歴代最強はどの世代?乃木坂46世代別メンバーのレベルが高すぎるのでまとめてみた【乃木坂46】

乃木坂46
『今、話したい坂道がいる』を運営しております、のぎろぐ◢ ⁴⁶(@Nogi_log46)です。

今回は『乃木坂46の各世代別メンバー』をまとめてご紹介していきたいと思います。

1992年組

IMG_0637

【メンバー】
⊿松村沙友理 ⊿橋本奈々未 ⊿白石麻衣 ⊿衛藤美彩




最強との呼び声高いこの4人!
実際古参の方々は確実にこの世代でしょう!
『全員が福神メンバー経験があり、
乃木坂トップレベルの人気メンバー』です。

伝説のななみんまいやんがおり、御三家メンバーがいる時点で、 『選抜』という意味で競ったら圧勝です。
ちなみに、全メンバーが写真集を出版しています。

現在はまいやんが卒業をし、残るメンバーはさゆりんのみとなってしまいましたが、乃木坂を築き上げたこのメンバー達は永遠に語り継がれるでしょう。

1993年組

IMG_0640

【メンバー】
⊿伊藤かりん ⊿秋元真夏 ⊿斉藤優里 ⊿高山一実 ⊿西川七海




続いて見事に 『右肩上がりの身長差』
作りあげる【93年組】

坂道グループとしては、身長差で坂道を
イメージするこの世代も稀有でしょう。

センター経験者は秋元真夏(表題ではない)のみとなり、選抜常連も高山一実を含めた2人ではありますが、13金センターのゆったんやカリントウ饅頭の伊藤かりんなど乃木坂の良さを引き出しているメンバーが多い世代です。
真夏は2代目キャプテンでもあります。

1994年組

IMG_0639

【メンバー】
⊿中田花奈 ⊿桜井玲香 ⊿永島聖羅 ⊿西野七瀬  ⊿井上小百合 ⊿若月佑美 ⊿能條愛未(⊿大和里菜 ⊿柏幸奈




『最多福輩出率を誇る』【94年組】

◉中田花奈
初期にはフロントを務め、アンダーセンターも経験したかなりん
ダンスでの表現力が魅力であり、卒業間近には待望の写真集も出版しました。

◉西野七瀬
乃木坂センター経験回数トップであるなーちゃん。ソロ曲も非常に多かったですね。

◉桜井玲香
そして初代キャプテンを務めた玲香
透き通る歌声でファンを魅力し、2回も写真集を出版しました。「ターコイズのリング」選手権、1位です。
その他選抜常連であるメンバーが多いこの世代も素晴らしい。
さゆにゃん若月も写真集出版をしており、
メディアでは、「華の94年組」と呼ばれていました。

キャラが濃いメンバーが多い世代ですね。

1995年組

IMG_0636

【メンバー】

⊿伊藤万理華  ⊿生駒里奈 ⊿川村真洋 (⊿市來玲奈 ⊿畠中聖羅 ⊿伊藤寧々 ⊿吉田綾乃クリスティ






この世代も渋いですねぇ〜!

◉生駒里奈
乃木坂を作り上げた初代センター生駒ちゃん
「乃木坂に入らなかったらこんなに泣かなかっただろうね、でも乃木坂に入らなかったら
こんなに素敵な仲間に出会うことも
無かったんだろうね。
生駒、乃木坂に入ってくれてありがとう
by設楽さん」

◉伊藤万理華
独特の世界観で乃木坂ファンを魅了したまりっか
ソロ曲もあり、卒業後はファッションの世界で新たな風を吹かせています。
特に推しではない人も、みんなまりっか好き
ですよね。

◉川村真洋
そしてダンス好きやねん〜ろってぃ
乃木坂の中でも一際歌唱力が高かったメンバー。
今はk-popの世界で新たなチャレンジをしている様ですね。非常にバランスの取れた素敵な世代です。

1996年組

5005

【メンバー】
⊿北野日奈子 ⊿堀未央奈 ⊿生田絵梨花 ⊿中元日芽香 ⊿斎藤ちはる




はい来ました【96年組】

◉生田絵梨花
メンバーから「天才」との評価をされており、センター経験もある(何度目の青空か)生ちゃん
写真集を2回出版し、圧倒的な努力と音楽センスで、外の仕事にも引っ張りだこです。
卒業後も全く心配ないメンバーの1人です。

◉中元日芽香
選抜回数こそ少なかったですが、選抜メンバーに負けず劣らずの人気を博し、握手会の売れ行きからもファンは非常に多かった様です。

当然でしょう、ルックス・歌唱力・ダンス・人格どれを取っても最強ですからね。
もっと見ていたかったというのが正直な気持ちですが、今も心理カウンセラーとして
頑張っている様ですね(ひめたん推しより)。

◉北野日奈子 選抜常連になりつつある人気メンバーの1人きいちゃん​。 アンダーセンターはもちろんの事、2期生を代表するメンバーとして君臨しています。
写真集も出版しています。
メディア出演はそこまで多くないですが、未央奈が卒業した後、乃木坂を引っ張っていくメンバーはあなたです。

◉堀未央奈
2期生のトップでセンター経験もある(バレッタ)未央奈
26thシングル収録の「冷たい水の中」で卒業ソロ曲を出しました。
最後にセンターを務めた、卒業ライブを見たかったですね。
卒業おめでとう。

◉斎藤ちはる

ビジュアルだけでなくインテリで現アナウンサーであるちーちゃん
この世代は個人的に1番好きです。
きいちゃんひめたんという二大巨頭がいますからね。

これからより成長していくであろうきいちゃんと、卒業時センターも十分にありえる生ちゃんから目が離せない世代です。

ひめたん〜び〜む!!!!

1997年組

IMG_0632

【メンバー】
⊿川後陽菜 ⊿相楽伊織 ⊿樋口日奈 ⊿星野みなみ ⊿山崎伶奈 ⊿佐藤楓




渋い!渋すぎる!
いい意味でね!

◉川後陽菜
卒業時に記念トークイベント「ひなめろらんど」を開催し、モデル業もこなしていた川後
選抜こそ少なかったですが、バラエティでは多くの視聴者を楽しませてくれました。

◉相楽伊織
2期生として加入し、乃木坂を後世に伝えてくれた相楽

◉樋口日奈
アンダーセンターを務めた事もあり、今や数少ない1期生メンバーとして乃木坂を作り上げて来た、ひなちま

◉星野みなみ
選抜常連で生生星としてフロント経験ありもある最強天使、みなみちゃん

◉山崎伶奈
慶應でQサマにも出演するほどの才色兼備、
歴女れなち

◉佐藤楓
そして片言ロボットでんちゃん。選抜経験もあり(お寿司は好きと言っているが生魚は食べられない)。
選抜経験の数でいうと確かに他の世代に劣ってしまいますが、メンバー1人1人が個性的で素晴らしい世代です。

1998年組

IMG_0634

【メンバー】
⊿伊藤純奈 ⊿寺田蘭世 ⊿鈴木絢音 ⊿齋藤飛鳥 ⊿佐々木琴子 ⊿梅澤美波 ⊿田村真佑(⊿弓木奈於 ⊿和田まあや)




『顔面偏差値が高い』98年組!

◉齋藤飛鳥
今や乃木坂センター常連で乃木坂の顔となっている飛鳥ちゃん

◉梅澤美波
選抜常連でありセンター経験(空扉)もある
梅澤
「映像研には手を出すな」では、飛鳥美月と共に映画出演をし、26thシングル「僕は僕を好きになる」ではフロントも務める代表メンバーです。
◉佐々木琴子&鈴木絢音
二大ビジュアルクイーンである琴子絢音

◉寺田蘭世
選抜経験もあり、熱い姿でファンを魅了する蘭世。「ひめたん大好き」の伝説を作り、今でもブログ等でその愛を表現してくれる最高のメンバーです(ひめたん推しより)。

◉伊藤純奈
舞台女優で男装では引っ張りダコのイケメン純奈

◉田村真佑
4期生の最年長お姉さんで頭が弱い真佑ちゃん
26thシングルでこちらも初選抜に選ばれ、今後が楽しみなメンバーの1人です。
やはり顔面偏差値が高い!
ついに4期生が出てきて、ポテンシャルを非常に感じる世代です。

1999年組

IMG_0633

【メンバー】
⊿大園桃子 ⊿山下美月 ⊿渡辺みり愛 ⊿向井葉月 




続いてこちら【99年組】

◉大園桃子
「逃げ水」でセンターを務め、その後も選抜
常連の桃子
26thシングルでは、遠藤さくらとのユニット曲「友情ピアス」でユニットを結成しました。
癒し声コンビで聴覚が全回復します。
46時間TVで歌った「変わらないもの」も
最高です。

◉山下美月
「映像研には手を出すな」で映画出演を果たし、26thシングル「僕は僕を好きになる」で
初センターを務めた美月
今や飛ぶ鳥落とす勢いでメディア出演し、写真集出版、ヒルナンデスレギュラーなど一般人への知名度も上がって来ていると思われます。

◉渡辺みり愛
2期生として乃木坂を引っ張ってきた、みり愛ちゃん
ダンスが持ち味で、アンダー曲「風船は生きている」ではセンターを務めた。
また、モノマネでも才覚を発揮し、内輪ウケモノマネでは常連です。
それだけ常日頃からメンバーを見てあげているという事ですね。

◉向井葉月
3期生の元気の源、葉月
バラエティでは常に皆を笑わせ、特に3期生から愛されている事が見ているこちらにも伝わってきます。
選抜経験はありませんが、これからも持ち前の明るさで皆を元気にしてあげてほしいです。
葉月の選抜も楽しみです。

世代交代の一手としてセンターに抜擢された美月をはじめ、さらなる飛躍を感じさせる
世代です。
※続いての【2000年組】が抜けており申し訳ありません。 3期生 与田祐希・4期生 早川聖来の2人です。
更新までしばらくお待ち下さい、、。

2001年組

IMG_5661

【メンバー】
⊿金川紗耶 ⊿阪口珠美 ⊿久保史緒里 ⊿遠藤さくら ⊿賀喜遥香(⊿中村麗乃 ⊿北川悠理 ⊿佐藤璃果) 




『ポテンシャルを非常に感じる、これからが本番』【2000年組】
選抜という意味で

 92年組を超える可能性が
1番高い年代なのではないか
 
と思っています。 ◉金川紗耶
モデルを務めるほどのルックスとは裏腹に、どこか抜けている天然さを兼ね備えた、やんちゃん
やんちゃなやんちゃんですが、今後の選抜に期待大です。
◉阪口珠美
26thシングルのアンダー曲「口ほどにもないKISS」でセンターを務めた珠ちゃん存在を忘れられる事が多いですが、「阪口、ここにいます。」
◉久保史緒里
3期生楽曲「毎日がBrand new day」で初センターを務め、今やフロントメンバーを務める乃木坂の中心メンバー久保ちゃん
◉遠藤さくら
24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」で4期生初のセンターを務めた、乃木坂期待の星、さくちゃん
まいやん卒業後もどこか安心なのは、この子の存在でしょう。
◉賀喜遥香
同じく4期生として、初シングルでフロントを務め、4期生楽曲「I see…」でセンターを務めた、かきちゃん。さくちゃんと同じく今後の乃木坂の中心メンバーです。

その他の3、4期生メンバーも含め、この世代のルックスと完成度は異常なくらい高いと思います。
選抜の中でもフロントに君臨し、乃木坂の世代交代を任されている中心メンバーが勢揃いといった感じです。

これからが楽しみで仕方ありません。

コメント

  1. ☺️ より:
    ひめたん に対するコメントが8行もあるのに
    琴子ちゃんと絢音ちやん2人でコメント一行て…
    ちょっと可哀想…
    気持ちはわかりますが…
  2. 今、話したい坂道がいる より:
    >>1コメントありがとうございます。琴子ちゃん絢音ちゃんに限らずメンバー間で差が出てしまうのは避けられませんが、なるべく満遍なくファンの方に読んで頂けるよう頑張ります。いつもありがとうございます。
  3. ☺️ より:
    あ すみません。
    そんな深い意味は無く面白がってるだけでした。
    コメント難しい…
  4. 今話したい坂道がいる より:
    >>3大丈夫ですよ!事実は事実です、、笑 今後も何卒よろしくです!
タイトルとURLをコピーしました