【乃木坂46】卒業式などの合唱曲におすすめ 代表的な楽曲4選!

どん!始まりました!今、話したい坂道がいるです!

乃木坂46といえば楽曲の良さが魅力ではありますが、みんながカラオケで歌えるような曲がない、という意見をよく耳にします。

確かにそれは一理あるかもしれません。

しかし、楽曲が人々から愛され、魅力を存分に発揮する場面はカラオケだけではありません。

今回は合唱で歌われる乃木坂46の楽曲4選について語っていきたいと思います!

いきますよ〜乃木歌~びーむ!

合唱にお勧め!乃木坂46の楽曲

①何度目の青空か?(2014年)



何度目の青空か?を混声できれいに歌い上げています。

楽譜は貫輪久美子さんが混声三部合唱で編集したものが発売しておりますので是非チェックしてみてください!

またオリジナルのMVはこちらになります⇩






②サヨナラの意味(2016年)


混声三部合唱でのサヨナラの意味です。

最近は卒業式で歌われることも多いようです。

J-popコーラスピースを始めとした、合唱をまとめた楽譜にも載っているくらい卒業式で歌われている楽曲です。
オリジナルのMVはこちらです⇩






③帰り道は遠回りしたくなる (2019年)

こちらは楽譜付き動画です。ちゃんとしたコーラスはありませんが悪しからず⇩


2019年と最近リリースした曲なので販売している楽譜はありませんが、コーラスの楽譜とピアノの楽譜はこちらの動画にあるので、合唱をすることも不可能ではありません!






④sing out (2019年)



こちらのSing outには現在ちゃんとした楽譜は販売しておりません。

しかし、この曲のコンセプトは大勢の人たちで歌う、というものです。

FANTAとは大勢の人でSing outを歌い上げるという企画まであったくらいですから、合唱にも焦点を当ててくると考えてもおかしくはありません。

歌詞もとても心が温まるものなので、ぜひたくさんの方々に歌ってほしいですね。





まとめ

いかがだっただったでしょうか?

カラオケで歌われたり誰もが口ずさむような曲は多くないかもしれませんが、その詩の美しさから多くの人から愛されています。

まさに乃木坂らしい、そして乃木坂にしかできないような形で曲の魅力が伝わっている点はファンとしてとても誇らしいです。

これからも多くの楽曲が合唱曲として多くの人たちから歌われていけたらうれしいですね。

では今回はこのあたりで。

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

  1. ハーマイオニー より:
    悲しみの忘れ方の合唱感は異常
  2. 今、話したい坂道がいる より:
    >>1
    コメントありがとうございます!
    イントロがピアノ伴奏の曲だと合唱感ありますよね笑
    ライブでのコーラスでの演出を期待です!
タイトルとURLをコピーしました