聖母まいまいのために作られた曲 14thシングル「ハルジオンが咲く頃」の歌詞とMVの内容・考察・魅力【乃木坂46】

乃木坂46

5005


どん!始まりました!


『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。


今回は乃木坂46 14thシングル『ハルジオンが咲く頃』について語っていきたいと思います!


いきますよ〜まいまい~ビーム♪




センターの「聖母」深川麻衣


前作の「今、話したい誰かがいる」で初のフロントを務めたまいまいこと深川麻衣


その年グループ初となる紅白への出場も果たしました。


しかしその翌年、卒業を発表。


最後の活動となる14thシングルでは自身初のセンターへ抜擢されました。


ちなみにこの「聖母」というあだ名をつけたのは、同じく元乃木坂46のメンバーである川後陽菜。


乃木坂ってここというアンダー番組の、川後陽菜がメンバーにあだ名をつけるというコーナーで深川麻衣に聖母と名付けたことがきっかけです。







そんなまいまいですが、初期からグループの中心にいたわけではありません。


1、2枚目のシングルは選抜には入れず、アンダーメンバーとして活動。


その後3枚目のシングルで初の選抜入り


そしてそこから選抜メンバーの常連として8枚目まで選抜入りを果たします。


9枚目シングルでは自身初となる福神メンバー入り、と苦労人でもありますが、そのファンとメンバー思いの優しさ溢れる性格から少しずつ人気を獲得していきました。


特に、握手会でのファンへの対応や、乃木坂ってどこ?での妄想クリスマス企画などでまいまいにハマったというファンは多いようです。


BpCf2l6IAAEBeo1
35738175-s
DtvHnL_WkAEevDk


(↑伝説の名場面 乃木坂ってどこ?妄想クリスマス企画での「ふ、深川」)




ハルジオンが咲く頃 歌詞・MV


まいまいの卒業ソングとなる「ハルジオンが咲く頃」は、 まいまいのことを綴った歌詞となっています。


歌詞に登場する ハルジオンや君はまいまいを表しています。




 ハルジオンが 道に咲いたら
 君のことを僕らは 思い出すだろう
 いつも そばで 微笑んでた
 日向のような存在 心癒してくれた
 白い花の可憐さ







 ハルジオンが 雨に打たれて
 それでもまだ青空見上げるように
 つらい時も変わらぬまま
 君は君の姿勢で 運命 受け入れてた
 地に根を張る強さで…





ハルジオンは別名「貧乏草」ともいわれています。


名前だけ聞くとマイナスな印象を受けますが、その由来はハルジオンを摘むと貧乏になる、や貧乏な家でも咲く生命力の強い花であるといわれています。


この曲におけるハルジオンは、生命力が強く、どんな環境にいてもまっすぐに咲いているという意味が当てはまると思います。


初期はアンダーメンバーでしたが、諦めず少しずつ人気を獲得していき初の選抜入り、そして福神、フロントと、アイドルとしては年齢は若くはなく苦しんだ時期があったにもかかわらず、それでも強い意志とまっすぐな性格で優しさの中に力強さを持っていたまいまいはまさにハルジオンと重なっています。


そしていつもそばで微笑みながらメンバーを見守っており、いるだけでその場のにいる人たちの心を温かくすることが出来るような存在


歌詞を見るだけでまいまいがどんな人かがわかるものになっていますね。




 ハルジオンが 枯れたとしても 
 その生き方 僕らに教えてくれる
 一度きりの人生なら 自分らしくありたい
 愛は与えるものと 君を見てて思った




ここでの枯れるは、 『』卒業を表しています。


グループを卒業してアイドルとしての深川麻衣は終わりを迎えますが、これまで活動してきた中でのまいまいの生き方や信念は人々の心に残り続けます。


そして聖母というあだ名をつけられていたように、どんな時でも自分よりも他の人へ愛や優しさを向けることができる人だったまいまい。


彼女を見ていると


『愛というものは、自分のためではなく、何かに与えるもの』


であると気づくことが出来ますね。


またこれら3つの歌詞から、


道に咲く→雨に打たれる→枯れる


とまいまいの乃木坂での変化の様子を受け取ることが出来ます。


聞いていてとても心が温まる歌詞になっています。



MVも卒業をテーマとしたものとなっています。





映像の背景でもハルジオンと同じ白が基調となっており、歌詞とリンクしています。


そしてなんといってもメンバー全員が涙を流すシーンは見どころです。


見ているこっちも涙が出てきますね。。


そしてShort.verではカットされていますが、MVの最後ではまいまいが、


 『努力・感謝・笑顔。うちらは乃木坂登坂』


と何度もつぶやいているシーンがあります。


まいまいのハルジオンのような生き方は、卒業してもなお乃木坂に、残り続け受け継がれていきます。
 

それと同時に、まいまいが乃木坂から卒業しても乃木坂のカラーはまいまいの中に残り続けます。


これからまいまいに待っている明るい未来とこれまでの思い出を想像すると、胸にこみあげてくるものがありますね。




まとめ


いかがだったでしょうか?


アイドルには卒業というものがある以上、いつかグループからはいなくなってしまいますが、この曲を聴いているとグループに目には見えない形で残るのだと気づかされますね。


現在まいまいは女優として活動しており、ドラマにも多数出演しています。


大御所のアイドルグループを卒業して女優へ転身するメンバーは成功しないという風潮はありますが、まいまいなら、ハルジオン精神で諦めずに花を咲かせるようと信じています!


では今回はこのあたりで。


最後までお読みいただきありがとうございました。



 おすすめ記事





コメント

  1.   より:
    MVの最後のセリフ連呼の部分は当時泣いちゃいました
    記事関係無いですけど今回の乃木中、ひめたんの話題ガッツリ出てて良かったですねw
  2. 今、話したい坂道がいる より:
    >>1コメントありがとうございます。
    びっくりしました笑
    ひめたんが今でもメンバーと良い関係を持てていると知れて良かったです!
  3. ☺️ より:
    このシングルで絶対選抜に入ると思ったのに……
  4. 今、話したい坂道がいる より:
    >>3コメントありがとうございます。私も思っていました、あの裏切られた感。もしかしたら今も選抜にいたかもしれませんし。
タイトルとURLをコピーしました