清楚・清純の原点!1stシングル「ぐるぐるカーテン」の歌詞とMVの考察、魅力を熱く語る【乃木坂46】

乃木坂46



mig


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46デビューシングル『ぐるぐるカーテン』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜ぐるカービーム♪



MVの内容、見どころ



まずは今一度ぐるぐるカーテンのMVを見てみましょう!





デビューしたての乃木坂46は今の華やかでオーラビンビンの感じとは違い、初々しさとどこかあどけない感じがありますね(笑)


この曲、どういうことを歌っている曲なのかざっくりいいますと、


教室の窓際でカーテンをぐるぐるに包んだ世界はガールズトークをしたり時には慰めあったりする、男子には秘密の女の子だけの空間なんだよなぁ~


ってことです。


思春期の女の子の気持ちをこれだけ事細かにかける秋元康大先生はこれまでに女子高生としての生活も経験していたのでしょうか、もうさすがとしか言いようがありませんね。


そしてこのシングルのフロントとセンターを務めたのは、

images (6)
伝説の生田、生駒、星野の並びである、生生星(いくいこほし、いくいぼし)です。


また二列目と三列目を見ても、後のシングルのセンターがいて今考えても豪華な布陣ですね。


乃木坂をこの時からすでに清純派の路線で売り込むと決めていたのか、48Gに比べてもスカートの丈は長く、髪色も黒髪です。


ぐるぐるカーテンの歌詞にも「ぐるぐる包まれたプライバシー」「男子禁制」などのワードが入っており、アイドルながら我々男性のファンとはどこか一定の距離を保つという印象も受けますね。


またダンスもカーテンを連想させるスカートをひらひらさせる振りを入れており、このスカート(カーテン)の中は見せません、というようにも受け取ることができます。


結果的にこの清純派の売り込み方は大成功のように思えます。ファンとしてはその清純さと華やかさはこの先ずっと受け継いでいってほしいですね!!



まとめ


いかがだったでしょうか?


乃木坂の曲の魅力は、MVの繊細な演出や歌詞の中に潜んでいると思います。
皆さんが感じた乃木坂の曲やMVの魅力などについてもコメントいただけると幸いです!

では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました