 山下
M36 でこぴん 白石 松村 高山 秋元 新内
M37 あらかじめ語られるロマンス
M38 心のモノローグ 白石
M39 制服のマネキン C白石
M40 自由の彼方 C岩本
M41 ここにいる理由 C鈴木
M42 扇風機 C飛鳥
MC3 乃木坂バンド演奏
M43 ガールズルール C白石
M44 空扉 C梅澤
M45 きっかけ C白石
M46 Sing Out! C飛鳥
飛鳥から挨拶。

本編終了

EN01 孤独な青空
EN02 僕だけの光
筒井あやめ時間制限により、アンコール2曲目退場
MC4
EN03 乃木坂の詩 C秋元
サプライズ発表
200曲目
25th「しあわせの保護色」

EN04 しあわせの保護色 C白石


自分のこと

IMG_5462


中元日芽香の卒業ソングである「自分のこと」

2018年1月10日に発売されたアンダーメンバーによるコンピレーション・アルバム「僕だけの君〜Under Super Best〜」に収録されています。

乃木坂の中でも一際アイドルを全うし、非常に人気がありながら中々選抜に入れなかったひめたん。

人気とポジションが比例していないメンバーとして認識している人も多くいるのではないかと感じています。






2018年の乃木坂46の全国ツアーの大阪公演では、自己中プロデュースという形で、選抜メンバーが好きなメンバーと好きな楽曲を披露する際に井上小百合さんが中元日芽香さんのソロ曲「自分のこと」を披露しました。

IMG_5466


IMG_5463


また2019年に京セラドームで行われたバースデイライブでは4期生全員で「自分のこと」を披露しました。IMG_0430


久保史緒里や生田絵梨花、北野日奈子とも深い関係にあり、アンダーを現在の地位まで引っ張ってきた中心メンバーという事もあって、後輩からの信頼も人一倍厚いひめたん。寺田蘭世の有名な「ひめたん大好き」など、

IMG_0427


ひめたんを慕うメンバーは数多くいます。


そんな中元日芽香の「自分のこと」を今回は誰が披露するのか、ソロで歌うのか、非常に見どころでした。


北野日奈子&寺田蘭世による披露

IMG_0429


今回「自分のこと」を披露したのは、2期生でありサンクエトワールのメンバーである
北野日奈子&寺田蘭世

会場が緑色から、ひめたんカラーであるピンク一色に染まりました。
それをみて、感極まったのでしょう。
先に泣いていたのはきいちゃん。蘭世もつられて歌いながら泣いてしまいました。

きいちゃんと蘭世の2人が涙で詰まりながらも最後まで歌い切る。
きっとそのパフォーマンスはひめたんにも届いたと思います。
IMG_5473
IMG_5472


蘭世はモバメで「今日ハーフツインをやる意味がある」と綴っていました。
これは、4日目のライブで「自分のこと」を披露することを言っていたのですね。
本当に泣かせてくれます。

ライブ後、きいちゃんもこのようにブログで綴っています。


「自分のこと」
たくさん練習して
本番直前の練習では
蘭世と目を合わせてニコニコしながら歌って
今までで1番いいって褒められたのに
やっぱりピンク色のサイリウムが目の前に広がると泣いてしまいますね
 
 
ステージにでる直前に涙を拭いて
笑顔でやろうと思ってたけど
自分の喉がギュッと締まってるのを感じて
泣くの我慢してるんだと気づくと
また少し過去に引きづらてしまうというか。。
 
 
彼女の歌であり
私のことを歌っているようで
それが私と彼女とで重なる部分が多すぎて
また思いが溢れてしまいます
 
別に何も後に引くような後悔はないのに
どうしてもどうしてもってあの頃の思いに
引きづられてしまうのが
自分が思ってるより自分は弱くて泣き虫なんだって今の自分の大きさに気づきます。
 
 
 
今ここでステージに立って彼女のかわりに
蘭世と私で歌うことの意味は十分にあったと思います。蘭世と一緒にできたこと嬉しいよ
蘭世と一緒にこの歌に向き合うことができたこと
良かったって思う!
私がどうしようもない弱々にならずにすんだよ!笑
いつも、日奈子は日奈子らしく!って
俯く私に前を向かせてくれる
 
 
もしまたいつか機会があれば
その時はまた2人で
今度は楽しい思い出ばかりを胸に
歌えたらいいね!
 
楽しいことを思い出しても
泣いてしまいそうだけど、私たち。。。笑
 
 
自分のことを歌うことが決まった日の夜に
ひめたんに連絡したときに凄く喜んでくれて
それがとても励みになったよ!
 
 
 
本番出る直前も連絡して
終わった後に携帯を見たら
返信がきてて開いたら
写真と動画が届いてたよ(。ρω-。)
どんな内容かは秘密だけど
どんな場面でも自分の思いをお互いに共有してきた
私とひめたんらしいやりとりだったね!
だいすきだよ!
 
大人への近道  君に贈る花がない  は、
私にとってやっぱり特別でした!
それにもまた気づけた!良かった!
サンクエトワールが大切です
 
 

3日目の「大人への近道」「君に贈る花がない」では、ひめたんのポジションに代役を充てることなく、サンクエトワールの4人で披露。
そして今回の4日目の「自分のこと」をサンクエトワールのメンバーである北野日奈子と寺田蘭世が披露する。
サンクエトワールをはじめ、中元日芽香が残していったものは本当に今後も乃木坂の伝説の1つになると確信しました。
IMG_5464




中元日芽香と乃木坂46は本当に強い絆や愛情で繋がっていると感じます。
それは、この先何年経とうが変わらない事であって欲しいですね。
これまでも偉大な功績を残していった卒業生は数多くいますが、中元日芽香の生き様は、
同じような境遇にいるメンバー達の心を誰よりも強くさせ、アンダーが乃木坂の1つのブランドとなり
乃木坂全体をここまで大きくさせているのだと思います。

乃木坂46の歴史・アンダーメンバーの熱さ・完成されたグループ愛
正に、中元日芽香が残した遺産と言えるでしょう。

IMG_0428
IMG_5465


という事で今回はこの辺で終わりにしたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは!





『今、話したい坂道がある』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。

本日2019年12月22日(日)の23:59で
『8th BIRTHDAY YEAR LIVE』のモバイル先行の受付が終了ですね。

みなさん、応募はもうされましたか?

私は2018年に神宮球場で行われた「7th BIRTHDAY YEAR LIVE」に初めて参戦し、乃木坂46にハマりました。
そして今やブログを開設するほどのファンになりました、、。笑



衝撃の「OVERTURE」

初めてのLIVEで衝撃だった事の1つにファンの方々の一体感がありました。
それがこの「overture」です。
こちらは「6th BIRTHDAY YEAR LIVE」の時のovertureですが、このファンの方々の一体感と熱量は本当に素晴らしいですね。

私はシンガーソングライターなどのLIVEに行くことが今まで多かったので、
このようなファンの方も一緒にLIVEを作り上げるという、参加型のLIVEというものは初めてで、大変興味深かったです。

ある種スポーツのように、曲に合わせてコールをしたり、サイリウムの色を変えたり、タオルを掲げたり踊ったり、、
団体で協力して行う事で、達成感や満足感を得られるのだと思います。

乃木坂46は好きだけどLIVEには行ったことが無い方も古参のファンの方々も、一緒に「8th BIRTHDAY YEAR LIVE」で盛り上がりましょう!!

先日の3・4期生LIVEは外れてしまったので、今回は絶対に当てたいです、、、!

新規ファンの方のために、いくつかLIVE前に見ておくとタメになる動画を紹介して終わりたいと思います。
これであなたも乃木坂46ファンの一員です!

今後はメンバー1人1人に焦点を当てたパーソナルな情報や、歌詞の解説、、様々なメンバーランキング、その他諸々
皆さんに楽しんで頂けるような記事を書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

最後までお読み頂きありがとうございました。





↑このページのトップヘ